鈴村健一が贈る平日朝のラジオ帯番組! TOKYO FM/JFN『ONE MORNING』インタビュー(後編)

みんなが主役になれるライブ感!

ーー「人と人をつなぐ役目」ということで、今朝の放送テーマは「カレー」でしたが、Twitterでリスナーの方がカレーへの思いをたくさんつぶやいていて、鈴村さんも放送でそれにコメントするのはもちろんカレーについてすごく語っていて。昨日私はカレーとハヤシライスとで迷ってハヤシライスを食べたので、聴きながら「あぁカレー食べれば良かったな」って思いました(笑)。

鈴村:思いますよね(笑)。だから聴く人が聴いて何を思うか、「あ〜私もカレー食べた!」とか共感性みたいなものが、よりリアルタイムに流れていくっていうのが、この朝の番組なのかなって思います。他のラジオ番組ももちろんインタラクティブ性ってあるんですけど、『ONE MORNING』はどっちかというとライブに近いというか。

歌を歌うライブって、その歌手を見に来るじゃないですか。それに対して声を上げたり、一緒にノッたりっていうのが、今までAMのラジオでやってきたものだとすると、今やっているものって、そこに「主役はいなくていい」というか、「全員がアーティスト」みたいな。だからクラブというか、誰が前に出て踊ってもいいし、時にはスターが現れて踊り始めてもいいし、DJがサウンド回してもいいし……みたいな(笑)。そういうものが、FMの番組や朝の番組なのかな。だから聴いている人たちも、間違いなく主役になれる。みんなが参加していく感覚が、1ヶ月半やってみてより強く感じたところです。

自由度が高く、それぞれの価値観を認め合える場所

ーー番組のコンセプトも「それぞれの朝に、それぞれの新しい価値観を」ですよね。生放送中もリスナーがTwitterでつぶやいたり、その意見を紹介したり、みんなが参加している感じがすごく伝わってきますが、鈴村さんが思う番組の魅力は?

「自由度が高いこと」だと思います。何を言ってもいい、思ったことを喋っていい、思ったことを大事にしていいところが魅力ですよね。「それぞれの朝」っていう言葉を使ってますけど、「私はこう思うんだ、これでいいんだ」ってちゃんと感じてもらえるし、逆の意見が出てきた時にも「なるほど」って思えることがいっぱいあって。それぞれの価値観を認め合える場所っていうのが魅力だと思います。

そしてミクロな視点から発した何かが、マクロなフィールドでものすごく共感に変わるというのがこの番組だと思っているので。そこは今まで僕がやってきた番組とは少し違うかもしれないなと思います。

それぞれの朝に“ながらで聴いてもらえる”!

僕のことを知ってる人が聴くというのももちろんあると思いますけど、「朝の番組だ」っていうだけで聴いてくれている人たちがいっぱいいるんですよね。「長距離ドライバーをやっています」とか、「朝いつも聴いています」とか、「今農作業中に聴いています」とか、そういう方たちがいっぱい聴いてくれて、メッセージをくれて……。まさに「それぞれの朝」だと思っているので。だから固定した価値観が無く、一つの柱っていうのがいい意味でないというか。

「ラジオはこう聴きましょう」っていうのが無いのが自由度の高さであり、好きに聴いてもらっていいし。聴いている時間によっては「私もう出勤だ!」ってなったらそこで出勤されると思いますし、時計代わりに使っているのも自由だということで。僕が今までやってたラジオって、「この時間にこうやってみんな聴く」っていう固定化されてた部分って確実にあったんですけど、ラジオの本質である“ながらで聴いてもらう”ことをちゃんと実感できて僕は嬉しいですし、意味があるなと思います。

日髙のり子「バトルフィーバーJ」撮影秘話を語る「たまに怪人に追いかけられて走ったり(笑)」

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。3月6日(月)のお客様は、パパイヤ鈴木さんと日髙のり子さん。ここでは、日髙さんが宝塚歌劇団を目指していた話や、中原ケイコ役で出演されていた「バトルフィーバーJ」(テレビ朝日系)の撮影エピソードなどを語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)日髙のり子さん、パパイヤ鈴木さん


◆宝塚歌劇団を目指していた時代があった!?

日髙:私は子どもの頃に劇団に入って、小学校のときにクラシックバレエを習っていたんですけど、中学生のときに友達から宝塚(歌劇団)を教えてもらってからは“宝塚に入りたい!”っていう気持ちになっちゃったんですね。

パパイヤ鈴木:そうなんですか!?

日髙:なので、高校生からは宝塚を受験する人が行くようなバレエ教室に友達と通っていました(笑)。宝塚は歌もレッスンもあるから、クラシックの歌を二期会(声楽家団体)の先生に習いに行くこともちょっとしていました。だけど、体が硬いからバレエがうまくいかなくて、何よりもクラシックの歌が難しかったんですね。

そんな頃、劇団から特撮モノの「バトルフィーバーJ」のレギュラーが決まったって話を聞いたんですけど、「実は私、宝塚を受験しようと思って(レッスンに)通っているんですけど、二期会の先生が怖いから、自分から(辞めると)言えない」と伝えたら、劇団のマネージャーさんが先生に話してくれたんですね。

そうしたら先生が「あら、素敵なことじゃない!」と言ってくださって、宝塚を受験せずにこっち(芸能界)に戻ってきたんです(笑)。

パパイヤ鈴木:「バトルフィーバーJ」は観ていましたよ!

日髙:そうですか!

パパイヤ鈴木:僕らの世代は特撮モノが大好きですから。

◆「バトルフィーバーJ」撮影裏話

日髙:(「バトルフィーバーJ」では)普通の隊員だったから、変身はしなかったんですよ。

パパイヤ鈴木:そうでしたっけ?

日髙:バトルフィーバー隊の隊員なんですけど、たまに怪人に追いかけられて走ったりとか(笑)。

パパイヤ鈴木:(笑)。

日髙:あと「バトルフィーバー隊、出撃!」って言われたときに、消防士の方がよく棒をつたってシュッと降りるじゃないですか? 私もそのシーンがあったんですけど(監督に)「お前、ちょっとトロいから練習場に来い」と言われて。

パパイヤ鈴木:ええっ(笑)。

日髙:運動神経は良かったので、ちゃんと“シュッ”と降りたつもりだったんですけど、オンエアを観たら温泉地にある猿のおもちゃみたいに“テケテケテケッ”と……(笑)。

パパイヤ鈴木:イメージと全然違っていたんですね(笑)。

日髙:そうなんです。それで練習場に行ったんですけど、なぜかそこでバク転の練習とかをさせられました。“私がバク転をする機会なんてあるのか?”なんて思いながら(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶日髙のり子 アニメ「タッチ」の印象的なシーンを語る 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ