全国各地で放送中! クイズが楽しめるラジオ番組【前編】

ラジオ番組のクイズコーナーで正解を当てるのは至難の技です。番組によって違いますが、電話で受け付けるクイズだと、大抵は電話が繋がりません。メールで受け付けるものでも、アーティストのオリジナルグッズだと倍率が上がります。

中には、問題自体が難しいものも……。今回は聴いて楽しい、当たるとなお嬉しい、クイズ企画のある番組の中から一部を紹介します。

TBC東北放送『Goodモーニング松尾です』

日替わりコーナー「あさから!」(6時45分頃放送)の水曜日は音楽クイズです。カバー曲(時にはオリジナル曲)を聴いて誰が歌っているのかを当てるというものですが、これが意外と難しい!

ちなみに、ある放送回の答えは「東京キッド」を歌う松山千春さん、「禁煙日記」を歌う大木凡人さん(オリジナル曲。これは難しい!  当てた人はTBSラジオ『コサキンDEワオ!』を聴いていた人……かも)でした。

■放送日時:月曜日〜水曜日 6時30分〜9時

ニッポン放送『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』

番組のエンディングで行われる名物コーナー「クイズ ワダオネア」。

その日のアッコさんの発言を元に4択クイズが出題されます。あらかじめ応募した人の中から1名にスタジオから電話をして、正解すると1万円がプレゼントされます。簡単……かと思いきや、「聴いていたけど、忘れた」「ちょうど、その部分を聴いていなかった」というリスナーも多く、意外にもハズす人が多いです。応募した時は、メモをとりながら聴いた方が良いかもしれません。

■放送日時:毎週土日曜 11時〜13時

TOKYO FM『やまだひさしのラジアンリミテッドF』

アーティストが生まれて初めて自分で買ったCDを当てる3択クイズコーナー「クイズ!はじめてのチューン(TUNE)♪」。当たると、アーティストのグッズなどがプレゼントされます。

また、友達2人とパーソナリティのやまだひさしさんの3名を電話でつないで、ある質問に対する答えを一斉に答えて、3人が揃えばビッグなプレゼントがもらえる「シェアハピ!同時-T!」のコーナーもあります。

聴いているだけでも楽しく、やまだひさしさんのアニキ的なトークが金曜の深夜を盛り上げます。

■放送日時:毎週金曜日 25時〜29時

 J-WAVE『GOOVE LINE Z』

17時40分頃から放送される「MINMINDAHA QUIZ MASTER」は、あるアーティストに関する3つのエピソードの中から“ホント”のエピソードを選ぶクイズです。

この番組はエピソードの拾い方と問題の作り方が非常にうまくて、「それが答えだったの!?」と引っかかることもしばしば(私が引っかかりやすいだけかもしれませんが……)。

また、違うバージョンのクイズの日もあり、ユニークな音源をかけて、歌っている人を当てるクイズもあります。例えば、ある日の放送では「能登の夜叉」という曲を流して、歌っている人を当てるクイズでしたが、正解はアパホテル社長の元谷芙美子さんでした。これは超難問!

■放送日時:月曜日〜木曜日 16時30分〜20時

NACK5『FUNKY FRIDAY』

放送開始24年、小林克也さんがパーソナリティを務めるNACK5の名物番組です。

9時間の放送中、随所にクイズコーナーがあるのですが、中でも難問なのが音楽クイズ「銀座カン! カン! クイズ」。その日によってクイズの内容が異なり、ある回は「恋のマイアヒ」の「マ」の部分だけを他のアーティストの曲に変えてあり、そのアーティストの名前と、使われている曲名を答えるという問題でした。分かった人はすぐに電話を!

「面接クイズ!」は、クイズというよりも小林克也さんが聞いてくるさまざまな質問に即答するというもの。質問内容は「今、何をしてますか?」「何をしている時が楽しいですか?」といった素朴な質問で、リアクションが良かった人にプレゼントが贈られるという変わった企画です。

15時台の「ソーロークイズ!」はメールで応募。一番最初に正解のメールを送った人にプレゼントが贈られます。答えを書いたメールの語尾に「〜〜にてソーロー」と書くのがお約束です。コーナーが始まる前に、あらかじめ答え以外の部分(連絡先)を書いておき、分かったらすぐに答えを書いて送れるような体制をとっておくのがポイントです。

■放送日時:毎週金曜日 9時〜17時55分

FMヨコハマ『メラタデサンデー』

『メラタデサンデー』も1993年にスタートした長寿番組。パーソナリティは、フジテレビ「発表! 日本ものまね大賞」で、「馬が駆けていく時の音まね」などのマイクパフォーマンスを披露していたケント・フリックさんです。(分かる人は昭和っ子かも)

「なぞなぞ電話!ひらめきました!」は難問が多いのですが、答えが分かった人はすぐにスタジオに電話を! 「Happy Telephone」は、曲を聴いて曲名を当てるクイズです。挑戦したい人は事前に電話で応募をしましょう。ケント・フリックさんのテンションが終始高めで、聴いているだけで日曜の午前中が一層楽しくなる番組です。

■放送日時:毎週日曜日 10時〜12時

CRT栃木放送『ココロ晴れルヤ!』

8時10分頃から放送される「栃木県民クイズ」。

これほど分かりやすいタイトルも珍しいほどのクイズコーナーです。栃木県に関する3択問題が出題され、正解者の中から1名に季節の花の鉢植えが送られます。私のように県外の出身者には難問です……。

■月曜日〜金曜日 5時〜8時55分

KNBラジオ『でるラジ小学校 ラジオでビバ!クイズDX』

富山県民にはおなじみのクイズ番組です。毎回、富山県内の小学校から放送しています。

以前はテレビで放送されていましたが、現在は平日の昼のラジオ番組『でるラジ』で水曜日に生放送されています。

「小学校の3大ニュース紹介」、「ビバ!クイズ」、「児童からのリクエスト曲」で構成されているのですが、最初はガッチガチに緊張していた子どもたちが、クイズが始まった途端にはしゃぐ姿は、なんとも微笑ましいものがあります。お姉さん(大沢綾子さん)のリアクションも要チェック。

■放送日時: 毎週日曜日 8時30分〜9時

MROラジオ『長田哲也のあさ*ダッシュ!』

番組内で、火曜日から金曜日の10時35分頃から放送されている「兼六園どっから来たが〜?!」。

兼六園を訪れている観光客に、生中継でインタビューして、ヒントを元にその人がどの都道府県から訪れたかをリスナーが電話で当てるクイズコーナーです。難易度はヒント次第で、これが結構難しいです……。とある回の放送では、大学生が出演していて「大学の隣に付属の病院があります」とのヒントが。さすがにこれは難しいのではと思っていたら、一人目のリスナーが当てました! 当てた本人は勘で答えたそうで、当たってビックリしていました。当たるとクオカードがプレゼントされます。(この日の正解は長野県 信州大学の学生でした)

■放送日時:月曜日〜金曜日 7時〜11時

MROラジオ『おいね☆どいね』

14時45分頃から放送されている「鼻歌DON」。

鼻歌を歌うのは、その日の担当のアナウンサーですが、アナウンサーによって難易度が全く変わります。中でも木曜担当の谷川恵一アナウンサーが出題する時は、やや難問……かも。

■放送日時:火曜日〜金曜日 13時〜16時25分

SBCラジオ『坂ちゃんのずくだせえぶりでぃ』

20170314092257

10時40分頃から放送される「歌声喫茶 この続き唄ってクイズ!」。

文字通り、流れた曲の途切れた部分から、その続きを電話で歌ってもらいます。イントロクイズよりも、答えがわかりやすいかもしれませんね。

歌詞を間違えずに歌えると「ずくだせ手ぬぐい」をプレゼントされます。歌がうまくないと、“坂ちゃん”こと、パーソナリティの坂橋克明さんに「あまり、うまくないね(笑)」と言われてしまうこともありますが、そこはご愛嬌です(笑)。※毎回、参加条件(長野県以外の人、一度も当たったことがない人など)があり、放送回によって異なるので注意が必要です。

■放送日時: 月曜日〜金曜日 9時5分〜12時54分

ーーー続きは後編で!

 

この記事を書いた人

YMgrdfKa
やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ