『ダレハナ』放送500回記念!山崎怜奈インタビュー「好きなんですよね、ラジオが。」

2020年10月にスタートしたTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(通称:『ダレハナ』)が、2023年4月6日に放送500回を迎えました。radiko(ラジコ)では、パーソナリティ・山崎怜奈さんに『ダレハナ』開始からの振り返りや自身の変化、そのほか現在レギュラー出演しているラジオ番組のこと、今後の展望についてお聞きしました。

宇多田ヒカル『何色でもない花』が2位! 今年は6年ぶりの全国ツアーも【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』で、Ariana Grandeの『yes, and?』が5週連続1位を獲得した。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア回数、Billboard JAPAN協力の各音楽ストリーミングサービス、ダウンロード、動画再生回数、CDセールス、SNSのポスト回数をポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは2月25日(日)付のチャートを紹介!

10位:離婚伝説『あらわれないで』

彼らのライブでは定番となっていた、ファンのあいだでは「ライブでしか聴けない曲」が音源化されてリリースされたもの。ちなみに離婚伝説は3月20日(水)に同曲も収録された1stアルバム『離婚伝説』をリリースする。

9位:Justin Timberlake『Selfish』

先週の3位から大きく6ポイントダウンで9位に。先日Instagramで体調不良のため、金曜日の夜に予定していたロンドン公演の中止を報告したJustin Timberlakeだが、どうやらインフルエンザだった模様。4月からはバンクーバーを皮切りに北米を回るツアーがスタート。さらに7月からのヨーロッパ・ツアーも先日追加された。

8位:新東京『さんざめく』

ギタリストがいない4人組の新東京。先日リリースした1stフルアルバム『NEO TOKYO METRO』から『さんざめく』が今週8位にチャートインした。新東京は全国6都市を回るワンマンツアーがスタートしており、東京は3月20日、新宿LIQUIDROOMにて実施となる。

7位:Creepy Nuts『Bling-Bang-Bang-Born』

引き続きサブスク、ダウンロードのポイントを圧倒的に稼ぎ、エントリー5週目にして先週から1ポイントアップで今週は7位に。なおCreepy Nutsはワンマンツアーが2月京都からスタート。東京は6月15日(土)、16日(日)国立代々木競技場第一体育館で実施する。

6位:Wavedash & Madeon『All Ur Luv(ft. Toro y Moi)』

オンエアが好調で先週から19ポイントアップで6位に。テキサス出身のDJトリオWavedashとフランスのDJプロデューサーMadeonがToro y Moiをフィーチャーしたこの曲の制作風景がMadeonのX(旧Twitter)でアップされており、Madeonがギターやキーボードを弾く様子を見ることができる。

5位:Norah Jones『Running』

先週までは3週連続2位をキープしていたが今週は3ポイントダウンで5位に。9枚目となるオリジナルアルバム『Visions』を3月8日(金)にリリースするNorah。2月23日にはアルバムから新たな先行シングル『Staring at the Wall』もリリースされた。

4位:TWICE『I GOT YOU(Feat. Lauv)』

2023年3月にリリースした『SET ME FREE』以来となる全編英語詞の『I GOT YOU』。Lauvをフィーチャーしたリミックス効果もあり先週から9ポイントアップで一気にトップ10入りを果たした。

3位:Erika de Casier『Lucky』

先週から1ポイントアップ。エントリー5週目にしてついにトップ3入り。2月21日に『Lucky』も収録された3枚目のアルバム『Still』をリリースしたErika de Casier。アルバムにはShygirlやBlood Orangeなども参加している。なお彼女はこの夏、フジロックフェスティバルへの出演も発表された。

2位:宇多田ヒカル『何色でもない花』

初登場で最も高い位置にチャートインしたHigh Power Debut曲に。同曲は現在放送中のテレビドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系)のために書き下ろされた。なお宇多田ヒカルは2023年12月にデビュー25周年を迎え、今年4月にベストアルバム『SCIENCE FICTION』をリリース。7月からは6年ぶりとなる全国ツアーを開催する。

1位:Ariana Grande『yes, and?』

見事5週連続ナンバーワンを獲得。Arianaにとってこの曲『yes, and?』は『TOKIO HOT 100』で6曲目の1位となるが、5週連続ナンバーワンは2018年にヒットした『no tears left to cry』以来2度目。最近では2021年11月Taylor Swift『Anti-Hero』が同じく5週連続ナンバーワンだった。ちなみに『TOKIO HOT 100』の長い歴史のなかでは、1993年のWhitney Houstonの『I Will Always Love You』、そして2005年のMadonnaの『Hung Up』が記録した11週連続ナンバーワンという記録がある。

1位:Ariana Grande『yes, and?』
2位:宇多田ヒカル『何色でもない花』
3位:Erika de Casier『Lucky』
4位:TWICE『I GOT YOU(Feat. Lauv)』
5位:Norah Jones『Running』
6位:Wavedash & Madeon『All Ur Luv(ft. Toro y Moi)』
7位:Creepy Nuts『Bling-Bang-Bang-Born』
8位:新東京『さんざめく』
9位:Justin Timberlake『Selfish』
10位:離婚伝説『あらわれないで』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

Facebook

ページトップへ