漫画『波よ聞いてくれ』のラジオ番組がスタート! アニメOPテーマを歌うtacicaが作品愛を熱く語る!

講談社『アフターヌーン』にて大好評連載中の漫画『波よ聞いてくれ』。北海道札幌市を舞台に、ひょんなことからラジオDJデビューする主人公・鼓田ミナレの奮闘劇です。

そんな『波よ聞いてくれ』は、2020年4月からTVアニメの放送が始まります。それに先駆け、3月よりAIR-G'(FM北海道)では実際のラジオレギュラー番組がスタート! ミナレ役の杉山里穂さんがパーソナリティを務め、北海道や作品の魅力を発信していきます。

3月12日(木)の放送では、TVアニメのOPテーマを担当するtacicaがゲスト出演。原作漫画や、今回アニメのために描き下ろした新曲について語りました。(AIR-G'(FM北海道)『波よ聞いてくれ ~Wave,Listen to me!~』3月12日(木)放送分)

TVアニメOPテーマを歌うtacicaが原作の印象を語る!

2回目の放送となる今回は、番組初のゲストとしてロックバンド・tacicaの猪狩翔一さん(Vo./Gt.)と小西悠太さん(Ba.)が登場しました。

TVアニメ『波よ聞いてくれ』のOPテーマを担当するtacicaの2人は北海道出身。まさに適任とも言える2人が、初めて原作漫画を読んだ印象を語りました。猪狩さんは原作者・沙村先生のファンということで、かなり熱い思いを持っていたようで……。

猪狩:僕は沙村広明先生が大好きで。今回に限らず、ずっと読んでいたので『波よ聞いてくれ』という新作が出ると聞いて読んだ時には、今までの作風を知っているとけっこう衝撃。血が出ないから……。

杉山:そうですよね、人死なないですもんね。今ちょうどアニメで『無限の住人』がやっていますけど、世界観違いすぎません?(笑)。

猪狩:同時に描いている作品(『ベアゲルター』)はそっち路線じゃないですか。

杉山:そうですね、エログロって感じですよね!

猪狩:本当は同時に読むと面白いです! 同じ人がこれを並行して描いてるっていうのが……ちょっと、漫画の話になると熱くなっちゃうんですけど……。同時に読むのもすごく良いと思います!

一方、沙村先生の作品を初めて読んだという小西さんも印象を語りました。

小西:出てくる人物像がすごくリアルで、身近にいそうでいなかった人たちがけっこういるなって。こういう人がいたらすごい面白いんだろうな……。

杉山:たとえばミナレとかが近くにいたら絶対面白そうですよね(笑)。

小西:友だちになりたい! すごく人を惹き付ける作品だなって思いました。

OPテーマが影響を受けた名シーンは?

TVアニメのOPテーマとなっているtacicaの『aranami』。今回のために描き下ろしたこの曲について、制作時に影響を受けた漫画のシーンが明かされました。

猪狩:曲を締めくくる歌詞とメロディを最後につけたんですけど、それが“新しい毎日と後悔が波のように押し寄せる”っていう歌詞なんです。漫画でいうと3巻の初めの方に架空の光雄(主人公ミナレの元カレ)を成仏させるシーンがあるじゃないですか。それが「後悔だって? そんなもん毎日毎時毎分してる 息をするように後悔……」、「後悔したという事を後悔してるわけじゃないから」っていうセリフがある、僕のすごく好きなシーンなので、そんなイメージです。

杉山:なるほど! カッコイイ! 私もそこのシーンすごく好きです!

猪狩:ここめちゃくちゃ良くて……すごいんですよ! このシーンめちゃくちゃすごいので、ぜひ(笑)。

曲のラストを飾る歌詞には、以前ラジオでもゲリラ放送した名シーンにインスピレーションを受けたそう。曲のメロディについてのお話でも、原作への熱い思いが垣間見えました。

猪狩:『波を聴いてくれ』のこの曲に関しては、思い入れがある分何曲もできたわけではなくて、まさにこの1曲しか書いてないです。なので、もうその情熱だけですね!

OPテーマのタイトル『aranami』に隠された「ミナレ」愛!

また、『aranami』というタイトルを付けた裏話も紹介されました。

杉山:『aranami』っていうタイトルは『波を聴いてくれ』の「波」と関連しているのかなと思うんですけど、タイトルにしたきっかけはあるんですか?

猪狩:ミナレっていう主人公がいて、それ自体もアイヌ語で(※「ミナ」はアイヌ語で「笑う」という意味の動詞)。僕自身も北海道に生まれながらなかなか知らないなと思って、最近自分でもアイヌのことを調べていて。もちろん主人公の名前ではあるけど、言葉の意味も踏まえて使いたいなと思って、「ミナレ」から『aranami』を取っていて……。

杉山:あっ、えっ「ミナレ」の名前からってことですか?

猪狩:僕、最初作っているときに(仮タイトルで)「荒波」を漢字表記で書いていて、それを「あらなみ」と読まずに「あれなみ」と読んで、それを逆から読むと、「ミナレ」になるみたいな。

杉山:えー知らなかった! なるほど!!

曲の歌詞からタイトルまで、作品への深い思い入れ詰まったOPテーマ曲『aranami』。今回は、tacicaの作品に対する熱い思いが伝わる放送でした!

tacicaは次週、3月19日(木)の放送にも引き続き出演が決定! この収録日に撮影したというMVについてなど、まだまだOPテーマ曲や『波よ聞いてくれ』について語ります。ぜひお楽しみに!

波よ聞いてくれ ~Wave,Listen to me!~
放送局:AIR-G'(FM北海道)
放送日時:毎週木曜 21時00分~21時30分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグが「#波よラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ