松重豊、北川景子・DAIGO夫妻と不思議な三角関係!? 映画撮影の裏話を語る

俳優・松重豊さんがパーソナリティを務めるFMヨコハマ『深夜の音楽食堂』。ちょうど3周年を迎えた今回、映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で共演した北川景子さんがコメント出演しました。

放送では、2人の初共演作『HERO』や今回の映画はもちろん、北川さんと夫・DAIGOさんとのエピソードも飛び出しました。(FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』10月1日(火)放送分)

北川景子、共演作『HERO』での松重豊の印象を語る

10月4日(金)公開の映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で共演している松重さんと北川さん。番組にコメント出演した北川さんは、2人が初めて共演したドラマ『HERO』での松重さんの印象を語りました。

北川:私は『HERO』に第2シーズンから参加したのですごく緊張していて、なかなか飛び込めずにいたんですけど、松重さんと(杉本)哲太さんがすごく仲良く話しかけてくださって、それでチームに入ることができました。

松重さんの印象は、“別け隔てのない方”。誰に対してもいつも同じトーンで接してくださる、気さくな方です。若いからとか、新人だからとかじゃなくて、一役者として私にも接してくださって、とても優しい方という印象があります。

松重豊、北川景子・DAIGO夫妻と不思議な三角関係!?

今回の映画では年の差のある夫婦役を演じた2人。北川さんは、脚本を読んだ際「松重さんと夫婦をやってみたい」と思ってオファーを受けたそうです。そして、自宅シーンの撮影中はずっと2人で時間を過ごしていくうちに、「本当の夫婦になったんじゃないか」という不思議な錯覚も覚えたのだとか。

松重:現実はね「待ち時間も演技上も夫婦にしか見えない」というところに、まさかのご主人・DAIGOさんが差し入れを持っていらっしゃるというね。不思議な三角関係が待ち合いの場で演じられたという……(笑)。DAIGOさんと北川さんも素敵な夫婦。ご夫婦の主導権も北川さんが握ってらっしゃって。

北川さんはさっぱりしてて男らしいんですよ。男から見ても同性のように親しみやすい感じがして。男らしく怒られると、こちらの胸がキュンと締め付けられるというね……。

映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』の話もたっぷり

2人の年の差夫婦役にも注目の映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』は10月4日(金)公開です。北川さんの声に癒やされる今回の放送は、ぜひタイムフリーでお聴きください。

深夜の音楽食堂
放送局:FM YOKOHAMA
放送日時:毎週月曜 24時30分~25時00分
出演者:松重豊
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ