村上春樹さんがラジオDJ初挑戦! 『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』

TOKYO FMをはじめとするJFN38局では、作家・村上春樹さんがディスクジョッキー(以下:DJ)をつとめる特別番組『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』を8月5日(日)に放送します。

DJ初挑戦となる村上春樹さんは、どんな曲を選び、どんな話を繰り広げるのでしょうか?

目次

  1. ラジオを通して、心地いい時間を分け合いたい
  2. 村上春樹さんにとってなくてはならない「音楽」と「走ること」
  3. 番組概要

ラジオを通して、心地いい時間を分け合いたい

「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞し、作家としてデビューした村上さん。谷崎潤一郎賞やフランツ・カフカ賞など、国内外の文学賞を多数受賞しています。

また、小説家になる前はジャズ喫茶を開いていたほど音楽が好きだそうで、「ラジオを通して、心地いい時間を分け合いたい」とDJに挑戦することにしたのだとか。

番組を始めるにあたり、村上さんから届いたメッセージをご紹介します!

小さい頃から、レコード(とかCD)のコレクションが趣味で、おかげでうちにはそういうものが溢れかえっているんですが、「こんな素敵な音楽をいつも僕ひとりで聴いて、気持ちの良い時間を送っていて、世の中になんか申し訳ないよな」とよく思っていました。ときにはいろんな人たちと適当におしゃべりをしながら、ワイン・グラスやコーヒー・カップを手に、心地よい時間を分け合うのもいいかもしれない。
ラジオでディスクジョッキーみたいなのをやってみようかという気になったのは、そういうところが原点になっています。だから僕の好きな音楽ソースをうちから持ってきて、それを好きなようにかけて、そのあいだに好きなことを話させていただく……そんな感じのパーソナルな番組にできればと思っています。
他の番組ではあまり(まず)聴けないような曲を、でもできるだけ寛いで聴ける音楽を選んでかけていきたいと思います。むずかしいことはほとんど抜きで。そしてその合間にちょっとしたお話もできればなと思っています。楽しんでください。

村上春樹さんにとってなくてはならない「音楽」と「走ること」

テーマは「RUN&SONGS」。村上さんは、専業作家になると決めた時から走り始め、走る時には必ず音楽を聴いているそうです。

村上さんといえば「1Q84」や「ノルウェイの森」などの文学作品のイメージが強いですが、「小澤征爾さんと、音楽について話をする」や「走ることについて語るときに僕の語ること」といった、「音楽」と「走ること」についての著作も10作品以上あります。

番組では、村上さんがランニングするときに愛用しているiPodやCD、レコードをスタジオに持ち込み、「曲」についてはもちろん、「走ること」や「音楽」、「文学」についてもざっくばらんに語ります。

さらに、リスナーから集めた音楽に関する質問にも回答。いったいどんな答えが飛び出すのか、どうぞお楽しみに!

番組概要

■番組名:『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』
■放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
■放送日時:2018年8月5日(日) 19時~19時55分
(※Date fm、広島FMは20時~20時55分、FM沖縄は21時~21時55分)
■パーソナリティ:村上春樹
■番組URL:http://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

次世代のスーパーフード「昆虫食」 カイコにコオロギ、セミ…… 慣れ親しみなく抵抗感は強い

5月27日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)は、次世代のスーパーフードとして近年注目が集まっている昆虫食について、寺島尚正アナウンサーと金曜コメンテーターで郵便学者の内藤陽介氏が意見を交わした。

気候変動などの地球環境問題やウクライナ危機などの影響による食糧不足への懸念が高まるなか、近畿地方に住む22歳の現役学生が昆虫食を手に上京し、環境相や自民党の農林部会長を歴任した小泉進次郎議員ら国会議員に食べてもらい、普及に協力してもらいたいと訴えた。

小泉進次郎議員は目の前に差し出されたカイコのサナギを口にしたところ、満面の笑みを浮かべながら「オレ、今、食べてるって感じ」と感想を述べたという。小泉議員は口の中で、たしかにカイコの存在を感じたようだ。他にも、コオロギやセミやハエの幼虫を乾燥させたり、燻製にしたりした昆虫食が並んだ。

寺島アナが「次世代のスーパーフードとして近年注目が集まっている昆虫食。これはいかがでしょうか」と内藤氏に意見を求めると、内藤氏は「昆虫食はイメージだとイナゴの佃煮とかありますけど、お好きな方は召し上がったらよろしいのではないかと。私はちょっと……」と遠慮がち。

「昔から物心ついた時からその食べ物があったというなら、自然にいただけるんですけど……」と、寺島アナも控えめな様子だ。

「そうなんですよ。もちろん食用ですから、毒にならないし衛生管理もちゃんとしていて、多分ですが食べれば美味しいと思いますよ。でもやっぱり、食べ慣れてないと……。例えるならば、イスラム教徒の方が豚肉を食べないというのは、子供の頃から豚がいかに不潔かというのを散々言われているんですよ。ですから心理的なバリアが非常に高いということがあるので。それと宗教上の理由とはまた違うのですけれど、やっぱり慣れ親しんだバックグラウンドというのはありますからね」と、内藤氏が続ける。

さらに、寺島アナは内藤氏に「でも、食べてみると小泉進次郎議員のように『オレ、今、食べてるって感じ』となるんですかね」と問いかける。「食べながら『食べてる』っていう感想というのは何なんですかね」と、ツッコミを入れる内藤氏。やはり、ふたりの“心理的バリア”は低くないようだ。

 

Facebook

ページトップへ