最新音楽チャートはラジオでチェック! 人気のカウントダウン番組

「今、どんな曲が流行っているんだろう?」と思った時は、ラジオの音楽カウントダウン番組がおすすめです。ラジコなら邦楽から洋楽まで、幅広いジャンルの音楽番組をいつでもどこでも気軽に聴けます。今回は、全国のラジオ局で人気のカウントダウン番組をピックアップしました。

FM NORTH WAVE『SAPPORO HOT 100』

FM NORTHWAVEでのオンエア回数、札幌市内の主要CDショップの1週間のCD売上を基に作られたオリジナルランキングに入った100曲を4時間に渡ってお届けします。「NO.1予想クイズ」やリスナーとの生電話企画もあり、CD引換券や番組特製オリジナルグッズが抽選で当たります。

SAPPORO HOT 100
放送局:FM NORTHWAVE
放送日時:毎週日曜 12時00分~15時00分
出演者:タック・ハーシー
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#SAPPOROHOT100」

※放送情報は変更となる場合があります。

文化放送『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』

アニメ・ゲーム・声優・特撮の4つに関連する楽曲のオリジナルランキング「こむちゃーとベストテン」を発表する音楽バラエティ番組です。パーソナリティは2002年の番組開始時から務める櫻井孝宏さん、アシスタントは白石晴香さんが担当します。

A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 23時00分~24時00分
出演者:櫻井孝宏、白石晴香
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#comcha」

※放送情報は変更となる場合があります。

ニッポン放送『三宅裕司 サンデーヒットパラダイス』

最新の音楽による「ニッポン放送 メガチャート」とともに、メールコーナーや電話企画、中継リポートなどをお届けする3時間の音楽バラエティ番組です。生放送中に3回実施される「ラッキー・チャートクイズ」では、その時にかかった曲名を送ると抽選で1名に5000円が当たります。

三宅裕司 サンデーヒットパラダイス
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 9時00分~12時00分
出演者:三宅裕司、江口ともみ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

TOKYO FM『JA全農 COUNTDOWN JAPAN』

パーソナリティのジョージ・ウィリアムズさん、安田レイさんとともに、最新の邦楽チャートをベストテン形式でお届けする音楽番組です。今話題のアーティストがゲスト出演するコーナーもあり、楽曲にまつわるエピソードや音楽のルーツなど貴重な話が聞けます。

JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 13時00分~13時53分
出演者:ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#JA全農CDJ」

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『SAISON CARD TOKIO HOT 100』

現在のヒット曲やリリース前の話題曲を始めとした、全100曲のオリジナルランキングを4時間に渡ってカウントダウン。ナビゲーターのクリス・ペプラーさんの軽妙なトークや海外の芸能ネタも人気です。

番組には国内外問わず、超豪華なビッグアーティストがゲストとして出演する事も!

SAISON CARD TOKIO HOT 100
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 13時00分~17時00分
出演者:クリス・ペプラー
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#tokiohot100」

※放送情報は変更となる場合があります。

bayfm78『KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL』

「激動のミュージックシーンをリアルに読み解き、今と未来を探るミュージックバラエティー」をキャッチフレーズに、小島嵩弘さんと麻生夏子さんが邦楽専門の音楽チャートを紹介していく番組です。週替わりのメッセージテーマや三田寺理沙さんの中継コーナー「ミュージックパトロール!」など、音楽以外のコーナーもあります。

KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL
放送局:bayfm78
放送日時:毎週土曜 15時00分~18時00分
出演者:小島嵩弘、麻生夏子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#パワカン」

※放送情報は変更となる場合があります。

IBS茨城放送『SUNDAY 10 Carat Numbers』

毎週異なるテーマをセレクトし、そのテーマに沿った「宝石のような10曲」をカウントダウン形式で紹介する音楽番組です。ランキングはリスナー参加型となっており、番組のTwitterアカウントで定期的に投票の呼びかけを行っています。

SUNDAY 10 Carat Numbers
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週日曜 13時00分~14時55分
出演者:八木志芳
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#テンカラ」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM FUJI『Hits!! M-Chain』

FM FUJIのウィークリーランキングに邦楽TOP20、洋楽TOP10をそれぞれカウントダウン形式で紹介していく音楽番組です。そのほか、音楽と遊びと文化をコンセプトとした注目のトピックやおすすめ情報なども紹介しています。

Hits!! M-Chain
放送局:FM FUJI
放送日時:毎週土曜 13時00分~13時43分
出演者:鈴木ダイ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ぎふチャン『ときめきステーション ダブジェネカウントダウン』

親子で聴ける番組を目指し、「最新ヒットチャートベスト20」と「なつかしのヒットチャートベスト10」の2つのチャートをカウントダウン。放送数日前には番組のTwitterアカウントで、事前に決められた気になる楽曲をアンケートで募集し、人気の曲ほど長くかかる構成になっています。

ときめきステーション ダブジェネカウントダウン
放送局:ぎふチャン
放送日時:毎週土曜 12時00分~16時15分
出演者:小松肇、澤茂奈実
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ダブジェネ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ZIP-FM『ATEAM ZIP HOT 100』

1993年10月のZIP-FM 開局以来続いている音楽プログラム。ナビゲーターはテレビ・ナレーションなどでも活躍している鉄平さんが担当します。洋楽・邦楽がミックスされたオリジナリティ溢れるチャート100曲を紹介するほか、鉄平さんの独断と偏見で選ばれる番組のラストナンバーの楽曲を当てる「No.0」をお届けします。

ATEAM ZIP HOT 100
放送局:ZIP-FM
放送日時:毎週日曜 13時00分~15時00分
出演者:鉄平
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ziphot100」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM AICHI『COUNTDOWN FRIDAY』

 

DJのケリー隆介さんが最新チャートのTOP100をカウントダウン形式でお届けするほか、話題の楽曲、音楽イベントにまつわる音楽ニュース、注目のアーティストを紹介する音楽番組です。

COUNTDOWN FRIDAY
放送局:FM AICHI
放送日時:毎週金曜 15時00分~19時00分
出演者:ケリー隆介
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#カウント807」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM802『OSAKAN HOT 100』

FM802オリジナルのランキングから、大阪で今熱い上位100曲をお届けします。リスナーが電話でその週のNo.1を予想する「予想屋サンデー」や、DJの西田新さんがとっておきのランチスポットを自らリポートする「西ダンシン・イン・ザ・ストリート」も人気です。

OSAKAN HOT 100
放送局:FM802
放送日時:毎週日曜 12時00分~15時00分
出演者:西田新
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

FM大阪『山田運送グループ presents DRIVING MUSIC TRANSPORTATION』

1990年代、2000年代を彩った名曲を、ホラン千秋さんとともにカウントダウン形式でお届けします。ゲストが出演する回ではホランさんとのトークのほか、ゲストに関連した年代のヒットランキングを紹介しています。

山田運送グループ presents DRIVING MUSIC TRANSPORTATION
放送局:FM大阪
放送日時:毎週土曜 11時00分~11時30分
出演者:ホラン千秋
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#DMT851」

※放送情報は変更となる場合があります。

α-STATION FM京都『J-AC TOP40』

α-STATIONでのオンエアポイントや京都主要レコード店の売上などを基に作られた最新オリジナルランキングや、関西のおすすめライブ情報などをお届けする音楽プログラム。パーソナリティを務める谷口キヨコさんのトークも番組のウリとなっています。

J-AC TOP40
放送局:α-STATION FM京都
放送日時:毎週土曜 14時00分~19時00分
出演者:谷口キヨコ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#jac_kiyop」

※放送情報は変更となる場合があります。

KBCラジオ『KBCサタデーミュージックカウントダウン』

"1粒で2度おいしい"をコンセプトに、最新のヒット曲によるオリジナルチャート「COUNT DOWN30」と、懐かしの名曲を年代やジャンルで振り返る「Time Machine」を紹介する音楽番組です。パーソナリティは、福岡を拠点として活動するこだマンさん(児玉育則さん)と真璃子さんが担当します。

KBCサタデーミュージックカウントダウン
放送局:KBCラジオ
放送日時:毎週土曜 13時00分~18時00分
出演者:こだマン、真璃子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#サタカン」

※放送情報は変更となる場合があります。

LOVE FM『LOVE FM TOP 40』

九州主要CDショップのセールスチャートや、LOVE FM全番組の1週間のオンエア回数などを集計したランキング上位40曲をカウントダウン形式でお届け。チャートにランクインする楽曲のほとんどが洋楽なのもこの番組の特徴です。

LOVE FM TOP 40
放送局:LOVE FM
放送日時:毎週日曜 15時00分~19時00分
出演者:ダンカン、原口真憂
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#love40」

※放送情報は変更となる場合があります。

cross fm『CROSS COUNTDOWN RADIO』

Billboard JAPANのデータ協力のもと、今もっとも熱い音楽をカウントダウン形式でお届けする音楽番組です。ナビゲーターは、かつてバンドのギター&ボーカルを務めた事もあるコウズマユウタさんが担当しています。

この番組ではリスナーに「ありがとう」「Thank You」といった想いを込めて、39位からカウントダウンしています。

CROSS COUNTDOWN RADIO
放送局:cross fm
放送日時:毎週日曜 11時30分~14時00分
出演者:コウズマ ユウタ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ccr」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM FUKUOKA『BUTCH COUNTDOWN RADIO』

今年の10月で放送開始から25年、放送回数は1200回を超えるFM FUKUOKAの長寿番組です。MCは番組開始当初から務める、自称「スーパーDJ」のBUTCHさんと、自称「シンガー・ソング・ドリンカー」のkaedeさんが務めます。

番組公式サイトで「15分に一回の大爆笑がリスナーを襲う、週末のハイテンション・エンターテインメント・ レディオショー」と紹介されているように、BUTCHさんの多彩なモノマネや声マネによる進行、裏方やリスナーがハイテンションで参加する番組作りも魅力の一つです。

BUTCH COUNTDOWN RADIO
放送局:FM FUKUOKA
放送日時:毎週金曜 13時30分~19時00分
出演者:BUTCH、kaede
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ブチカン」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

元ラグビー日本代表キャプテン・実業家 廣瀬俊朗~「挑戦と還元」ということ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に元ラグビー日本代表キャプテンで実業家の廣瀬俊朗が出演。新たなプロジェクト「TEAM FAIR PLAY」について語った。

廣瀬俊朗

黒木)今週のゲストは元ラグビー日本代表キャプテンで実業家の廣瀬俊朗さんです。現在アスリートを支える事業以外にも、実業家として手掛けていることはあるのですか?

廣瀬)2021年は新しいことをやって行こうと思っているのですけれど、その1つは「TEAM FAIR PLAY(チームフェアプレー)」という、最近名付けたのですけれども。

黒木)「TEAM FAIR PLAY」。

廣瀬)「フェアプレー」というと、スポーツの現場で言われる言葉で、相手のことを敬うとかレフリーのことを考えるとか、お客さんの前で試合をするわけだからダーティーなプレーをせず、ルールに基づいて正当にやりましょうというところなのですけれども、それを一般のビジネスや地域の課題などにも応用できないかということです。

黒木)なるほど。

廣瀬)商品をつくるにしても、「廃棄されることを想定してつくっていますか?」というような、「商品に対してのフェアプレーはできていますか?」ということは必要です。そういうプロダクトが増えたらいいなという思いで、「TEAM FAIR PLAY」というプロジェクトをスタートさせようとしています。

黒木)いろいろなプロジェクトを立ち上げていらっしゃいますね。

廣瀬)いま、当たり前のように生きている自分にありがたいなと思いながら、次世代に対しては、地球環境も含めて苦しくなって行くというのが現状だと思います。そこに対してアスリートが「そんなことでいいの?」ということを発信する。「ダメだからやる」ということではなく、「チームフェアプレーを楽しもう!」と、前向きに取り組めるようなことをできるといいのではないかと思っています。

黒木)まだ、いろいろなプロジェクトを立ち上げられそうな予感がします。

廣瀬)2020年には「One Rugby」というNPO法人を立ち上げました。皆さんがご存知なのは15人制でやるラグビーで、女子ももちろんあります。オリンピックではセブンズ、パラリンピックでは車椅子ラグビーがあります。あとはデフとかブラインドラグビー、タッチラグビーなど、たくさんのラグビーがあるのですが、皆さんバラバラに活動しているのです。そんなバラバラな活動をしている人たちが1つになって、みんなでラグビーを盛り上げた方が、いろいろな人に届くのではないかと思うので、そういうこともやっています。

黒木)素晴らしいですね。

廣瀬)試合会場に行くと、ラグビーの試合も楽しめるけれど、横には車椅子があって、車椅子ラグビーも楽しめる。その横ではブラインドラグビーがあって、ボールのなかに鈴が入っている。そんな光景があればいいなと思っています。

黒木)廣瀬さんのモチベーション、原動力は何でしょうか?

廣瀬)「こんな世界をつくりたい!」というのが1つと、誰もやっていないことは、大変だけれど面白いと思うのです。そこがモチベーションでしょうか。「知らないことを知る」ということが好きなのだろうなと思っていて、そこに快感を覚える自分がいるので頑張れるのではないかと思います。「挑戦と還元」はどちらも大切だと思います。自分が挑戦することは大切ですが、たくさんの人からいただいたものを、次世代の若い人たちに還元することも大切です。「スポーツを止めるな」という活動をしていますが、コロナ禍でいま高校生たちが試合をする機会が失われてしまっています。例えばラグビーで大学に行きたいという子のアピールをする場がなくなっているのですよね。大学側も選手を見つけたいけれど、試合がないから、見つけられないのです。そんな子を助けられるようなプラットフォームをいまつくっています。試合がないまま引退してしまった子どもたちもたくさんいますが、そういう子どもたちに、彼らの思い出の試合に私たちが実況解説を付けているのです。「つらいまま終わってしまったな」と思ったけれど、まさかトップ選手が解説を付けてくれるとは思わなかった。「ラグビーをやっていてよかった」と少しでも思ってもらえたら嬉しいなと。そのようなことをいま「スポーツを止めるな」という団体でやっています。

黒木)それはまた興味深いお話ですね。

廣瀬)そこの3つ目の柱として、教育的なところなのですけれど、学校教育で、例えば「どうやって生きて行ったらいいのか」とか、「リーダーシップをどう発揮したらいいのか」とか、「お金のリテラシー」というような、学校教育の狭間にある問題がありますが、「それをアスリートがやったらどうなのだろう」と思うのです。我々なりの言葉で伝えられることがあるのではないかと、そのようなこともいま考えています。「マッチング」というところと「思い出」というところ、そして「教育」ですね。この3つをこれから「スポーツを止めるな」ではやって行きたいと思っています。

廣瀬俊朗

廣瀬俊朗(ひろせ・としあき)/実業家・元ラグビー日本代表キャプテン

■1981年生まれ。大阪府出身。
■5歳からラグビーをはじめ、高校・大学、高校日本代表・U19日本代表で活躍。
■2004年に「東芝ブレイブルーパス」に入団。トップリーグでも活躍。
■2007年に日本代表初選出。
■2012年に5年ぶりに日本代表に選出されるとキャプテンとしてチームをけん引。
■ラグビーW杯2015でも日本代表に選出。ベンチ入りは果たせなかったが、チームの活躍に貢献。現代のラグビー人気の礎を築いた。
■2016年に現役を引退。MBA(経営学修士)取得のため大学院へ。2019年に修了。大学院に通いながら東芝のバックスコーチも務めた。
■2019年放送のドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演。好演で人気を博す。2020年9月から日本テレビ「news zero」の木曜パートナーに就任。
■2019年9月、株式会社ビジネス・ブレークスルー アスリートアンバサダーに就任。
■2020年7月、一般社団法人「APOLLO PROJECT」を設立。
■2021年1月からはアスリートのセカンドキャリアを支援する教育プログラム事業「A-MAP」を開始。アスリートが持つ価値を最大限に高め、その価値を社会へと還元する取り組みを始めている。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ