鈴村健一が贈る平日朝のラジオ帯番組! TOKYO FM/JFN『ONE MORNING』インタビュー(前編)

今年4月1日にスタートしたTOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット(一部東京ローカル)の新番組『ONE MORNING』。平日の早朝に毎日放送されているニュースワイド番組です。

今回は番組パーソナリティである、人気声優・鈴村健一さんにインタビュー! 前編では、現在のお気持ちや周りの方からの反響、決まった時の心境についてお送りします。

インタビュー後編はこちら

スタッフと実践を重ねて辿り着いた番組

――4月に番組がスタートしてから早1ヶ月半になりますが、今のお気持ちはいかがですか?(取材は5月中旬)

鈴村:もう1ヶ月半なのか、まだ1ヶ月半なのか……。目の前にあることをガムシャラにやってここまで辿り着いたので、改めて「1ヶ月半経ちましたね」って言われると「あっそうなの?」って。そこで長いのか、それともまだなのか、自分でもよく分からないっていうのが正直なところです。(笑)

ーー鈴村さんの中では、始まる前のイメージ通りに進んでいる感じですか?

鈴村:内容は、自分でイメージしていた形にすごく近いと思っていて。番組をやることが決まってから色々イメージしたり、何度かスタッフの皆さんとプレ番組をやったりしたので。実践を重ねて辿り着いているので、イメージした通りやれている感覚はありますね。

声優業にプラスされた朝の番組!

ーー周りの方々からの反響はいかがですか?

鈴村:周りの人からの反響はすごくありますね。声優業界の会う人会う人に「朝やってんだって!」ってすごい言われるし、人によっては「よく聴いてるよ」とも言われますし。みんなの生活に入り込みやすい時間なのかなと思います。この間は「ゴルフ行く時にちょうどいいんだよね〜いつもありがとう」って言われたり(笑)。

業界的なことだけで言うと、役者仲間がみんな「(スケジュール的に)どうやってるの?」って言いますよね。「ただ普通にやってるだけだよ」って答えてます。昔は夜に打ち合わせとか色々やってたんですけど、朝にやったり。時間のやりくりはもちろんしてるんですけど、基本的には「今までやってきたことに単純に上乗せされてる」って感覚なので。だからみんなの「どうやってるの?」っていう話には、「普通に『ONE MORNING』やってるだけだよ」って言うしかないんですけど(笑)。そう言うとみんなびっくりしますね。

10時のアフレコ前に『ONE MORNING』

ーー他の声優さんが仰る通り、スケジュール管理が気になっている方は多いと思います。『ONE MORNING』は、月曜日〜金曜日の早朝6時〜9時の生放送なので。

鈴村:ちょうどうちの業界のアフレコ時間が10時〜なんですよね。これはありがたいことに、『ONE MORNING』終わった後に行けるっていう。

ーー声優のお仕事の前にひと仕事終えてからですね!

鈴村:僕の見積もりでは、時間が単純にスライドしてるだけだと思ってたんですけど、やってみるとなかなかハードだっていうことが分かってきましたね。だから周りの人たちも「朝あるもんね、早く帰った方がいいよ」って優しくしてくれるから(笑)。嬉しいですよね。

あと業界的にも「朝の帯をやってること」は、なかな珍しいことで。特にラジオ、しかも3時間っていうのは結構「革命的な出来事」だと。そういう意味ではみんな興味津々ですし、業界の人からも「新しいことにチャレンジできて素敵ですね」って言ってもらえますね。それを聴いて、僕もそのつもりで始めたので、そういう風に言ってくれると本当に素直に嬉しいです。

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ