鈴村健一が贈る平日朝のラジオ帯番組! TOKYO FM/JFN『ONE MORNING』インタビュー(後編)

みんなが主役になれるライブ感!

ーー「人と人をつなぐ役目」ということで、今朝の放送テーマは「カレー」でしたが、Twitterでリスナーの方がカレーへの思いをたくさんつぶやいていて、鈴村さんも放送でそれにコメントするのはもちろんカレーについてすごく語っていて。昨日私はカレーとハヤシライスとで迷ってハヤシライスを食べたので、聴きながら「あぁカレー食べれば良かったな」って思いました(笑)。

鈴村:思いますよね(笑)。だから聴く人が聴いて何を思うか、「あ〜私もカレー食べた!」とか共感性みたいなものが、よりリアルタイムに流れていくっていうのが、この朝の番組なのかなって思います。他のラジオ番組ももちろんインタラクティブ性ってあるんですけど、『ONE MORNING』はどっちかというとライブに近いというか。

歌を歌うライブって、その歌手を見に来るじゃないですか。それに対して声を上げたり、一緒にノッたりっていうのが、今までAMのラジオでやってきたものだとすると、今やっているものって、そこに「主役はいなくていい」というか、「全員がアーティスト」みたいな。だからクラブというか、誰が前に出て踊ってもいいし、時にはスターが現れて踊り始めてもいいし、DJがサウンド回してもいいし……みたいな(笑)。そういうものが、FMの番組や朝の番組なのかな。だから聴いている人たちも、間違いなく主役になれる。みんなが参加していく感覚が、1ヶ月半やってみてより強く感じたところです。

自由度が高く、それぞれの価値観を認め合える場所

ーー番組のコンセプトも「それぞれの朝に、それぞれの新しい価値観を」ですよね。生放送中もリスナーがTwitterでつぶやいたり、その意見を紹介したり、みんなが参加している感じがすごく伝わってきますが、鈴村さんが思う番組の魅力は?

「自由度が高いこと」だと思います。何を言ってもいい、思ったことを喋っていい、思ったことを大事にしていいところが魅力ですよね。「それぞれの朝」っていう言葉を使ってますけど、「私はこう思うんだ、これでいいんだ」ってちゃんと感じてもらえるし、逆の意見が出てきた時にも「なるほど」って思えることがいっぱいあって。それぞれの価値観を認め合える場所っていうのが魅力だと思います。

そしてミクロな視点から発した何かが、マクロなフィールドでものすごく共感に変わるというのがこの番組だと思っているので。そこは今まで僕がやってきた番組とは少し違うかもしれないなと思います。

それぞれの朝に“ながらで聴いてもらえる”!

僕のことを知ってる人が聴くというのももちろんあると思いますけど、「朝の番組だ」っていうだけで聴いてくれている人たちがいっぱいいるんですよね。「長距離ドライバーをやっています」とか、「朝いつも聴いています」とか、「今農作業中に聴いています」とか、そういう方たちがいっぱい聴いてくれて、メッセージをくれて……。まさに「それぞれの朝」だと思っているので。だから固定した価値観が無く、一つの柱っていうのがいい意味でないというか。

「ラジオはこう聴きましょう」っていうのが無いのが自由度の高さであり、好きに聴いてもらっていいし。聴いている時間によっては「私もう出勤だ!」ってなったらそこで出勤されると思いますし、時計代わりに使っているのも自由だということで。僕が今までやってたラジオって、「この時間にこうやってみんな聴く」っていう固定化されてた部分って確実にあったんですけど、ラジオの本質である“ながらで聴いてもらう”ことをちゃんと実感できて僕は嬉しいですし、意味があるなと思います。

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ