ジャニーズWEST・濱田が語る切ない過去!「僕は一生亀梨くんにはなれない。だけど…」

10月9日(水)に13枚目のニューシングル『Big Shot!!』をリリースしたジャニーズWESTの藤井流星さんと、濱田崇裕さんがラジオ番組に出演。

新曲の話はもちろん、5年前のデビュー当時のことやこの5年での変化についてトークを展開しました。仲の良い二人だからこそ言い合えるお互いのプライベートな素顔も明かしています。(TOKYO FM 『坂本美雨のディアフレンズ』10月10日(木)放送分)

濱田崇裕はKAT-TUN・亀梨を目指していた!?

2014年4月にデビューし、今年5年目を迎えたジャニーズWEST。その歴史を振り返っているうちに、藤井さんが濱田さんのちょっと恥ずかしい過去に触れて……。

藤井:濱ちゃんは、亀梨くんを目指してたんですよね。……今の感じからは想像もつかないでしょうけど。僕が入りたての頃、めちゃくちゃKAT-TUNって感じの見た目をしてて。

坂本:それはどのあたりで(亀梨くんを)アピールしてたんですか?

濱田:後ろ髪をはねさせてM字にして、まゆ毛も細くしてたんです。そうしたら、事務所の人に「なんで伸ばしてるの?」と聞かれて。「だってジャニーズに入ったら亀梨くんみたいになれるんじゃないんですか?」って答えたら「……いろんなジャニーズがいるからね」って言われました。

そして、ある日突然「違う。僕は一生亀梨くんにはなれない。だけど“僕”にはなれる」と思ったんです。

藤井流星はおしゃれすぎて同じ靴を8足保有!

放送では、知られざる二人のプライベートを聞き出す質問コーナーも。濱田さんは、東京から車で7時間半もかけて琵琶湖に行くほどの“バス釣り”好きを告白しました。

藤井さんは「自分へのご褒美」へのトークから、ファッション好きが発覚。濱田さんが、それにまつわる藤井さんの家を訪問した時に驚いたエピソードを紹介しました。

濱田:家に行って玄関開けた瞬間に、同じ靴が10足以上あって……。「え、どうしたん?」て。

藤井:(同一ブランドの)同じ形の靴は8足なんですけど。その好きなブランドの靴だけでいうと15足くらいあるのかな。何かあるごとに1足ずつ買い足してますね。

濱田:おしゃれすぎるやろー!

ニューシングル『Big Shot!!』のトークも

ジャニーズWESTのニューシングル『Big Shot!!』の聴きどころはもちろん、ライブを軸にしているグループとしてのやりたいことや、成し遂げたい目標の話も登場。

明るくて飾り気のない二人のトークを、ぜひタイムフリーでチェックしてみてください!

ディアフレンズ
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~木曜 11時00分~11時30分
出演者:坂本美雨
番組ホームページ
公式Instagram

twitterハッシュタグは「#ディア」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ