関西のレコードショップ、イベンターによる音楽シーン大予想座談会(前編)

FM802『MIDNIGHT GARAGE』の毎年年始恒例企画「音楽シーン大予想座談会」。

関西のレコードショップやイベンターの皆さんと昨年の音楽シーン振り返りと今年の音楽シーン予想を座談会形式でお話ししています。
今年も、FLAKE RECORDS DAWAさん、HOLIDAY RECORDS 植野さん、タワレコ梅田NU茶屋町店 浦野さん、キョードー大阪 神戸さんをお迎えしました。

1月18日、1月25日の2週にわたって座談会の模様をオンエアしていきます。
まずは18日の放送で、2020年の振り返りから。

 

ネット界隈で支持を得るアーティストが多かった2020年

DAWA:ライブは中止や延期が相次ぎ、大きなアーティストたちは発売延期になることもありましたが、自由に動けるアーティストたちに関しては、YouTubeで音源を発表したり、宅録したり、カバーを公開したり発信の量はかなりあって、キャッチし切れていない、という印象。 

浦野:タワレコは、4月の初めから1か月半ほどお店を閉めていて、そんなの初めてでしたね。
5月ごろリリース予定だったものが7月にかわったり、発売中止になったり、という対応もありましたし、お店での展開がない分、その間はオンライン販売にお店から商品出荷の対応をしたり、という今までにない仕事をしましたね。

植野:HOLIDAY! RECORDSは、もともとライブハウスで普段活動するようなアーティストの自主盤を販売するのが主なので、昨年はライブハウスでライブができない状況で、ライブでのCD発売ができないから、CDを作らないという状況になり販売するCDが減った感じがしました。

神戸:ライブが止まってすさまじい1年でした。振り返るとあっという間でしたね。
夏明けに久しぶりにイベントでライブを見たときには、しびれましたね。仕事で毎週のようにライブの現場に行ってこれまで当たり前になってしまっていましたが、久しぶりに見て「やっぱこれやな!」と思いました。

昨年は、ライブができなかった分、TikTokやSNSなどのネット界隈で支持を得たアーティストが多かったと感じました。瑛人YOASOBIRin音、とか。その前の年は、Official髭男dismKing Gnuなどが盛り上がりましたが、イメージががらっと大きく変わった2020年だと感じました。

DAWA:今名前の挙がったアーティストたちはライブもあまりしていないですもんね。

浦野:ネットで上がったものが拡散されるときに、有名な人がリツイートしたりという今までにもあった形の拡散は、引き続き広がる要素ではありますが、それに加えてSNSのフォロワー数の多い音楽アカウントが取り上げることでぐっと広がる速さがはやいというのを感じました。
SNSの強さを余計に感じましたね。
インスタで分かりやすく「こんな夜に聞きたい曲」とかまとめているアカウントとか、インディーズアーティスト応援している一般の方のアカウントとか。とっかかりのない人たちにとって的を得たセレクトになっているんでしょうね。見せ方や発信がうまいSNSアカウント(主にInstagram)からの広がりを感じましたね。

植野:YouTubeやTikTokにも同様のことをしている人いますね。昨年TikTokを始めてみましたが、時間が溶けていきますね(笑)TikTokからヒットが生まれる時代の始まりの1年だったと感じましたね。

浦野:HOLIDAY! RECORDSのアカウントがあるんですか?

植野:あります…!(笑)踊っているわけじゃないですよ!(笑)

DAWA:これまで僕らは検索して音楽を見つけていましたが、それがちょっと変わった感じしますね。たとえば居酒屋でも、インスタで写真を見て見つける、という人たちが増えてきて、写真のみの情報で「おいしそう!」とお店を見つける、というのをききますが、インスタで音楽をみつけるのもそれと同様で切り口が全然違いますね。人脈も関係ないし、アルバムが何枚目、とか、新人とか関係ないし。
その分消費が早いのかな、と飽きるのが早いのかもしれないな、とは感じます。物語を知って好きになるのとは違って、思い入れを持てないのかもしれないな、と。
 

植野:ただ、即効性はすごいですよね。TikTok内でのヒット曲をしょっちゅう聞くことになるので、気づいたら口ずさんでいる、というような。

浦野:動画にオレンジスパイニクラブがBGMとして流れている、とか、ですよね。

植野:イントロが短くて歌詞が直接的で、サビが強い、みたいなのは特徴ですね。

土井:出会い方が変わったというのは、単純に媒体が変わった、というだけではないんですね。脳のどこに入り込むか、みたいなところも違いますね。

DAWA:昨年は発信する人も増えたんじゃないですかね。素人さん、というか、ミュージシャンではない人が。

植野:TikTok内の弾き語りをアップしているアーティスト志望の人が話題になったり、みたいなこともありますもんね。

DAWA:アーティスト発掘を仕事にしている人たちもTik Tockチェックしているみたいですね。才能がある人がたくさんいるみたいです。

浦野:ここで話題に挙げている頃には、もうTikTokではない別の媒体になっていっている可能性もありますよね(笑)

土井:TikTokは出会いの場になっているんですね~

DAWA:音楽に利益をもたらしているとは思いますね。次元は違うかもしれませんが。

 

30代たちがSubway Daydreamにキュンとしている…?


土井:2020年個人的によく聴いていた曲を教えてもらえますか?

DAWA:R4という大阪のバンドがいて、彼らはまだ1・2曲発表したぐらいなんですがバンドのスタジオ練習ができない期間に、ソロで宅録で作ったという曲をもらって、これが衝撃的でよく聴きましたね。
ボーカルHiroki Arimuraのソロ・プロジェクトnon albiniです

 non albini 「Kyoto feat. Lil Soft Tennis」

DAWA:彼は高校時代にFLAKEによく出入りしていて、当時は面識なかったのですが、その後イギリスに留学していて、帰ってきてから紹介してもらったアーティストで、本人から音源をもらって、昨年カセットでリリースしました。ビデオも個人で作ってましたね。
個人的にSpotifyで去年一番再生した曲がこれですね。

浦野:フィーチャリングのLil Soft Tennisは、昨年の座談会でDAWAさんが名前をあげてましたよね。

植野:浦野さんともかぶっていますが、Subway Daydream「Twilight」

植野:イントロがThe Cure の 「Friday I'm In Love」を思わせるようなフレーズで、全体的にギターポップ感があるバンドで好きです。ほとんどこのバンドもライブができていないですね。でも曲がアップされてそれが話題になって、という感じですね。

DAWA:Subway Daydreamはうちでも取り扱っています。

浦野:ライブはまだ2回ぐらいだと思いますね。
珍しいですね。おそらく音源を出した時にはまだライブを1回もやっていなくて。音源が出てそれで一気に我々やお客さんたちも知る、という広がり方今までなかったような気がしますね。

DAWA:バンド名もいいですよね。(笑)昨年この座談会で紹介したLaura day romanceと似た位置にいる感じがしますね。

神戸:声がすごくいいですよね。浦野さんと植野さんにSubway Daydreamを教えてもらって一度聴いてめちゃくちゃ気に入りましたね。

浦野:30代ぐらいの人が10代のころに聴いていた音楽に近いところがあるんですかね。懐かしさと、「今やってくれてありがとう」みたいな感じがありますね。ちゃんとキラキラ感もあるし。

DAWA:ちゃんとギターポップですもんね。

 

土井:私が去年出会えてよかったなと思っているのは、碧海祐人(おおみまさと)さんですね。
不思議な魅力のある人ですね。パソコンで音を作るのと、ギターを弾くのが並列というか、どちらかではなく、どちらも使って作る、というのがショックでしたね。言葉の選び方も難しくて、面白いですね。

神戸:メロディーも絶妙ですよね。

植野:HOLIDAY! RECORDSでも扱っていました。

土井:Vaundyが出てきたぐらいのインパクトがありました。

神戸:大阪で一度昨年ライブをしましたが、想像していた以上にいい声で仕上がってましたね。

 

ラップとJ-POPの境目がなくなり、ラッパーとシンガーソングライターやバンドとのコラボもたくさんあった2020年

土井:歌とラップの境目がないものって増えていますかね?

神戸:多くなった印象ですね。
2019年もこの座談会で植野さんがクボタカイとか紹介していたと思いますが、HIP HOPとJ-POPの境目がなくなってきたなというのと、昨年はコラボが多かったですね。
KID FRESINOカネコアヤノとか、BIMNo Busesとか、空音クリープハイプとか、今まで予想しなかった組み合わせがありましたね。

DAWA:HIP HOP界隈はもともとコラボがめちゃくちゃ多いですが、バンドとかシンガーソングライターとのコラボが多かったかもしれないですね。
BIMNo Busesめちゃくちゃよかったですね。それこそ、実際に会わずにリモートでトラックのやり取りして、というこの時期ならではの作り方があったのかもしれないですね。

土井:海外ではこれまでも多かった作り方ですよね。日本でももっと自由にできればいいのに、と思っていました。

DAWA:確かに海外はもともと距離が離れていたり、1曲を作るのにトラックを作る人、サビだけを作る人、サウンドメイクする人と何人も関わって曲を作ることが確立されているから珍しいことではないのかもしれないですね。
バンドで一発どりする美学とはまた別の。このコロナ禍で、日本でもマネージメントの縛りとかが少し緩くなってきた、 みたいな可能性もありますね。

植野:コラボすることで、サブスクでの表示で名前が2つになるからサブスク上で存在感を出しやすいというメリットもありそうです。

土井:確かに。サブスクで出会って、コラボレーション相手の楽曲を聴くようになることってありますよね。

DAWA:簡単に飛べますしね。狙ってやるものではないですけど。


座談会前編はここまで。
2020年を振り返ってお話しいただきました。次回1月25日の『MIDNIGHT GARAGE』では、座談会の後編をオンエア。2021年注目したいアーティストについてお話していきます。
メモ必須の放送になること間違いなし。ぜひお楽しみに!

MIDNIGHT GARAGE
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜 24時00分~24時00分
番組ホームページ
公式Instagram

※該当回の聴取期間は終了しました。

いよいよ今夜コスタリカ戦! 了戒美子 現地カタールより直前レポート

 

 ドイツ戦勝利で日本中が盛り上がってきたFIFAワールドカップカタール大会。日本の第2戦コスタリカ戦は日本時間今夜午後7時から。日本が勝って、スペインドイツ戦の結果次第で決勝トーナメント進出が決まります。

 文化放送では大会期間中、現地カタールで取材するドイツ在住のサッカージャーナリスト了戒美子さんが随時レポート。

 今回は日本に敗戦したドイツ、対戦相手のコスタリカ、そして日本の試合前日記者会見の様子です。

 

 

第2戦コスタリカ戦がまもなくです。初戦でスペインに0-7で敗れているコスタリカですが、W杯北中米カリブ予選を4位ではありますがストレートで勝ち抜け3大会連続でW杯に出場する国ですから決して侮って良い相手ではありません。ただ、1次リーグ最終戦にスペイン戦が控えていることを考えるとやはり勝っておきたいことに間違いはありません。

 

ところで、試合前日というのは「前日記者会見」というものが行われます。各国監督と選手1名以上の登壇がFIFA義務付けられており、30分という枠が設けられています。監督と選手は同時に登壇してもよいし、順番に15分ずつなどでも良いことになっています。初戦で日本に負けたドイツはこの前日会見に選手を登壇させず、フリック監督一人のみで会見を行うといういわば奇行にでました。ドイツの練習場は会見場から100キロほど離れており、選手のコンディションを考えてのことだそう。とはいえ、今大会で試合前日会見をここの会見場で行うということはかなり早い段階から決まっており、どこの国もしっかり義務を果たしていることを考えるとドイツの行動は批判されても仕方ありません。FIFAから何らかの、おそらくは金銭的な、制裁が降ることは間違い無いですがドイツの主要スポーツ雑誌であるキッカー誌(名前はキッカーですがサッカー専門誌ではないのです)では「あまりにも無礼だ」と、対外的な影響の面から批判しています。ドイツ人といえば、生真面目で時間やルールにきちんとした人たちという印象がありますが、こんなこともするのだと現地在住の私ですら思いました。それだけスペイン戦に必死なのでしょうけど、ちょっと行きすぎかなと思います。

 

 

当然ではありますが日本も会見を行いました。初戦前日は森保一監督と吉田麻也主将、この日のコスタリカ戦前日会見は監督と遠藤航選手が登壇しました。会見は良い雰囲気で穏やかそのもの、穏やか過ぎてやや眠気を誘われてしまいました(申し訳ございません)。

 

森保監督は会見で「明日のベスト(メンバーで)と考えている。1試合目の疲労も考えて組みたい」と話しました。言葉だけ見ると少しわかりにくいですが、要するにメンバーの入れ替えを行う可能性が高い、という意味です。サッカーでは通常、勝った試合の後は極力メンバーを変更しないものです。森保監督も昨年の東京五輪を見てもわかる通り信頼している選手はほとんど変更しません。ですが今回は、酒井宏樹選手が「現実的には難しい」と話しており、冨安健洋選手も「出るかもしれないし出ないかもしれない」とすっきりしません。すっきりしない場合は「出ない、出られない」と解釈して構わないでしょう。出られるのであれば「頑張りたい」などと話すものです。

この守備の実力者二人が不在と考えて先発を予想すると、GK権田、DF右から山根視来、板倉滉、吉田、長友佑都、中盤に遠藤、守田英正、鎌田大地、前線に右から伊東純也、上田綺世、久保健英となるのではないでしょうか。システムは4-2-3-1か4-3-3、どちらでも対応できるメンバーです。試合中に展開次第で3バックに変える可能性はありますが、立ち上がりは4バックでしょう。最終ラインでは長友を右SBにまわし、左に伊藤洋輝という考え方もあります。ただ伊藤は所属チームでは3バックの左でプレーしておりサイドバックとしては6月にテストもしましたが、少し難しそう。中盤には攻撃的なロングパスを得意とする柴崎岳も可能性がありますが、守田を試しておきたいでしょう。前線は好調!堂安律選手をという考え方もできますが、途中からでもいけるでしょう。また、前線中央にはドイツ戦の前田大然の出来不出来の問題ではなく、プレスをかけるタイプよりはボールを収めるタイプのほうがよさそうです。コスタリカは、スペイン戦では4-4-2で最終ラインと中盤は守備的に引いてきました。ですが時間とともに攻めざるを得なくなるはずですから、タイミングを見逃さず攻撃しなくてはなりません。守備的な相手を苦手とする日本ですが、どうにかこじ開け、逆にカウンターを警戒して勝ち点3を手に入れたいところです。

 

前日記者会見ですが、もちろんコスタリカも行いました。こちらは、ケンケンガクガクと言いますが、記者たちからルイス・フェルナンド・スアレス監督とジョエル・キャンベル選手は袋叩き状態。なぜスペインにあんな負け方をしたのか、次の試合は勝てるのかと。興奮気味のキャンベル選手は「勝てるかどうかは先の話なのでしたくない。ベストを尽くす。日本だってそうだろう」と強い口調で返していました。なかなか激しくて面白い記者会見でした。

 

日本としては、一番良いのはスペイン戦の前に決着をつけることで、その次にドイツがスペインを下したとしても勝ち点6同士で突破争いの第3戦を戦うこと。コスタリカ戦は気の抜けない戦いになりそうです。

 

 

 

Text&Photo

了戒美子 Yoshiko Ryokai

映像制作会社勤務からサッカー取材を開始。五輪は2008年北京五輪、W杯は2010南ア大会から現地で取材。2011年からドイツに拠点を移し、ブンデスリーグ、ヨーロッパで活躍する日本人選手を精力的に取材し、雑誌、新聞、WEB、ラジオなど媒体を問わず活躍中。

Facebook

ページトップへ