スキマ時間に聴きたい! 英語が学べるおすすめラジオ番組

ラジオには英語が学べる番組がたくさんあるのをご存知ですか? 民放のラジオ番組には英語が学べる番組がたくさんあるので、ラジオを聴いているだけでも手軽に勉強が始められます。ぜひチェックしてみてください!

ラジオで英会話レッスン! 英語が学べるラジオ番組

FM NORTH WAVE『L2nd (エルセカンド)』

『L2nd (エルセカンド)』は、一日の始まりを素敵な音楽や身近な話題で寄り添ってくれる番組です。以前放送されていた『L』から引き続き、ラジオDJのわたなべゆうかさんと、新たに森ルナさんがパーソナリティを務めます。

注目は9時台に放送されているコーナー「10min English」。イギリスで7年間生活し、通訳/翻訳家や英語講師としても活動するわたなべさんと、大学時代にアメリカ留学経験を持ち、英会話学校の日本人講師としてのキャリアを持つ森さんとともに、英語にまつわる様々なトピックスを紹介します。

L2nd (エルセカンド)
放送局:FM NORTHWAVE
放送日時:毎週月曜~木曜 9時00分~11時55分
出演者:わたなべゆうか、森ルナ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#エルセカンド」

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『POP OF THE WORLD』

毎週土曜日朝6時から放送している『POP OF THE WORLD』。中でも、乃木坂46・齋藤飛鳥さんが、数カ国語を操るハリー杉山さんに英会話を終えてもらうコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」では、齋藤さんと一緒に英語を学ぶことができます。

「私のファンでいてくれてありがとう」など、この番組ならではのフレーズを勉強したり、リスナーから届く質問に英語で答えてみたりと、いくつかの企画を通して日常会話が出来るほどの英語を学びます。また、番組のSNSでは齋藤さんさんとハリーさんの写真が公開中。あわせてぜひチェックしてみてください!

POP OF THE WORLD
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週土曜 6時00分~8時00分
出演者:ハリー杉山
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#popjwave」

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『-JK RADIO-TOKYO UNITED』

『-JK RADIO-TOKYO UNITED』は、バイリンガルで知られるジョン・カビラさんがパーソナリティを務める番組。毎週さまざまなゲストとともに、毎週金曜日の朝3時間を生放送でお送りしています。

7時15分頃から放送されるコーナー「FEATURE FOCUS」では、日本や世界で話題のニュースの当事者、もしくはその事情通に生電話。先方が英語を話す場合はカビラさんが英語で質問し、相手が答えている間は同時通訳してくれます。海外の話題にまつわる生の声を聴くことができ、さらに語学の勉強にもなるコーナーです。

-JK RADIO-TOKYO UNITED
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週金曜 6時00分~11時30分
出演者:ジョン・カビラ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#tokyounited」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM AICHI『野田塾 presents ENGLISH A GO GO』

簡単で役に立つ英単語やフレーズを5分で紹介する『野田塾 presents ENGLISH A GO GO』。出演するのは英語が大好きだというラジオDJ・マルコさんとアシスタントの松原渚海風さんです。

発音は似ていても意味が全く異なる単語や、同じ意味を持っていても、用途によって使い分けなければならない単語など、番組ではすぐに活用できるお得な情報を発信中。公式HPに詳しい解説も掲載されています。英語を教えてくれるマルコさんが、とにかく楽しそうに話すところが魅力です。

野田塾 presents ENGLISH A GO GO
放送局:FM AICHI
放送日時:毎週土曜 12時55分~13時00分
出演者:マルコ、松原渚海風
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

RKBラジオ『パックンマックン笑って覚える英会話』

『パックンマックン笑って覚える英会話』は、日米の多国籍コンビとして知られるパックンマックンが、英語学習にフォーカスを当てて放送している番組。

「(新幹線で)席を替わってもらえませんか?」や、「あ、ど忘れしちゃった!」など、「そういえば、これって英語で何と言うんだろう」と思うような表現をテーマに取り上げます。

パックンマックン笑って覚える英会話
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 6時05分~6時10分
出演者:パックンマックン

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

コシノジュンコ、「ファッション」を語る “たかが洋服”ではない

ファッションデザイナーのコシノジュンコが、5月9日(日)に放送された、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)にゲスト出演。文化服装学院に入学して、飛び級でデザイン科へ入り、史上最年少で新人デザイナーの登竜門である「装苑賞」を受賞。1960年代からファッション界をリードして、いまも日本と世界のファッション業界で活躍するコシノが、改めて洋服の魅力や、日本人のファッション感覚について語った。

コシノ:洋服は“たかが洋服”ではなく、すごく大切ですね。自分の気持ちを変えてくれます。朝起きて、今日何を着るか。着るものが決まると仕事もすごいスムーズじゃないですか? 会う人によって『この服はどうかな?』って。外に出ようと思って雨だったり。服装によって表現するわけです。だから便利といえば便利だけど、大変といえば大変。でも、ドン! と後押しをしてくれるような気がするんです。

戸田:はい。

コシノ:頭の切り替えと気持ちの切り替えができるので、新しいチャレンジができますね。

戸田:分かります。洋服が決まると、その日の行動もこれで決まった! みたいな。

コシノ:女性は毎日着替えるでしょ? ちょっとでも変えるじゃないですか? でも男性は少々変えなくても分からないですよね。ひとつのジャケットを毎日着ていても大丈夫で、ちょっとネクタイを変えたりするだけで変えられる。でも、たった一つの自分の自信のあるジャケットがあることも大切です。

戸田:なるほど。

コシノ:特に、外国に行って名刺を出しても覚えていてくれないですよね。着ているものの印象で、「あの時、あれを着ていた人ね!」って、それなんです。一気に近付いてくれるというか。

戸田:海外の人ってよく、初めて会っても洋服のことを褒めてくれますよね。

コシノ:そう、ニューヨークで私が歩いていたら、車がパーっと止まって「ねえ! その洋服どこで買ったの?」って。わざわざ車を止めて話をします?

戸田:そうですね、日本じゃ考えられない(笑)

コシノ:勘がいいというか、積極的という。アメリカ人は平気ですね。

戸田:そうですよね。

コシノ:ファッションって表面だけに見えますけど、一種の世の中の動きみたいなものだと思うんです。ファッションは、流行という意味でしょ? 世の中の流行を着るわけです。日本には四季があるから、「四季」が一番のテーマですよね。一方で四季のない国は、ファッションの変化どころか、発展が遅い。

戸田:そうか……。

コシノ:特に東南アジアとか、ずっと暑い国。例えばインドだったらサリーさえ着ていれば、きれいな色だったら何とかなるみたいな。だからファッションと縁遠いんですよね。暑い国は簡単に、布一枚で着られちゃうから。でも日本は、今暑いと思っても冬が来るし、寒いかと思ったら春、夏……とその変化があるから発展していくわけ。だから流行に敏感なの。

日本では春夏秋冬に合わせ、服を変えていく生活環境だからこそ、ファッションが発展して流行にも敏感になった、と語ったコシノ。

この他にも番組では、70年代、ファッションや音楽など東京カルチャーの発信地だった原宿での思い出や、いいデザインや理想のデザイン、フレディ・マーキュリーとの秘話も紹介。終盤には、これからの予定や夢を語る中で、コシノは「日本の中で、日本の文化とか伝統とかにもっと興味をもって。今まで見られなかった、日本の伝統的なものを積極的に見るとか……」とコメント。いまはコロナ禍だが、それが終息したら日本の素晴らしさを、自信もって海外に発信できるようにしたいと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ