鈴村健一が贈る平日朝のラジオ帯番組! TOKYO FM/JFN『ONE MORNING』インタビュー(前編)

今年4月1日にスタートしたTOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット(一部東京ローカル)の新番組『ONE MORNING』。平日の早朝に毎日放送されているニュースワイド番組です。

今回は番組パーソナリティである、人気声優・鈴村健一さんにインタビュー! 前編では、現在のお気持ちや周りの方からの反響、決まった時の心境についてお送りします。

インタビュー後編はこちら

スタッフと実践を重ねて辿り着いた番組

――4月に番組がスタートしてから早1ヶ月半になりますが、今のお気持ちはいかがですか?(取材は5月中旬)

鈴村:もう1ヶ月半なのか、まだ1ヶ月半なのか……。目の前にあることをガムシャラにやってここまで辿り着いたので、改めて「1ヶ月半経ちましたね」って言われると「あっそうなの?」って。そこで長いのか、それともまだなのか、自分でもよく分からないっていうのが正直なところです。(笑)

ーー鈴村さんの中では、始まる前のイメージ通りに進んでいる感じですか?

鈴村:内容は、自分でイメージしていた形にすごく近いと思っていて。番組をやることが決まってから色々イメージしたり、何度かスタッフの皆さんとプレ番組をやったりしたので。実践を重ねて辿り着いているので、イメージした通りやれている感覚はありますね。

声優業にプラスされた朝の番組!

ーー周りの方々からの反響はいかがですか?

鈴村:周りの人からの反響はすごくありますね。声優業界の会う人会う人に「朝やってんだって!」ってすごい言われるし、人によっては「よく聴いてるよ」とも言われますし。みんなの生活に入り込みやすい時間なのかなと思います。この間は「ゴルフ行く時にちょうどいいんだよね〜いつもありがとう」って言われたり(笑)。

業界的なことだけで言うと、役者仲間がみんな「(スケジュール的に)どうやってるの?」って言いますよね。「ただ普通にやってるだけだよ」って答えてます。昔は夜に打ち合わせとか色々やってたんですけど、朝にやったり。時間のやりくりはもちろんしてるんですけど、基本的には「今までやってきたことに単純に上乗せされてる」って感覚なので。だからみんなの「どうやってるの?」っていう話には、「普通に『ONE MORNING』やってるだけだよ」って言うしかないんですけど(笑)。そう言うとみんなびっくりしますね。

10時のアフレコ前に『ONE MORNING』

ーー他の声優さんが仰る通り、スケジュール管理が気になっている方は多いと思います。『ONE MORNING』は、月曜日〜金曜日の早朝6時〜9時の生放送なので。

鈴村:ちょうどうちの業界のアフレコ時間が10時〜なんですよね。これはありがたいことに、『ONE MORNING』終わった後に行けるっていう。

ーー声優のお仕事の前にひと仕事終えてからですね!

鈴村:僕の見積もりでは、時間が単純にスライドしてるだけだと思ってたんですけど、やってみるとなかなかハードだっていうことが分かってきましたね。だから周りの人たちも「朝あるもんね、早く帰った方がいいよ」って優しくしてくれるから(笑)。嬉しいですよね。

あと業界的にも「朝の帯をやってること」は、なかな珍しいことで。特にラジオ、しかも3時間っていうのは結構「革命的な出来事」だと。そういう意味ではみんな興味津々ですし、業界の人からも「新しいことにチャレンジできて素敵ですね」って言ってもらえますね。それを聴いて、僕もそのつもりで始めたので、そういう風に言ってくれると本当に素直に嬉しいです。

“お風呂をすぐむ”ってどんな意味? OLDCODEX・Ta_2が愛知県の方言をレクチャー

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月10日(火)の放送では、リスナーからのメールに応えて、Ta_2の故郷・愛知県の方言をレクチャーしました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月10日(火)放送より)

左からYORKE.、Ta_2



月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、「愛知県の方言を直したい」というリスナーからのメッセージを紹介しました。

「いま立ち向かっているのは、“方言を極力出さないようにする”ことです。私はTa_2さんと同じ愛知県出身ですが、標準語だと思っていた『言っとるよ』『やってこりん』『えらい』が方言だったことに今さらながら気付きました。地方出身の職場の先輩に意味が伝わらなくてマズイと思い、方言を直そうとしている最中です。とくに『えらい』が伝わらなかったときは、焦りました。“身体がだるい”と言いたかったのに、『誰が偉いの?』と聞かれて説明に困りました。方言の直し方って難しいですね」

Ta_2:スゲーよくわかるよ、これ。

YORKE.:「言っとるよ」は(イントネーションが)「言っ↗と→る→よ」じゃなくて、「言っ↗と↘る↗よ」なんだね。「やってこりん」ってなに?

Ta_2:「やっ↗てこり↘ん」ね。“やっておいで”ってことだね。

YORKE.:“やってごらん”みたいなこと?

Ta_2:そうそう。「言っとるよ」は、“言っているよ“って意味。

YORKE.:まぁ、これはわかるな。

Ta_2:「えらい」は“辛い”とか“しんどい”とか。

YORKE.:“たくさん”とか?

Ta_2:そう、(「えらい」には)“たくさん”という意味もあるから、愛知県や中部地方に行くと、「今日は、すげー疲れたな」を「今日は、えらいえらかったわ」って言うよ。

YORKE.:「えらいえらかった」?

Ta_2:「どえりゃーえらかった」という言い方もするね。

YORKE.:言葉を重ねていくわけだ。だから「えらい・えらかった」になるわけね。

Ta_2:あと、名古屋の言い方だと「でらえらかったわ」とか。あと、これは昔の方言だったらしいんだけど、こっち(東京)では、お風呂には「浸かる」って言うじゃない?

YORKE.:ああ、湯船に「浸かる」からね。

Ta_2:俺、ずっとそれを「すぐむ」だと思っていたの。

YORKE.:「すぐむ」?

Ta_2:それが「浸かる」って意味なのよ。だから(Ta_2の実家)鈴木家では、ずっと「もうちょっとお風呂に浸かってから出ておいで」というのを、「もうちょっとお風呂すぐんどいで」って言われていた。

YORKE.:その言い方、ちょっといいね。

Ta_2:これ、三河弁(愛知県東部の方言)のすごく昔の言葉のようで、使っている人ももう少ないみたい。

YORKE.:おもしろいね、言葉って。

Ta_2:たしかに。「えらい」とかは(東京の人には)伝わらなかったなぁ。

YORKE.:「えらい」「えらかった」と言われたら、「誰が?」ってなるよね、シチュエーションによっては。

Ta_2:でも方言って、可愛いと思うんだよなぁ。

YORKE.:いいと思う。方言を出さないようにしている感じが、またグッとくるしね。可愛いじゃん。

Ta_2:うん。だから、(方言が)出ちゃってもいいと思うんだよ。

YORKE.:いいと思う。俺は、福岡の方言「すいとーよ」(意味:好いているよ)が好きだね。あれは超いい! 言われたい(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~
放送日時:毎週火曜25:00~25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

Facebook

ページトップへ