鈴村健一が贈る平日朝のラジオ帯番組! TOKYO FM/JFN『ONE MORNING』インタビュー(後編)

皆さんにとって「当たり前の朝になりたい」

ーー最後に今後の目標、またリスナーに向けてメッセージをお願いします。

まだ1ヶ月半なので、皆さんにとってまだ本当の意味ではこの番組が「当たり前になっていない」かもしれないなと思うんですよね。皆さんの通勤や通学のお供になることが、この番組の努めだと思うので、まるで「空気を吸うような、息を吸うような番組」になって欲しいなっていうのが僕の今後の展望です。だから朝起きて、コーヒー淹れて、ラジオもつける。準備をして出かける道中も、今聴く手段もいっぱいありますから聴く……。皆さんにとっての日常の「歯を磨く」とか、「服を着る」のと同じレベルにまで、この番組が昇華してくれるのが僕の目標かなと思います。

番組が始まって「今まで朝の時間にラジオを聴いていなかった」っていう人たちからもメッセージをもらっていて。「朝起きる習慣ができました」とか、「自分の時間の使い方が変わってきました」とか。僕が今思い描いているような「当たり前の朝になるようなものを実感しました」っていうメッセージを、いっぱい頂いて本当に嬉しく思っています。そういう風に皆さんに思ってもらえるように、皆さんの朝のひとときに寄り添えるように頑張っていきますので、これからもひとつよろしくお願いします。

ーー鈴村さん、貴重なお時間いただきありがとうございました。オンエア中と同様に、さまざまな思いを語ってくださった鈴村さん。取材前にスタッフの方と談笑しながら「お昼頃になると、もう自分の中では夕方の気分」と語っていたのも印象的でした。

皆さんもぜひ『ONE MORNING』を聴いて、「それぞれの朝」を爽やかにスタートしてみてください!

ONE MORNING
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 6時00分~9時00分
出演者:鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ワンモ」

※放送情報は変更となる場合があります。

【パーソナリティプロフィール】

鈴村健一(すずむらけんいち)

9月12日生まれ。大阪府出身。1994年、マクロス7のモーリー役でデビュー。主な出演作品に、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(シン・アスカ役)、「銀魂」(沖田総悟役)、「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ(聖川真斗役)、「キャプテン翼」(若林源三役)、「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」(ヤン・ウェンリー役)、「SSSS.GRIDMAN」(アンチ役)、ドラマ「トクサツガガガ」(ナレーション/エマージェイソンの声)など。音楽活動10周年を締めくくるライブ『WARAUTA』を2019年1月5日・6日にパシフィコ横浜にて実施。5月15日にはニューシングル「My Life Summer Life」を発売。6月8日・9日には河口湖ステラシアターにて『満天LIVE2019』を開催する。

取材・文=瀬尾明日香

撮影=柴崎まどか

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ