「天皇賞(秋)」2021! 秋の競馬中継はラジコで聴こう

古馬最高の栄誉をかけて争われる「天皇賞(秋)」が、10月31日(日)に東京競馬場で開催されます。"秋の中距離ナンバーワン決定戦"を制するのはどの馬なのか? ラジコで中継をお楽しみください。

「天皇賞・秋」とは?

天皇賞・春と並び、古馬最高の栄誉を懸けて争われる長い歴史と伝統を誇る競走です。「秋天」と表記されるほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜される事から、「秋の盾」と呼ばれる事もあります。現在はジャパンカップ・有馬記念とともに、"秋古馬三冠"のレースとして位置付けられています。

前身は、1905年から開催されていた「エンペラーズカップ」と「帝室御賞典」。1938年に春・秋による年2回の施行に改められ、春の競走を阪神競馬場(旧・鳴尾競馬場)で施行しました。戦争による中断を挟んで、1947年春に「平和賞」の名前で復活、同年秋より現在の「天皇賞」に改称し、春は京都競馬場、秋は東京競馬場で開催される事になりました。

長年、春・秋ともに「5歳(現4歳)以上・芝3200m」の競争条件で行われていましたが、1984年に秋が距離を2000mに短縮、1987年に出走資格を「4歳(現3歳)以上」へと変更。以降、天皇賞・春は「4歳以上のステイヤー日本一決定戦」、天皇賞・秋は「3歳以上の中距離ナンバー1決定戦」と性格がそれぞれ明確に分けられています。

舞台となる東京競馬場・芝2000mのコースは、第1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、第2コーナーまでの距離も100m強と短いため、スタート直後の先行争いが見どころの一つとなっています。最終コーナーでは高低差2.0mの上り坂が待ち構えており、レース前半を器用に立ち回る能力、坂を上った後にゴール前で再び速い末脚を発揮するタフさが要求されます。

「天皇賞(秋)」注目馬は?

ここまでGI5勝と輝かしい実績を持つグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。前走の安田記念では2着に敗れたものの、タイム差なしと好走を見せました。2000mに初挑戦した春の大阪杯は4着でしたが、不得手な重馬場だった事もあり、良馬場の東京コースでは力強い末脚に期待かかります。スプリント、マイルに続く3階級制覇に向けて準備は万全です。

昨年、無敗でクラシック三冠を制したコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、年内での現役引退を表明。ジャパンカップ、大阪杯と直近2戦で連敗を喫し、今回が巻き返しの舞台となります。枠順も1枠1番と、幾度となく結果を残してきた内枠に決定。ジャパンカップを含めて残り2戦、三冠馬の底力を見せつけます。

今年の皐月賞を制したエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)は、豪華メンバーが揃う中で唯一の3歳馬。距離適性を考慮して菊花賞を見送り、秋の初戦は古馬が集う天皇賞・秋にターゲットを絞りました。キャリア初の敗戦を喫した日本ダービーと同じ舞台でもある東京競馬場で、2002年のシンボリクリスエス以来19年ぶりの3歳馬Vを目指します。

「天皇賞(秋)」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜 9時30分~16時35分
出演者:長谷川仁志、佐藤直文、境和樹
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:来栖正之(MBSアナウンサー)、河本光正(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、奥村麻衣子、青木行雄、丹羽崇彰
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、武田英子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

中国、海外メーカーへの規制強化を検討 上念司氏は「日本で作っちゃえばいいんですよ」と提案

中国政府が日本を含めた外国のオフィス機器メーカーに対し、複合機などの設計や製造の全工程を中国国内で行うよう定める新たな規制を導入する方針である、と読売新聞が報じた。7月1日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、このニュースについて月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と寺島尚正アナウンサーが議論を展開した。

設計・開発を中国で行えば「技術流出のおそれあり」

中国の政府機関である国家市場監督管理総局は「情報セキュリティー技術オフィス設備安全規範」の名称で策定を進めており、対象となる設備は「主に印刷、スキャン、ファクス、コピーの一つ以上の機能を持つ機器」と具体的に例示。
オフィス設備を構成する重要部品として「メイン制御チップ、レーザースキャン部品、コンデンサー、電気抵抗器、モーター」を列挙し、中国国内で設計・製造するよう強調している。

複合機の中枢を構成する部品には機微技術が集中しており、その中には軍事転用可能な技術も含まれている。この動きについて上念氏は、米中関係の緊張が影響していると分析した。

「もうなりふり構わずやってきましたね。中国の(他国の)技術を盗む活動もだいぶアメリカによって封じられてきています。日本でも経済安全保障推進法が通りましたし、そういう意味で中国も厳しくなってきたんだと思います。下手すると、中国国内から組み立て工場が逃げちゃうかもしれませんよ」(上念氏)

現在、日米などのメーカーは、最も重要なノウハウが集中する設計・開発は自国で、製造・組み立てはコストの低い中国国内の工場で行っている。
メーカー関係者は「中国国内で設計・開発をすれば、その過程で技術が盗られる可能性は高い。すぐに中国メーカーに模倣され、我々の競争力は失われる」という危機感を示している。

寺島アナはこの点に関して「これ、技術を盗んだらサヨウナラって可能性もありますよね」と尋ねると、上念氏は「可能性はありますよね」と応じたうえで、円安を利用した製造工程の国内回帰の可能性に言及した。

「日本で作った方が安いってことになれば、日本で作っちゃえばいいんですよ(略)。日本の各自治体がものすごいお金をかけて作った工業団地がまだスカスカですよね。そういうところに連れてきちゃえばいいんじゃないですか? このまま円安定着で、日本の輸出産業大復活で。すでに高炉メーカーが復活しつつあるというか、絶好調みたいですよ」(上念氏)

Facebook

ページトップへ