【ラジオな人】ラジオのガイド! 「ラジオソムリエ」RNB南海放送白石優子さんインタビュー(前編)

みなさんは数多くのラジオ番組の中から自分に合った番組をどうやって見つけていますか?

ラジオ初心者の方ほど「どんな番組があるのか?」、または「どうやって聴いたらいいのか?」といった疑問がたくさんあって、ラジオを聴くことへのハードルは案外高いことも……。RNB南海放送の白石優子さんは、そんな方々に向けておすすめの番組や情報を発信する「ラジオソムリエ」として活動されています。

前編では、「ラジオソムリエ」になった経緯や活動内容について伺いました!

インタビュー後編はこちら

「ラジオソムリエ」はラジオのガイド役!

ーー「ラジオソムリエ」とは、どんなお仕事なんですか?

食事やシチュエーションに合ったワインを勧める“ソムリエのラジオ版”みたいな形で、その人に合った番組を紹介しています。ラジオのガイド役みたいな役割かなと。女性なので、できればおしゃれな感じで紹介できたらいいなと思っています。

ーー白石さんが「ラジオソムリエ」になったきっかけは何だったんですか?

8年程前の東京支社の社内異動でテレビの編成から、営業部に配属になり、ラジオ専任の営業・編成担当になったのがきっかけです。地方民間放送協同制作協議会(※火曜会)というローカル局の集まるラジオの会には、以前出席していたのでローカルラジオの方々との交流はあったのですが、本格的にラジオと向き合うことになったのはこの異動がきっかけでした。

※火曜会について

自ら立ち上げた「ラジオソムリエ」ブログ

担当になって「ラジオのこと私自身がよく知らないのに…」って、慌ててラジオを聴き始めたら、ラジオってなんかちょっと面白いなって思うようになりました。番組にまつわるエピソードや、パーソナリティの情報などを知るとその番組を聴いてみたくなる。でも、当時はラジオの番組情報が少なくて。パーソナリティのプロフィール情報ももっと詳しいものや親しみが持てるものがあってもいいのではないか、と思いました。

ーー確かにタレントさん以外のパーソナリティのプロフィールは、見ても番組とうまく結びつかないことってありますよね。

ちょうどラジコが出たぐらいの時に「自分でブログを立ち上げて、ラジオの情報をまとめてみよう」って。そこがスタートみたいな感じでした。

ーー情報が無いから自分でブログを立ち上げるっていう行動力が素晴らしいですね!

昭和の汽車の旅「ポリ茶瓶」「ミニチュアボトル」の思い出を貴族が戯れる

銀河祐(右)と紅雅みすず。聴けば貴方もラジオ平民! ©STVラジオ

「クセが強くてクセになる」と全国のラジオ通を唸らせたと言われるSTVラジオ『貴族の時間』。中書貴族こと「シークレット歌劇團0931」夢組トップの銀河祐と紅雅みすず、そして娘役の音羽美雨、江戸から来た娘の星輝柚瑠の4人の女子会トークが今夜もお戯れを炸裂させます。

【懐かし貴族】(前期高齢者に近づきつつある貴族が、ラジオ平民の献上文にしたためられた"昭和のモノ"を懐かしむ時間)

献上文(読むのは星輝柚瑠):初めて汽車に乗ったときのこと。プラスチック製の容器に入っていた"お茶"を貴族の皆様はご存じですか。

紅雅:あぁ~。

銀河:知ってますよ、知ってますよ。

紅雅:ご存じもナニも、知ってますよ。(中略)

銀河:あれさぁ、熱っついんだよなぁ。の割りに、ペラッペラな感じしない?

紅雅:だから、あの針金みたいな緑のこういう…

銀河:みどり?

紅雅:緑のね、針金の、なんか細っそ~い取っ手みたいなの付いてなかった?

銀河:あ~、これを持つみたいな…

紅雅:そう、持つの。

銀河:はいはいはい。

星輝:キャップのところに、注いで…。

銀河:そう、そう。

星輝:ちょっと、子どもながらに,おちょこで飲んでる気分に…。

銀河:なつかし~!

星輝:大人になった気分で飲んでました。

紅雅:考えた人、すごい天才だよね。何か、ワクワクしない? お茶の色を知ったのは、この時かも知れないくらいな。

銀河:あ、そっか、そっか。中が見えるからね。

紅雅:中ちゃんと見えるし、透明な入れもの…

銀河:でもね、お茶の色って、みんな知ってない?

星輝:知ってる、知ってる。

紅雅:…言ってておかしいなと思ったんだけど。

銀河:いま「おかしいな、おかしいな」って、ずっと引っかかってた。

紅雅:でも、いま銀河が「そうだね」って言ってくれたから、じゃあそのまま行っちゃえって…

銀河:なんで、そのまま行くんだよ!!

紅雅:まぁ、熱かったね。

Facebook

ページトップへ