運命の日は10月25日(木)「2018年プロ野球ドラフト会議」 ラジオ中継はニッポン放送で!

若手選手と球団の運命を決める「プロ野球ドラフト会議」が、10月25日(木)に開催されます。(開始予定は17時)

ニッポン放送では、会場となるグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールの特設ブース内から、ドラフト会議の模様を生中継!

彼らの未来はどの球団に託されるのか? 普段とは異なる、球団同士の熱い戦いをお聴き逃しなく!

目次

  1. ドラフト会議とは?
  2. 2018年の注目選手
  3. 番組概要

ドラフト会議とは?

「ドラフト会議(正式名称:新人選手選択会議)」は、日本野球機構(NPB)が開催する各球団の新人選手獲得のために行われる会議のこと。各球団が選手を指名し、選手との希望がマッチすれば入団となります。

進行は、1巡目は入札抽選、2巡目は選択式の早い者勝ち、3巡目は球団順位、それ以降は交互に折り返して……という流れ。

入札抽選とは、全球団が同時に選手を指名し、重複した場合は抽選を行うというもの。抽選に外れた球団は、再度入札抽選を行い全球団の選手が確定するまで繰り返します。ちなみに抽選の順番は、球団順位の逆で行なう「ウェーバー方式」です。

2巡目以降は、抽選は行わず「ウェーバー方式」と反対の「逆ウェーバー方式」で指名。球団が選択終了を宣言、もしくは指名選手の合計が120人に到達した時点で終了します。

終了した時点で選択された選手が合計120名に達していない場合は、希望球団のみが参加する「育成ドラフト」が行われます。1球団70名の上限を超えて「育成枠」として育てる選手を獲得するための会議で、“今後の活躍が期待できる選手”を指名するものです。育成枠といえど、プロと同じ環境で鍛えられ頭角を現す選手も出てくるため、こちらも要注目です。

2018年の注目選手

高校生枠で最も注目を集めているのは、金足農業高校の吉田輝星さんではないでしょうか。自己最速152キロをマーク、今年の甲子園では準優勝に貢献し、大きな話題を呼びました。10月10日(水)にプロ志望届を提出し、多くの球団が1位指名することが予想されます。本人は、好きな球団として巨人をあげているそうですが、巨人側は大阪桐蔭の根尾昂さんの1位指名が最有力。11球団との面談を終えている吉田さん、一体どの球団に行くのでしょうか?

次にご紹介するのは、東洋大学の甲斐野央さん。自己最速159キロもの剛球を投げられる投手です。甲子園出場経験はないのですが、大学ではその右腕を武器に目覚ましい活躍を見せているので要注目。また、同じ東洋大の上茶谷大河さん梅津晃大さんも上位候補にあがっているとの声もあり、大学としての強さもうかがえます。

社会人枠では、最速152キロを誇る本格派の右腕・齋藤友貴哉さん(Honda)も見逃せません。桐蔭横浜大時代から注目を集めていましたが、卒業時のドラフトで惜しくも指名漏れ。しかし社会人として活躍してきており、実績や実力、プロへの意欲をアップして挑む今年は上位指名が期待されています。

各球団の今後の行く末を占う大切なドラフト会議。今年はどのようなドラマを見せてくれるのでしょうか?

番組概要

■番組名『ショウアップナイタースペシャル 2018ドラフト会議』
■放送局:ニッポン放送
■放送日時:10月25日(木) 17時~18時
■実況:煙山光紀(ニッポン放送)
■ゲスト:菊地高弘 (スポーツライター)
■番組サイト:https://baseballking.jp/showup

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ