気軽に落語が楽しめる! おすすめラジオ番組

落語と言えば、世界に誇れる日本の伝統芸能です。アニメ「昭和元禄落語心中」などの影響もあり、最近では落語を聴く若者が増えてきました。今回は落語や落語家さんのトークが聴けるおすすめのラジオ番組をご紹介します。

デート気分で落語を楽しめる! 文化放送『志の輔ラジオ 落語DEデート』

『志の輔ラジオ 落語DEデート』は、立川志の輔さんが様々なジャンルの女性ゲストを迎え、まさにデート気分でおしゃべりしていくトーク番組。トークはもちろん、毎週必ず名人上手の落語一席をゲストと共に聴くコーナーがあるので、寄席に行った気分も味わうことができます。

文化放送主催で不定期に行われる落語会「浜松町かもめ亭」の最新情報など、ここでしか聴けない情報も公開。なお男性ゲストが登場する回もあるので、こちらもお楽しみに!

志の輔ラジオ 落語DEデート
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 7時00分~7時55分
出演者:立川志の輔
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#志の輔ラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

朝から元気に過ごそう! 文化放送『林家たい平 たいあん吉日!おかしら付き♪』

『林家たい平 たいあん吉日!おかしら付き♪』は、2013年から放送されているトークバラエティ番組。パーソナリティを務めるのは、笑点メンバーでもおなじみの落語家・林家たい平さん。落語はもちろん、それ以外にも多才な才能を発揮しており、番組内のトークやロケを通して彼の魅力が存分に伝わってきます。

一日を「大安吉日」のように縁起良く、明るく楽しく過ごすためのヒントがたっぷり詰まっているので、これを聴いたら良い一日を過ごすことができそう。

林家たい平 たいあん吉日!おかしら付き♪
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 8時00分~8時30分
出演者:林家たい平、舘谷春香
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

日本列島1700の市町村を独自に調査! ニッポン放送『週刊なるほど!ニッポン』

『週刊なるほど!ニッポン』は、立川晴の輔さんがパーソナリティを務める地域情報番組。日本列島にある1700の市町村の中から一つを取り上げ、その「まち」ならではの伝統料理や新グルメ、地域を熱くし情を厚くするお祭りのSNSで話題になるスポットなど、気になる情報を独自に調査。

全国38局ネットで放送されるほか、ラジコでのタイムフリー配信もあります。これを聴けばあなたの知らない「まち」の魅力がきっと見つかるはず!

週刊なるほど!ニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 24時50分~25時00分
出演者:立川晴の輔
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

社会人落語家集団による落語番組 FMとやま『ラララ♪ばららくご』

『ラララ♪ばららくご』は、富山県を中心に活動している社会人落語家集団「ばららくご」のメンバーと、フリーアナウンサー・牧内直哉さんがパーソナリティを務め、落語の楽しさを伝える番組。

社会人落語の高座音源や、プロの噺家さんや有名社会人落語家さんのインタビュー、全国のリスナーが参加する「ラララ♪大喜利」なども放送されます。公開収録落語会や、Youtube編集版もあるので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

ラララ♪ばららくご
放送局:FMとやま
放送日時:毎週水曜 11時30分~11時55分
出演者:牧内直哉、ばららくごメンバー
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜の朝は寄席気分! ABCラジオ『日曜落語~なみはや亭~』

『日曜落語~なみはや亭~』は、上方落語で活躍中の落語家さんや故人の演目が毎週放送される落語番組。番組独自で公開収録したものや「上方落語をきく会」などの落語会で収録したもの、朝日放送ラジオ落語ライブラリーの所蔵音源が放送されます。

大きな襲名や訃報があった際には、すぐに当人の特集が組まれることも特徴です。東京落語の噺家さんが取り上げられることもあります。時にはゲストの落語家さんとのトークのみで構成される週も!

日曜落語~なみはや亭~
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週日曜 9時00分~9時30分
出演者:伊藤史隆

※放送情報は変更となる場合があります。

日替わりで噺家たちがトークする! OBCラジオ大阪『hanashikaの時間。』

『hanashikaの時間。』は上方落語で活躍中の落語家さんが日替わりでメインパーソナリティを務めるトーク番組。月曜日〜木曜日に放送され、時事ネタや芸能、スポーツなど様々な話題を取り上げます。

落語家さんとアシスタントがそれぞれメインで進行する企画があり、それぞれの日常や趣味にまつわるトーク、出演するイベント情報が紹介されるほか、学生のリスナーが出演できる曜日もあります。落語家ならではの味のあるトークをお楽しみに!

hanashikaの時間。
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 18時00分~19時45分
出演者:笑福亭晃瓶、近藤綾香
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#hanashikaの時間」

※放送情報は変更となる場合があります。

上方落語をたっぷり楽しむ! ラジオ関西『神戸新開地・喜楽館 内海英華のラジ関寄席』

『神戸新開地・喜楽館 内海英華のラジ関寄席』は、上方寄席囃子三味線の第一人者・内海英華さんがパーソナリティを務める番組。ゲストによる寄席やスタジオでの落語家さんへのインタビューを楽しめます。

また、毎月神戸新開地・喜楽館で「神戸新開地・喜楽館ラジ関寄席」の公開収録落語会が行われ、その模様が紹介されることも。師匠方から若手まで上方落語のイマがわかる番組です。上方落語をたっぷり楽しみたい方におすすめします。

神戸新開地・喜楽館 内海英華のラジ関寄席
放送局:CRKラジオ関西
放送日時:毎週土曜 8時00分~8時55分
出演者:内海英華
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

しほう八方&進入きん枝が言いたい放題! KBS京都ラジオ『京都発よしもとハッピーアワー』

『京都発よしもとハッピーアワー』は、月曜日〜水曜日に放送されるトーク番組。日替わりで異なる芸人が出演し、しほう八方さん、進入きん枝さんは毎週水曜日を担当します。懐かしい話題から最近の出来事まで、団塊世代の噺家さんが自由にトークします。スタジオには同期ならではのプライベートな空気感が漂っているそう!

また笑いの殿堂、よしもと祇園花月ともリンクして、時にはサプライズ・ゲストも登場。京都から笑いいっぱいの楽しいひとときが発信されます。

京都発よしもとハッピーアワー しほう八方、進入きん枝
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週水曜 21時00分~21時20分
出演者:月亭八方、桂小文枝、月亭文都、林家菊丸
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

桂文福が漫才のようにお店を紹介する wbs和歌山放送『桂文福のあの店この店』

『桂文福のあの店この店』は、和歌山県出身の落語家、桂文福さんがパーソナリティを務めるトーク番組。平日は毎日放送され、文福師匠が毎日お店を紹介していきます。

文福師匠とお店の方との会話はまるで掛け合い漫才の様な形式で盛り上がり、師匠のシメの台詞である「アパッチに来てっち~、僕も行くっち~」という独特のフレーズも魅力的。約5分間という短い番組ながらも、味わい深くて毎日ついつい聴きたくなってしまうような番組です。

桂文福のあの店この店
放送局:wbs和歌山放送
放送日時:毎週月曜~金曜 10時54分~11時00分
出演者:桂文福

※放送情報は変更となる場合があります。

朝のひと時を軽妙な落語と過ごす! ラジオNIKKEI第1『寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から』

『寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から』は、春風亭柳橋さんがパーソナリティを務める演芸番組。阿佐ヶ谷アニメストリート内の「あにめ座寄席」で収録された落語公演を中心に、社会人落語(天狗連)の高座もあわせて放送され、朝のひと時を選りすぐりの落語とともに楽しむことができます。

番組を聴き逃した場合は、Spotifyでのポッドキャスト配信やラジコのタイムフリーでぜひチェックしてみてください。

寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜 17時30分~18時00分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

パソコンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

自民・田村元厚労相「世界の中では抑え込んでいる」……コロナ対策について辛坊治郎と生対論

8月5日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する同番組の今回は、元厚生労働大臣で、自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の本部長、田村憲久衆議院議員に現在の新型コロナウイルス対策についてインタビューを行った。

田村憲久衆議院議員・辛坊治郎

この日は、元厚生労働大臣で、自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の本部長・田村憲久衆議院議員に自民党内での議員の意見や、政府の新型コロナウイルス対策をどう考えているのかを訊いた。

辛坊がまず訊いた質問は「自民党の議員の皆さんは現状をどう考えているのか」。

これに対し田村議員は、「それはいろいろな方がいる。『緊急事態宣言を出した方がいい』という方、『出すべきじゃない』という方、『そもそも今は4月と比べてどの段階なのか』と聞く議員もいる」と回答。

その後、感染者数や重症者数といった様々発表される数字について、何が大事な数字なのかを辛坊と田村議員で議論。田村議員は「例えば酸素吸入器の稼働率でみたらどうか」と提案。そのうえで、「今はG-MIS(新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム)という仕組みができているので、その病院でどういう機器が動いているかが把握できるようになっている。例えば、酸素吸入器とか人工呼吸器がどこでどれくらい動いているかが分かるということ。ただし、この数字に関しては、4月頃の数字がないから比較することができない」と話した。

辛坊が、「このまま冬に突入して、インフルエンザや他の病気も含めて発熱する方が増え始めたら大変ことになるのでは?」と問いかけると、田村議員は「現在、厚生労働省や政府に様々お願いをしている。例えば発熱外来を作っていただき、発熱した方がそこでインフルエンザとコロナウィルスのPCR検査をしていただくとか。ただ、インフルエンザの検査は、多いときに1日20~30万人が受診することがある。そうするとPCR検査も同じ数を検査しなければならい(現在は抗原検査も含めて6万件程度)。もちろん、その場での感染防止・クラスター防止対策も含めてなかなか難しいオペレーションとなる」と答えた。

辛坊が「答えづらいだろうけど……」と前置きしたうえで「政府の対応をどう評価するか」と訊くと、「なかなか答えづらい(笑)」と前置きしつつ、「世界の中で見ると抑え込んでいるように見える。イタリアは、新しい生活様式として、みんなマスク着用、ハグをしない、靴を履いて家の中に入らない、というようなことを実施して新規感染者100人ぐらいになっている。日本の習慣は有効なのではないか。それも含めて強制力のある法律がない中では頑張っているのでは」と一定の評価をしていた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月~木曜 15時30分~17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ