長澤まさみ、ビビアン・スーとの初共演を振り返る「テレビで見ていた世界が目の前で…」

7月28日(火)に放送された、ニッポン放送『長澤まさみのオールナイトニッポンGOLD ~映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」スペシャル~』。長澤まさみさんがパーソナリティを務め、主演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」にまつわるエピソードトークで盛り上がりました。(ニッポン放送『長澤まさみのオールナイトニッポンGOLD ~映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」スペシャル~』7月28日(火)放送分)

小手伸也が大好きな長澤まさみ「強いて言うなら、かわいいと思った事はない(笑)」

長澤さんは、「長澤まさみSweet Hertz」(2009年~12年、ニッポン放送)以来、8年ぶりにラジオパーソナリティを担当。今回の放送では"目に見えるものが真実とは限らない、映像で見えるものだけが真実とは限らない、ラジオだから話せる真実!"をコンセプトに、リスナーからの質問に答えました。

「ダー子さんとスタア(竹内結子さん)との出会いは描かれていませんが、まさみさんはどんな出会いだったと思いますか?」

長澤:たぶん、私はこうなんじゃないかって思うところはあるんですけど。それを言っていいものなのかどうなのか分からないんで、あれなんですけど。全然関係ないけど、竹内結子さんの事は大好きですね(笑)。そういう感じに似てるんじゃないかな。

竹内結子さんをずっと見ていたい! 気持ち悪い……(苦笑)。でもね、「コンフィデンスマン」に出てくる女性陣、本当に綺麗なんですよねえ。私が男だったら「付き合いたい!」っていつも思いながら見てます。羨ましいだろ? 私がたぶん1番近くで見てる(笑)。ダー子の特権ですね。

「小手(伸也)さん大好きなまさみさん、小手さんのかわいいポイントを教えてください」

長澤:好きなのかなあ……。なんか、ほら、中学生とか高校生の男の子って、自分が本当にその子の事を好きだとか分からないみたいな。意地悪しちゃうみたいなのあるじゃない。あれなのかなあ。自分で気付いてないのかな、好きってこと。

まあ、強いて言うなら、かわいいと思った事はない(笑)。だって小手さん、自分がかわいいって自分が1番思ってるんだもん。自分の事が大好きだから、自分がかわいくてかわいくて、自分がかわいいっていうのを言ってくるから、私たちにも。そういう人を見ると、ちょっとびっくりするじゃない? そんな感じです(笑)。

青春時代を彩ったビビアン・スーと初対面

長澤さんがブラックビスケッツのファンと知ったリスナーから、「(映画で共演した)ビビアン・スーさんと一緒に踊ったり歌ったりしたんですか?」といったメールが届きました。

長澤:いや、私が隣で踊ってた。本人がこっち向いてなかったかなあ。後ろで気付かれないようにさりげなくね。私、小学生の頃にジャズダンスを習っていたんですが、その発表会で「Timing」っていう歌の踊りを踊ったんですよ。それで、その振り付けを憶えてまして。まあ、ある意味青春かな。

映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の撮影でビビアンさんと初めて会った長澤さんは、撮影中のやりとりも明かしました。

長澤:本当に優しい方で。私は以前、台湾ドラマ( 2013年「ショコラ」)に出演した事があるんですけど、それに出てた事も小耳に挟んでいたようで。「中国語喋れたんでしょ?」って言って、「まっさんの中国語、聞き取れるよ」って言って褒めてくださったりとか、現場にお菓子の差し入れをしてくださったりとか、とにかく優しかったです。

私、内村(光良)さんとは、映画で内村監督の作品(2016年「金メダル男」)に出させていただいて交流があるんですが、内村さんのお話をしたら「ああ、元気かなあ、内村さん。会いたいなあ」とか話を聞いて。なんかすごい、当時子どもの頃にテレビで見ていた世界が目の前で繰り広げられていて、すごくいい気分でした。みんなが味わえない気分を、私は一人だけちゃっかり味わわせていただいて。

Official髭男dism、主題歌「Laughter」を語る

番組中盤には、主題歌「Laughter」を手掛けているOfficial髭男dismの小笹大輔さん、松浦匡希さんがゲストで登場しました。

長澤:私も知らなかったんですけど、「コンフィデンスマン」のドラマの方に出演されてたんですね?

松浦:あ、なんかポスターが出演してる……(笑)。

長澤:え、それはドラマ用に作ったポスターなんですか?

松浦:あれは、確か昔のアー写(宣材写真)かな? 髭を付けてるアー写ってたぶん昔の1枚限りかな。

小笹:インディーズ時代のアー写を使って。ちょうど「コンフィデンスマン」に合うようなコメディタッチのアー写があって、それをポスターに組み込んで作ってくださって。

髭男の2人は長澤さんからの質問に答える形で、主題歌「Laughter」のオファーが来た時の心境を明かしました。

小笹:これは本当に僕たちが騙されてるんじゃないかという風に思いましたね。

長澤:何て聞かされたの?

小笹:いきなりアルバムのレコーディングが「よし、終わったぞ」みたいな時に、スタジオの重い防音扉をガチャンと閉められて、「部外者の方は出ていってください」みたいなことをマネージャーさんが言って、メンバーだけにされて、「月9のドラマが決まりました」って言われて。「え、う、嘘でしょ!?」みたいな(笑)。しかも、詐欺師のドラマだって言われて。「詐欺師、髭男に頼むのかな」って思って。

松浦:あの時、なんかカメラ回ってるんじゃないかなって思って。

長澤:へえ。ドッキリかと思って?

松浦:そうですね。

小笹:でも、なんかお話を聞くと、騙し合いだけどコメディ、ハッピーだっていう事になって、それだったら僕たちにもできるかもしれないっていうので、一生懸命、それから頑張って曲を作らせていただいたっていう感じですね。

曲作りのスタンスやメンバーとの出会いなどが語られる中、主題歌「Laughter」が完成して最初に聴いた時の印象を挙げました。

小笹:心洗われるというか、すごく美しい音楽だなあっていう気持ちになったのを覚えてますね。

松浦:僕は曲が完全に完成した時の印象なんですけど、なんか1個、ここからまた自分たちの道を示してくれるような曲ができたなって思って。結構こういうがっつり生のバンドサウンドで、ストリングスも入れてみたいな壮大かつ綺麗なサウンドって、前のアルバムとか、直近だとあんまりやってなくて。

長澤:あの、ストリングスって何ですかね? それがわからないんだけども。

松浦:あ、バイオリンとかの弦の……。改めてこういうバンドサウンドとかをやってみて、見直してみて、音を追及してみてすごい、ここからできる事いっぱいまだまだあるなって事を感じさせてくれましたね。

マレーシアロケ「マッサージ事件」の真実

番組後半には、コックリ役を演じた関水渚さんがゲスト出演し、マレーシアロケで長澤さんとマッサージに行った時の出来事を語りました。

関水:私が「足つぼマッサージがいい」と言ったら、まさみちゃんが「じゃあ、そうしよう」と言って合わせてくださって、2人とも足つぼマッサージになったんですけれども。同じ種類だし、隣に座ってお喋りできるのかなあと思ったら、すごく離されてしまって……(笑)。

長澤:前と後ろくらいな感じだったよね(笑)。

関水:全く喋れず、寝て終わりましたね(笑)。

長澤:寝て終わったよね。その後、タオルの匂いがなんか……ぞうきんみたいだったもんね(笑)。

関水:ははは……待って……(笑)。今思い出した、懐かしい(笑)。

長澤:先に渚ちゃんが終わってて、私が後から渚ちゃんのところに行ったら足の臭いをすごく気にしてて。「どうしたの?」って言ったら、「いや、ヤバいですよ。ヤバいですよ」ってずっと1人で言ってて。「何がやばいんだろう」って思って、そのあと私が2分後くらいにわかったっていうその真実が。その真実を私はそこで知ったわけですよ。ヤバいと言っていたわけを。

関水:笑いが止まらなくなっちゃった(笑)。おかしすぎて。ヤバかったんですよ、本当に。

長澤:びっくりしたよね。せっかくリラクゼーションでアロマオイルの匂いを嗅ぎにいったのに、「ぞうきんなみたいな臭いがします」という……(笑)。即効、部屋に戻って足洗ったもんね。この話、使えるのかよ(苦笑)。プリンセスがこんな話していいのかと(笑)。

そのほか、「コンフィデンスマンJP」に関するクイズ企画が行われ、ボクちゃん役・東出昌大さん、リチャード役・小日向文世さん、五十嵐役・小手伸也さんらのメッセージとともに、映画撮影中の裏話で盛り上がりました。

長澤まさみのオールナイトニッポンGOLD ~映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」スペシャル~
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年7月28日 火曜日 22時00分~24時00分
出演者:長澤まさみ、関水渚、小笹大輔、松浦匡希(Official髭男dism)、東出昌大、小日向文世、小手伸也

Twitterハッシュタグは「#長澤まさみANNG」「#コンフィデンスマンJP」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ