作家・村上春樹がDJを務めるラジオ番組『村上RADIO』第21弾は名曲たちのセルフ・カバーだけを取りそろえた選曲特集!

作家・村上春樹さんがDJを務める番組『村上RADIO』。2月28 日(日)には、第21弾となる『村上RADIO~怒濤のセルフ・カバー~』が放送されました。

村上春樹がDJを務める『村上RADIO』とは?

第21弾は名曲たちのセルフ・カバーだけを取りそろえた選曲特集!

プレスペシャル&再放送も!

過去の放送回

村上春樹がDJを務める『村上RADIO』とは?

『村上RADIO』は、作家・村上春樹さんがラジオDJを務め、自ら選曲も担当する番組。2018年8月に第1弾が放送されて以来、毎回放送後はたくさんの反響が寄せられ、不定期の特別番組として放送が続く人気シリーズです。

村上春樹さんは1979年に『風の歌を聴け』でデビュー。群像新人文学賞を受賞し、一躍人気となります。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、また最新長編小説『騎士団長殺し』など多数出版。そのほか、『ポートレイト・イン・ジャズ』(絵・和田誠)など音楽に関わる著書も多く、小説作品に魅力的な音楽が登場することでも知られています。

第21弾は名曲たちのセルフ・カバーだけを取りそろえた選曲特集!

今回の『村上RADIO~怒濤のセルフ・カバー~』は、村上春樹さんが前々からやってみたかったという特集。原曲とそのセルフ・カバーバージョン、どちらについても村上さんが愛情と思い出の詰まったコメントを語りながら選曲しています。時を超え、違ったバージョンでよみがえった名曲たちの原曲とは異なる魅力にも気づけるかもしれません。

<村上春樹さんからリスナーの皆さんへメッセージ>
春もそろそろ近づいてきました。というところで、以前からやりたいと思っていたセルフカバー特集です。簡単そうでむずかしい、ヒット曲の自作再演。「これはなかなか面白い」と膝を打つものから、「うーむ、ちょっといかがなものか」と首をかしげるものまで、各種あれこれ取りそろえました。楽しんでください。

村上RADIO~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます~
放送局:TOKYO FM 他37局ネット
放送日時:2021年2月28日 日曜日 19時00分~19時55分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:村上春樹
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#村上RADIO」

※放送情報は変更となる場合があります。

プレスペシャル&再放送も!

2月21日(日)には『村上RADIOプレスペシャル』を生放送。14日(日)開催の“MURAKAMI JAM”に出演した坂本美雨さんと、会場でライブを見た作家・小川哲さんが、当日を振り返りながら、リスナーからのライブの感想もたっぷり紹介しました。

そして、2月25日(木)には、12月20日(日)放送の『村上RADIO~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます~』を再放送。

村上RADIOプレスペシャル
放送局:TOKYO FM
放送日時:2021年2月21日 日曜日 19時00分~19時55分
出演者:坂本美雨、小川哲
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#村上RADIO」

※放送情報は変更となる場合があります。

村上RADIO~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます~
放送局:TOKYO FM
放送日時:2021年2月25日 木曜日 20時00分~20時55分
出演者:村上春樹
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#村上RADIO」

※放送情報は変更となる場合があります。

過去の放送回

『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』(2018年8月5日(日)放送)

メディアへの露出が少ないことでも知られる村上さん。『村上RADIO』は、そんな村上さんが初めてラジオDJを行うということで放送前から注目を集めました。記念すべき初回放送は「音楽」と「走ること」をテーマに決定。作家としてデビューしてからランニングを欠かさず、フルマラソンの完走に毎年挑戦する村上さんならではのテーマをお届けしました。

村上春樹さんがラジオDJ初挑戦! 『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』

『村上RADIO~秋の夜長は村上ソングズで~』(2018年10月21日(日)放送)

普段聴くことのできない村上さんのトークや、ご自宅のレコードラックを除いているような選曲が話題を集め大好評を博した初回放送から、約2ヶ月後に放送された第2弾のテーマは「~秋の夜長は村上ソングズで~」。「他の番組ではなかなかかからない曲をかける」ことをポリシーに、秋の夜長を素敵な音楽で飾りました。

村上春樹のラジオ番組「声が渋い」「選曲が素敵」と大反響! 待望の第2弾放送

『村上RADIO~村上式クリスマス・ソング~』( 2018年12月16日放送)

第3弾はクリスマス間近の放送ということで、テーマは「~村上式クリスマス・ソング~」。はじめ「クリスマスにクリスマスソング特集はあまりにも普通すぎるだろう」と思った村上さんでしたが、放送でかけるレコードを探しているうちに面白そうなものがたくさん出てきたそうで、晴れてクリスマスソング特集をお送りしました。

村上春樹が「あまり月並みではないクールなクリスマス・ソング」を厳選! DJ務めるラジオ番組の第3弾決定

『村上RADIO~今夜はアナログ・ナイト!~』(2019年2月10日放送)

第4弾は、CDでは聴けない作品など、貴重なアナログレコードに限定して選曲し、村上さんがレコード愛を熱く語りました。また、リスナーからの恋愛相談を答えるコーナーが誕生。多くのメールが寄せられ、村上さんの恋愛観が伺える放送となりました。

村上春樹が恋愛相談「あまり役に立たないかも」DJ務めるラジオ番組の第4弾決定

『村上RADIO~愛のローラーコースター~』(2019年4月21日放送)

第5弾では、村上さん曰く「思わず体が動いてしまうような、猫もつい踊りだしたくなるような」曲を選曲。さらに、前回の恋愛相談コーナーから続いて、村上さんがリスナーへラジオネームをプレゼントするコーナーも実施。ユニークなラジオネームがたくさん誕生しました。

村上春樹が特製ラジオ・ネームをプレゼント!『村上RADIO』第5弾

『村上RADIO~The Beatle Night~』(2019年6月16日(日)放送)

初期のビートルズの名曲を集めたの第6弾。村上さんが世界各国さまざまなアーティストがカヴァーした初期のビートルズ楽曲を選びに選んで紹介し、『ノルウェイの森』を書いていた当時のエピソードも語られました。

『村上RADIO~村上JAM SPECIAL Night~』(2019年8月25日(日)・9月1日(日)放送)

第7弾と第8弾は、6月26日(水)に一夜限りで開催されたライブイベントを2回にわたり放送。

『村上RADIO~歌詞を訳してみました~』(2019年10月13日(日)放送)

第9弾は、「歌詞を訳してみました」と題した訳詞特集。村上さんが訳した英語詞を歌手・坂本美雨さんと共に朗読しながらお届けしました。

村上春樹、処女作タイトルの元となった曲を紹介「歌詞を理解すると音楽の世界が広がる」

『村上RADIO~冬の炉端で村上SONGS~』(2019年12月15日(日)放送)

第10弾は「冬の炉端で村上SONGS」。年末の放送ということで、村上さんが2019年に集めたレコードとともにお送りしました。入手した際の経緯も聴ける貴重な回でした。また、恒例になったリスナーからのメール紹介では「村上春樹に聞いてみたいこと」とテーマを決めて募集。のべ1000通近くのメールが来たそうです。

『村上RADIO~ジャズが不得意な人のためのジャズ・ヴォーカル特集~』『村上RADIO~ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集~』(2020年2月16日(日)・2月23日(日)放送)

第11弾と第12弾はジャズ特集。ジャズを難しいもの、敷居が高いものと思っている人のための、村上さん式ジャズ入門プレイリストを放送しました。村上さんのジャズにまつわるエピソード、特に国分寺でジャズ喫茶を営んでいた際の話なども少し聴くことができる貴重な回でした。

『村上RADIO~言語交換ソングズ~』(2020年4月26日(日)放送)

第13弾「言語交換ソングズ」は、日本の歌手が外国後の歌を日本語で歌っている曲、外国の歌手が日本語の歌を外国語で歌っている曲を特集。桑田佳祐さんや山下達郎さんなど、日本人にとって馴染み深いアーティストの楽曲を紹介しました。また、村上さんが翻訳の仕事を通して感じる、言語が変わることで感じられる印象の違いを語る場面も。

『村上RADIOステイホームスペシャル~明るいあしたを迎えるための音楽〜』(2020年5月22日(日)放送)

第14弾は「ステイホームスペシャル」と題した特別企画を放送。これまでの放送は2ヶ月に1度程度の放送頻度でしたが、今回は前回放送から1ヶ月経たずに放送。普段使用しているTOKYO FMのスタジオから離れて、村上さんの自宅の書斎からお届け。気分が明るくなるような楽曲を、約2時間の放送時間の間たっぷりとお送りしました。

『村上RADIO〜(あくまで個人的な)特選オールディーズ〜』(2020年6月14日(日)放送)

第15弾は村上さんが学生時代によく聴いていたという、1960年から1960年代中盤辺りまでにリリースされた古い楽曲を特集。聴いていた当時をみずみずしく思い返す村上さんと、ここで紹介されるポップな楽曲たちによって、いつにも増して明るく愉快な放送となりました。

『村上RADIOサマースペシャル〜マイ・フェイバリットソングス&リスナーメッセージに答えます〜』(2020年8月15日(日)放送)

夏休みには特別編『村上RADIOサマースペシャル~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます』を放送しました。コロナ禍で夏休み気分をなかなか味わえない中、少しでも楽しい気持ちになれる選曲をオンエア。

『村上RADIO〜5分で聴けちゃうクラシック音楽〜』(2020年9月13日(日)放送)

第17弾は、芸術の秋に贈る“クラシック事始め”ということで、小説にも多くのクラシック曲が登場する村上さんならではの貴重な“クラシック音楽入門”をお届けしました。

『村上RADIO~秋のジャズ大吟醸~』(2020年10月25 日(日)放送)

第18弾は、村上さん自身が所有するアナログレコードから選曲。村上さんが愛聴してきたレコードや、「大好きなジャズ・ミュージシャン」と語るアーティストの曲など、秋に似合う音色の様々なジャズを解説し、「大吟醸」の名にふさわしい豪華ジャズ特集でした。

『村上RADIO~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます~』(2020年12月20 日(日)放送)

第19弾は、今回の『村上RADIO~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます~』は、夏休み特別編の『村上RADIOサマースペシャル~マイ・フェイバリットソングズ&リスナーからのメッセージに応えます~』の反響を受けての第2弾となる企画。村上さん自身が愛聴する名盤をスタジオに持ち込み、曲解説とともにお届けし、募集したリスナーからの多彩な質問にユーモアあふれる答えを語りました。

『村上RADIO年越しスペシャル~牛坂21~』(2020年12月31日(木)放送)

第20弾は、番組初となる生放送。特別ゲストに、 村上さんと親交の深い、 前京都大学総長で霊長類研究の第一人者・山極壽一さんと、 京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんを迎えました。メッセージテーマとして「2020年で一番よかったこと」を募集し、 メッセージが採用された方には、 村上春樹さんから特製ラジオネームを「お年玉」としてプレゼントが贈られました。

ラジコをパソコンで聴く

ラジコをスマートフォンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

勉強中に聴きたい! BGMにおすすめのラジオ番組

学校の宿題や試験、資格取得の勉強中に音楽やラジオをBGMとして聴く人も多いのではないでしょうか。今回は勉強中のBGMとして音楽を流す際の注意点やコツと一緒に、BGMにおすすめのラジオ番組をご紹介します。

Facebook

ページトップへ