漫画『波よ聞いてくれ』のラジオ番組がスタート! アニメOPテーマを歌うtacicaが作品愛を熱く語る!

講談社『アフターヌーン』にて大好評連載中の漫画『波よ聞いてくれ』。北海道札幌市を舞台に、ひょんなことからラジオDJデビューする主人公・鼓田ミナレの奮闘劇です。

そんな『波よ聞いてくれ』は、2020年4月からTVアニメの放送が始まります。それに先駆け、3月よりAIR-G'(FM北海道)では実際のラジオレギュラー番組がスタート! ミナレ役の杉山里穂さんがパーソナリティを務め、北海道や作品の魅力を発信していきます。

3月12日(木)の放送では、TVアニメのOPテーマを担当するtacicaがゲスト出演。原作漫画や、今回アニメのために描き下ろした新曲について語りました。(AIR-G'(FM北海道)『波よ聞いてくれ ~Wave,Listen to me!~』3月12日(木)放送分)

TVアニメOPテーマを歌うtacicaが原作の印象を語る!

2回目の放送となる今回は、番組初のゲストとしてロックバンド・tacicaの猪狩翔一さん(Vo./Gt.)と小西悠太さん(Ba.)が登場しました。

TVアニメ『波よ聞いてくれ』のOPテーマを担当するtacicaの2人は北海道出身。まさに適任とも言える2人が、初めて原作漫画を読んだ印象を語りました。猪狩さんは原作者・沙村先生のファンということで、かなり熱い思いを持っていたようで……。

猪狩:僕は沙村広明先生が大好きで。今回に限らず、ずっと読んでいたので『波よ聞いてくれ』という新作が出ると聞いて読んだ時には、今までの作風を知っているとけっこう衝撃。血が出ないから……。

杉山:そうですよね、人死なないですもんね。今ちょうどアニメで『無限の住人』がやっていますけど、世界観違いすぎません?(笑)。

猪狩:同時に描いている作品(『ベアゲルター』)はそっち路線じゃないですか。

杉山:そうですね、エログロって感じですよね!

猪狩:本当は同時に読むと面白いです! 同じ人がこれを並行して描いてるっていうのが……ちょっと、漫画の話になると熱くなっちゃうんですけど……。同時に読むのもすごく良いと思います!

一方、沙村先生の作品を初めて読んだという小西さんも印象を語りました。

小西:出てくる人物像がすごくリアルで、身近にいそうでいなかった人たちがけっこういるなって。こういう人がいたらすごい面白いんだろうな……。

杉山:たとえばミナレとかが近くにいたら絶対面白そうですよね(笑)。

小西:友だちになりたい! すごく人を惹き付ける作品だなって思いました。

OPテーマが影響を受けた名シーンは?

TVアニメのOPテーマとなっているtacicaの『aranami』。今回のために描き下ろしたこの曲について、制作時に影響を受けた漫画のシーンが明かされました。

猪狩:曲を締めくくる歌詞とメロディを最後につけたんですけど、それが“新しい毎日と後悔が波のように押し寄せる”っていう歌詞なんです。漫画でいうと3巻の初めの方に架空の光雄(主人公ミナレの元カレ)を成仏させるシーンがあるじゃないですか。それが「後悔だって? そんなもん毎日毎時毎分してる 息をするように後悔……」、「後悔したという事を後悔してるわけじゃないから」っていうセリフがある、僕のすごく好きなシーンなので、そんなイメージです。

杉山:なるほど! カッコイイ! 私もそこのシーンすごく好きです!

猪狩:ここめちゃくちゃ良くて……すごいんですよ! このシーンめちゃくちゃすごいので、ぜひ(笑)。

曲のラストを飾る歌詞には、以前ラジオでもゲリラ放送した名シーンにインスピレーションを受けたそう。曲のメロディについてのお話でも、原作への熱い思いが垣間見えました。

猪狩:『波を聴いてくれ』のこの曲に関しては、思い入れがある分何曲もできたわけではなくて、まさにこの1曲しか書いてないです。なので、もうその情熱だけですね!

OPテーマのタイトル『aranami』に隠された「ミナレ」愛!

また、『aranami』というタイトルを付けた裏話も紹介されました。

杉山:『aranami』っていうタイトルは『波を聴いてくれ』の「波」と関連しているのかなと思うんですけど、タイトルにしたきっかけはあるんですか?

猪狩:ミナレっていう主人公がいて、それ自体もアイヌ語で(※「ミナ」はアイヌ語で「笑う」という意味の動詞)。僕自身も北海道に生まれながらなかなか知らないなと思って、最近自分でもアイヌのことを調べていて。もちろん主人公の名前ではあるけど、言葉の意味も踏まえて使いたいなと思って、「ミナレ」から『aranami』を取っていて……。

杉山:あっ、えっ「ミナレ」の名前からってことですか?

猪狩:僕、最初作っているときに(仮タイトルで)「荒波」を漢字表記で書いていて、それを「あらなみ」と読まずに「あれなみ」と読んで、それを逆から読むと、「ミナレ」になるみたいな。

杉山:えー知らなかった! なるほど!!

曲の歌詞からタイトルまで、作品への深い思い入れ詰まったOPテーマ曲『aranami』。今回は、tacicaの作品に対する熱い思いが伝わる放送でした!

tacicaは次週、3月19日(木)の放送にも引き続き出演が決定! この収録日に撮影したというMVについてなど、まだまだOPテーマ曲や『波よ聞いてくれ』について語ります。ぜひお楽しみに!

波よ聞いてくれ ~Wave,Listen to me!~
放送局:AIR-G'(FM北海道)
放送日時:毎週木曜 21時00分~21時30分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグが「#波よラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

【みかんジュース飲み比べ】オレンジ不足の今、美味しい“みかんジュース”を探せ!

ニュースでも話題になっていますが、実はいま、オレンジジュースが世界的にも危機的な状況になっているのを
ご存知でしょうか?一部のメーカーでは、値上げをしたり、一部サイズの販売を休止にしたり、さらには、原料がなくなり次第、販売自体を休止するといった事態にまで追い込まれています。

なぜ、オレンジジュースが危機的なのか?
オレンジの主要な輸入先であるブラジルでの不作が原因の一つにあるそう。特に2021年以降、ハリケーンや大雨など悪天候が重なった上、カンキツグリーニング病のまん延などの影響で不作が続いているんだそう。世界的な果汁不足に加え、日本では円安が重なって、販売休止や価格の高騰が相次いでいます。

こうした状況を踏まえ、「みかん果汁」がブレンドされたものも発売されているんです。
例えば、セブン&アイ・ホールディングスのプライベートブランド、セブンプレミアムからは、みかん果汁と混合した「オレンジとみかん果汁100%」が発売されています。

こちらは、オレンジにうんしゅうみかんがミックスされた果汁100%の濃縮還元ジュースで、お値段は税込203円。

果汁100%と一口に言っても、「濃縮還元」と「ストレート果汁」と2種類がある!
まず、「ストレート果汁」とは・・・搾った果汁を加熱殺菌し、そのまま詰めたもの。

「濃縮還元」とは・・・
搾った果汁を、加熱したり、真空状態にしたり、凍結させたりするなどして含まれる水分を飛ばし、ペースト状に濃縮させた後、再び水分を加え元の濃度へと還元させたもの。
⇨濃縮してペースト状にすることで、輸送コストを抑えることができる上、長期保存が可能になったり、味の調整ができるため、年間を通して一定の品質を保つことができるんだそう。


「えひめ飲料から発売。ポンジュース!!」

愛媛を代表するお馴染みの「ポンジュース」!
うんしゅうみかんとオレンジをミックスした果汁100%の濃縮還元ジュース。
・・・なんですが、実は、果汁100%ジュースになってから、55周年を迎えた今年4月にリニューアルをしていたんです。どこをリニューアルしたかというと、みかん果汁の甘みをプラスし、みかんのおいしさをより引き立て、まろやかに仕上がるよう柑橘ブレンドを追求したそうです。

実は、パッケージも少しリニューアルしていて、パッケージの下の方に「オレンジみかんジュース」と表記していたんですが、リニューアル後は、みかん果汁の配合の方が増えたので、「みかんオレンジジュース」となっているんです!800mlでお値段は、税込430円ほどです。

「ポンジュース の裏切らなさがすごい!美味しい!」


「無印良品から発売。果汁100%ジュース みかん」

うんしゅうみかんを使った果汁100%の濃縮還元ジュースです。
195gでお値段は、税込140円です。

「うまい!身近なみかんの味がする!」

「愛工房から発売。宇和島みかん!」

うんしゅうみかんを使った果汁100%のストレートジュースです。
成城石井などで購入することができて、125mlでお値段は税込161円です。

「美味しい!友達にちょっとプレゼントするのにちょうどいいかも!」

「ワオコールドプレスオーチャードから発売。マンダリン!!」

マンダリンは、日本でいう「みかん」のことだそう。
こちらも果汁100%のストレートジュースです。
成城石井やマルエツなどで購入することができ、215mlで税込388円ほどです。

「美味しい!けど、知っているみかんの味というより、“マンダリン”って感じ!」

2人「幸せになれるのは、宇和島みかん!!」

皆さんもお気に入りのみかんジュースを見つけてみてはいかがでしょうか?

Facebook

ページトップへ