【ラジオな人】ラジオのガイド! 「ラジオソムリエ」RNB南海放送白石優子さんインタビュー(前編)

会社プロジェクトになった「ラジオソムリエ」

ーー「ラジオソムリエ」は、どうやって会社のプロジェクトになったんですか?

「ラジオソムリエ」は、社長(南海放送株式会社代表取締役社長・田中和彦氏)発案の会社のプロジェクトの形です。田中社長は元々ラジオDJで、ラジオドラマを現在も制作しています。ラジオを愛するラジオマンなんです。

ーー『ソローキンの見た桜』(RNB南海放送制作・放送のラジオドラマ)の作者でいらっしゃいますよね?

そうです。つい最近も新作のラジオドラマ『ソローキン女史の憂鬱』を制作しました。

アイデア溢れる、とても楽しい社長です。社長に就任した時に「社員全員と面談する」って言われました。前例のなかったことなので驚いていたら、「好きなことを喋っていいんだよ。雑談とかで。なにかしたいこととか、今、楽しいと思っていること、10年後の夢とか、なんでもいいから気楽な感じで」と!

ーーとてもフランクな方なんですね(笑)。

面談で「今、ラジオを担当していて、ラジオのことは今までよく分からなかったけれど、徐々に好きになってきていること、「ラジオソムリエ」って名乗ってブログを立ち上げてるんです」と言ったら、「それいいね!」って言われました。

『ソローキンの見た桜』についてはこちら

本社へ転勤後に本格始動!

その後、人事異動で本社(愛媛県松山市)へ転勤になり、半年後に「ラジオソムリエ」は会社のプロジェクトとして発足しました。

ーー「ラジオソムリエ」は、白石さんと玉岡梨那さんの2名で活動されていましたよね。

玉岡さんは本社広報の担当で、会社の方針で2人で活動していました。

1116は南海放送のAMの周波数なんですけど、「1116名ラジコダウンロード企画」を2015年11月16日に寺尾英子アナウンサーと玉岡さんと私の3人で街に出て、朝から晩まで「ラジコダウンロードしてくれませんか?」って声かけて一生懸命活動しました。その様子をラジオで中継もしました。懐かしいです。

作曲家・浜圭介のヒット曲で綴る『原光隆の歌謡曲主義』

「昭和の名曲が生まれた背景には、その歌を作った作家たちのドラマがある…」このフレーズで始まるのが「昭和のうたびと」。東海ラジオ『原光隆の歌謡曲主義』(日17:00~18:00)の中で毎週午後6時から(6時40分まで)放送しているコーナーだ。昭和から平成、令和へと歌い継がれている名曲とともに、作家の人生を紐解いている。

Facebook

ページトップへ