SixTONESが生放送で喋り尽くすラジオ『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』

2020年1月のデビュー以降、華々しく活動の場を広げ続けている6人組グループ・SixTONES。映画やドラマ、バラエティ番組、ミュージカルなど、さまざまな場所で各メンバーが活躍中です。今回は、彼らがパーソナリティを務めるレギュラー番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』の魅力に迫ります。

SixTONESとは

メンバーはジェシーさん、京本大我さん、松村北斗さん、高地優吾さん、森本慎太郎さん、田中樹さんの6名で構成された6人組グループ。グループ名は当初“シックストーンズ”と発音しましたが、その後“ストーンズ”に変更。ジャニーズJr.内にて2015年に結成され、2018年に世界各地で展開する「YouTube アーティストプロモ」キャンペーンに日本のグループで初めて抜擢されました。

2020年1月22日にSnow Manとの両A面シングル『Imitation Rain/D.D.』でCDデビューし、同年の『紅白歌合戦』に初出場を果たしました。2021年は、1月に1stアルバム『1ST』を発表し、それに伴うライブツアー『on eST』を開催。2月と8月にシングル『僕が僕じゃないみたいだ』、『マスカラ』をそれぞれリリース。現在は2022年1月に2ndアルバム『CITY』のリリースを控えています。

『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』とは

2020年4月にスタートしたSixTONES初の冠レギュラー番組。CDデビュー前の2019年8月に『オールナイトニッポン』の特別番組でパーソナリティを担当した際、メンバー6人のトーク力とSNSでの反響を受けて、レギュラー化が決まったそうです。

現在は、自由なメンバーの中でトークを仕切り、MCを担当している田中樹さんが毎週レギュラー出演し、そのほかのメンバー1名が週替わりで登場します。事前に誰が出るのか告知されないので、毎週放送までのお楽しみとなっています。

トークスキルが高いメンバーが揃い、時にアイドルらしからぬ奔放なトークは、ファンはもちろん、深夜ラジオリスナーからも愛されています。

SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 23時30分~25時00分
出演者:SixTONES
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#SixTONESANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

メンバーの個性が光る放送

『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』は、メンバーの近況トークのほか、リスナー自身の「イケてる日常」を1行にまとめて自己PRしてもらう「We are SixTONES!!」や、未来で投稿されるであろうSNSの内容を募集する「ウィルサーチ」など、深夜ラジオらしいネタコーナーも魅力の一つ。

メンバーそれぞれの個性が発揮される番組名物は、「ジングルOAバトル」。毎週メンバー全員が制作・録音したオリジナルジングルの中から、"ひえおじ"(非営利団体ジングル審査機構のおじさん、メンバーによる番組スタッフの呼称)に選ばれたものがオンエアされます。なお、2021年10月23日の放送回では「『ジングルOAバトル』はコーナーではなく、そういうノリでやっているもの(田中さん)」として紹介されていました。

そのほか、新譜発売前後に期間限定で行われる企画もあります。2ndシングル『NAVIGATOR』発売の際は、「田中樹全国ラジオ34局ラップチャレンジ」を実施。全国34局のご当地番宣CMで使われるオリジナルラップをラップ担当の田中さんが制作しました。

直近では、5thシングル『マスカラ』の歌詞にある「凡庸なラブストーリー」から着想を得たラジオドラマを制作する企画「SixTONES 土曜ラジオ劇場『マスカラ』」が行われ、メンバーがリレー形式で毎週1話ずつ・計6話の脚本を執筆し、オンエア時に朗読しました。

また生放送ならではのハプニングを楽しく昇華したことも。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、自宅からリモートで放送された2020年4月18日(土)は、田中さんと京本さんが出演。京本さんの自宅にあるWi-Fiの電波が弱く、度々音声が途切れながらも番組が進行していたところ、京本さんの父である俳優・京本政樹さんが帰宅するというハプニングが起こりました。

田中さんが「俺、対応しきれないから!」と焦る一方で、政樹さんは「おつかれさん。元気?」と自然と会話に参加。混乱している田中さんをよそに京本さんが政樹さんに「家のWi-Fiをもっといいやつに変えてほしいんだよね」とお願いすると、「ここは建物が良すぎる(から電波が弱い)んだよ」と政樹さんが返答するなど、親子の貴重な会話を披露していました。

政樹さんが退場したあとは「だから家でやるの嫌だったんだよ。パパだもん。そりゃ帰ってくるよ」と不満をこぼす京本さん。一方で田中さんは「SixTONES的に一番イケてることが起こってる!」と大興奮で、Twitterでも「京本家のWi-Fi」がトレンド入りするなど大きな話題となりました。

オードリーやCreepy Nuts…『ANN』レギュラー陣と交流

『オールナイトニッポン』といえば、パーソナリティ同士の交流が盛んで、スペシャルウィークの際にお互いの番組にゲスト出演し、番組を通して公私共に親交を深めている例も多いです。

2020年9月12日(土)にはオードリー・春日俊彰さんがゲスト出演。松村さんと髙地さんが"リトルトゥース"(『オードリーのオールナイトニッポン』のリスナー)であり、『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』の後枠に『オードリーのオールナイトニッポン』が放送されていること、髙地さんがレギュラー出演している『スクール革命!』(日本テレビ系)で春日さんと共演していることで注目が集まりました。

その際、田中さんが「リスナーを"リトルストーン"と呼びたい」と春日さんに伝えたところ無事に許可を得ることに成功し、以降リスナーは"リトルストーン"と呼ばれています。

また毎週火曜の『オールナイトニッポン0(ZERO)』を担当しているCreepy Nutsとも縁が深いことで知られています。グループの中でラップを担当している田中さんはで、Creepy Nutsのファンであることを公言。さらに『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』のオープニング曲はDJ松永さんが制作しています。

田中さんが「Creepy Nutsに会いたい」と言い続けた結果、2021年4月24日(日)にCreepy Nutsがゲスト出演し、念願の共演を果たしました。当日は田中さんと髙地さんがパーソナリティを務め、グループの曲を紹介・解説する「SixTONESとCreepy Nutsの楽曲紹介」という企画を実施。音楽に関する真面目な話と4名のハイテンショントークが絶妙なバランスで盛り上がりました。

2年連続で『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』パーソナリティに就任

SixTONESは、2020年に先輩グループのKis-My-Ft2と共に、ニッポン放送のクリスマス恒例企画『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』のパーソナリティを担当。グループの垣根を越えて、番組史上最多となる13名で24時間を駆け抜けました。

2021年は、2年連続かつ単独でメインパーソナリティを務めることが決定しました。2018年から3年連続で同番組を盛り上げてきたKis-My-Ft2からバトンを受け継ぎ、SixTONESがどのように番組を盛り上げるのか、期待が高まります!

スピッツ、松村北斗、チャンカワイ、マキタスポーツ…劇場版『きのう何食べた?』出演者のラジオ番組

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

ryuchell、森友嵐士と”愛”を語る!!

ラジオ日本『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は5月28日(土)、6月4日(土)の2週にわたり、モデルでタレントのryuchellをゲストに迎える。

2001年10月1日から放送を開始した『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は、T-BOLANのヴォーカル森友嵐士がみんなに夢と勇気を届けるレディオ・プログラム。音楽についてはもちろん、森友嵐士が他ではなかなか聞けない身近な話や熱いメッセージを発信する。

今回のゲスト出演は、ryuchellがT-BOLANの大ファンでライブを見に行ったことをTwitterに投稿したことがきっかけ。5月28日(土)の放送で初めて対面。本来T-BOLAN世代ではないはずの、1995年生まれのryuchellがファンになったきっかけを語るほか「森友嵐士と一緒に聴きたいT-BOLANの曲 ベスト3」を発表する。ryuchellが「T-BOLAN愛」をあますところなく披露する。

また、翌週6月4日(土)の放送では、二人がともに大切にしているキーワードである「愛」についてじっくりと語り合う。いつからこの想いを意識するようになったのか、何かきっかけがあったのか。ほか、ryuchellの出身地、沖縄についても触れる。沖縄のいいところ、好きなところから、基地問題や沖縄返還50年まで、何を感じているか、さらにロシアのウクライナ侵攻についても交え、今この時代に思うことをryuchellが大いに語る。

Facebook

ページトップへ