2022年の音楽シーンには「90年代」がキーワード?!音楽シーン大予想座談会2週目オンエア

FM802「MIDNIGHT GARAGE」は2月のマンスリー企画として毎年恒例の「音楽シーン大予想座談会」を毎週オンエアしていきます。

メンバーは昨年までと同じく、関西のレコードショップ、イベンターの中から、FLAKE RECORDS DAWAさん/ HOLIDAY RECORDS 植野さん/タワレコNU茶屋町店邦楽バイヤー 浦野さん / キョードー大阪 神戸さんの4名とDJ土井コマキで。

前回、2021年によく聴いた楽曲を振り返りましたが、2月14日の放送では「2022年音楽シーン大予想座談会」2週目。今週から、今年の活躍を期待するアーティストの話に展開していきます。

1週目の放送の内容はこちら

 

2022年に注目したいアーティスト①

土井:今年気になる、注目したいアーティストを教えてください。まずはDAWAさん。

DAWA:誰かとかぶるかなとも思ったんですけど鋭児ですね。バンド名はおじいちゃんの名前らしいです。

土井:へ~そうだったんですね!(笑)

DAWA:最初のデモからうちの店で取り扱っています。最初のころは英語表記の「AGE」でしたが、2枚目からは漢字表記の名前になっていますね。初の大阪でのライブがMINAMI WHEELで、その時にはお店にも来てくれました。大阪2回目のライブを見に行って衝撃的でした。それ以降のライブも大阪のライブはすべて見ています。すごいです。音源は自主で出していて、もちろんそこにもポテンシャルを感じますが、ライブが音源の100倍ぐらいいいですね。ここ数年で一番すごいんじゃないかと思っている子たちですね。King Gnuぐらい行くんじゃないかな~と思っています。今年嫌でも名前を聴くようになると思います。

土井:FM802界隈でも気にしている人が多いです。

DAWA:ライブを見たらだれもが引き込まれると思いますよ、キャラも立っていて。

土井:「音よりライブがいいバンド」、って久しぶりな感じですね。

DAWA:そうですね、全員めっちゃうまいですし。キーボードの子はうちの店の通販も利用してくれていたみたいです。

土井:植野さんはいかがでしょうか?

植野:みらんというアーティストですね。兵庫県在住のシンガーソングライターで、1999年生まれ。フォークが基調になっているような楽曲です。一番いいなと思っているのは本人のキャラクター、人自体の魅力ですね。カネコアヤノとか柴田聡子とか好きな人には特に届いてほしいなと思いますが、フォロワー的な魅力だけにとどまらない感じがあります。彼女がどんな映画が好きなんだろう、どんな音楽が好きなんだろう、というところまで気にさせるような人の魅力もありますし、歌詞も面白いです。

土井:歌詞面白いですよね。どんな人なんだろう、と私も思っています。

植野:人当たりが良くて、優しい人なんですが、不思議な雰囲気がありますね。

浦野:人としての魅力「どんな人なんだろう」と思わせる空気をまとっているのがすごいですね。植野さんの話を共感しながら聴いてました。(笑)

土井:みらんは気になる存在だなと思っています。「MIDNIGHT GARAGE」も。

植野:情報的なことを補足すると映画「愛なのに」の主題歌を担当していて、曽我部恵一さんプロデュースで、そことのつながりもあります。そういう意味でも楽しみなアーティストだなと思っていますね。

土井:浦野さんの2022年に期待したいアーティストは?

浦野:気になっている人、毎年この企画の時に決まって女性ボーカルバンドを紹介しているんですが、今年は岡山の3ピースバンドでUNFAIR RULEっていうバンドに特に注目していますね。THE HELLO WATERという他のバンドでドラムをたたいている子がギターボーカルをしていて、UNFAIR RULEでは作詞作曲もしていてとても器用な子です。歌詞とかは淡い感じで、日常のことを歌っていて、きっと10代や20代中盤ぐらいの人がきっと「わかる!わかる!」と思うような歌詞だなと思います。そこを妙に懐かしく感じたりしますね。17歳でこれだけのソングライティングとセンスがあるのでこれからどんなバンドになっていくか、楽しみです。

土井:浦野さんは日常を歌ったいるのが魅力的なアーティストがお好きですよね。

浦野:自分とリンクしている感じ、というか、自分がアーティストじゃなくても近づける感じがするのでいいなと思っていますね。

土井:神戸さんはどうでしょうか。

神戸:僕はChilli Beans.という3人組のガールズバンドに注目しています。かっこいいバンドで、今もう人気は出はじめていますが、大阪では去年のMINAMI WHEELで初めてライブをしまして、早々に入場規制もかかったり盛り上がったんですが、ライブを見て度肝を抜かれましたね。当時東京でのライブもまだ数回しかしたことがなかったんですが、それなのにお客さんの巻き込み方がすごいなと思いました。特にあおったりしなくてもライブの力でお客さんを盛り上げている、巻き込んでいるという感じでした。初めて見るはずの大阪のお客さんも手を挙げていて、見ていて気持ちよかったですね。3人ともシンガーソングライターで全員歌えて楽曲も作れるのが大きな魅力ですね。RED HOT CHILI PEPPERSやTHE 1975が好き、と言っていたり、邦楽の若手バンドたちも影響を受けていたり。今年もっと乗っていきそうな予感がありますね。

土井:FM802でも「lemonade」かなりかかってますね。

DAWA:僕もイベントで一緒になりましたね。キャッチ―ですよね。

土井:FM802的にも注目している感じですね。ラジオフレンドリーな感じがします。

2022年に注目したいアーティスト②

土井:ほかに気になるアーティストいる方!

植野:僕なんかが言わなくても、という感じかもしれませんが… ego apartmentですね。先週も少し話しましたが、CDを出さない、配信リリースしかしないアーティストが最近増えていて、接点はないのですがリスナーとして「NEXT 2 U」という曲がかっこいいなと思いました。エレクトロっぽいわけでもなく、この曲に限っては温かみも感じますし、そのバランスがいいなと思います。この曲みんな好きでしょ、って思いますね(笑)

DAWA:ちょっとトレンドっぽいところもありますよね。このファンクっぽいのとかジャズっぽいのをミックスしている感じとか。器用な感じがありますよね。ライブはまだ見たことがないんですが。

土井:器用なんだろうな、って思いますよね。1回ゲストに来てもらったことがあるのですが、全然力が入っていなくて、音楽に対してリラックスしているという印象を受けました。

植野:へ~素晴らしいですね。

土井:どうなっていくんだろうな、って思いますね。大阪だっていうのがびっくりですよね。FM802に自転車で来たって言ってましたよ。近所にスタジオがあるとか。

植野:海外のSpotifyのプレイリストにもたくさん入っているんですよ。すごいなと思って。

DAWA:海外は勝手に見つけられたら一瞬で行く、っていう感じがありますよね。狙ってもなかなかできないけど、急に爆発する感じというか。何のきっかけか、急にどこかの国でだけ再生数がバーンと伸びたりとかもありますね。この2年ぐらい日本の番組が海外で見つかることが多い気がします。コロナ禍で海外にライブしに行けていないので、この状況が明けたらどうなるんだろう、と思いますね。

土井:見られていない分、待っている人の熱が高まっているかもしれないですね。

DAWA:ゆるい感じが好きなアーティスト紹介しますね。THEティバという女の子二人組です。ギターとドラムの音だけでローファイな感じでやっているんですが曲がめちゃくちゃよくて。ライブを初めて見させてもらってめっちゃ好きになりましたね。90年代の機材はよくなくてもガレージで演奏していて光るメロディーを持っているバンドみたいなことを天然でやっている感じがして。世代的にこういうオルタナが好きだというのもあって、その中でも抜けているな、という感じがしますね。

土井:「90年代」というワードが今年の座談会はたくさん出てきますね。

DAWA:多分、振り返りやすいんだと思います。80年代では古すぎて00年代では最近過ぎて。

ちょうど30年たって振り返りやすいんじゃないですかね。

20周年・30周年のリバイバルリリースが多いんですが、今年でいうと30年前が1992年ですが、oasisあたりが出てきたのが1994年とかなので、そのあたりのころの25周年や30周年の周年版が再発売でリリースされて、それを若い子も聴く、みたいな。

植野:面白いですね。oasisの30年前がTHE BEATLESですしね。

DAWA:レコード屋あるあるなんですけど、レコードは再発売が多くて。カタログビジネスなのでレコーディング費用をかけずにすでにあるものを、20周年や30周年で記念盤として発売することが多いんですよ。

昨年Nirvana「Nevermind」が30周年、METALLICA「Metallica」(通称ブラック・アルバム)も30周年でそれぞれ再発リリースされたり。わざわざ周年で古いものを掘り起こすんですよ。メディアもそれが売れるのであおるじゃないですか、それを若い子が聞いて、初めて知ったりとか。

植野:最近の若い子レコードで買いますしね。記念盤とかが目に付くんですかね。

DAWA:気になったらYouTube見たり、サブスクですぐに聞ける時代ですし。ちょうど今カート・コバーンが好きな若者とか増えたような気がしますね。

土井:そのころにあこがれていた世代も喜んで聞いたり、私たちも周年でラジオでかけたりしますしね。

DAWA:それを自然に耳にした若者が影響を改めて受けることありますよね。

神戸:いい仕組みですね。(笑)

土井:そうやって30年たっても色あせない音楽たちがそうやって聴き継がれていくんですね。

植野:とは言え、それに影響を受けた今の若者が作る音楽は、新しいことをやっていてそのころの音楽そのものではないから僕らも楽しめますね。

DAWA:今のフィルターはいっていますからね。(sic)boyもヒップホップのビートやトラップの要素が混ざっていますもんね。

土井:なるほど~THEティバ気になりますね。では神戸さんも2022年の期待アーティストお願いできますか?

神戸:YAMORIというアーティストが気になっています。昨年向井太一の楽曲にフィーチャリングで参加していて。男性1人で作詞作曲はもちろんのこと、トランペットが吹けたり、ビートボックスでは大会で入賞経験もあったり。声がすごくいいです。TENDREに近いような優しい声の感じ、というか。ジャンルは違いますが藤井風感も感じますね。いでたちも。めっちゃかっこよくて、1回ライブを見てみたいですね。

土井:音源チェックしてみます!

毎年恒例の「音楽シーン大予想座談会」を今年は2月に毎週オンエアしていきます。
21日24:00~の放送回では3週目をお届け。ぜひ毎週チェックしてくださいね!

MIDNIGHT GARAGE
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜 24時00分~27時00分
出演者:土井コマキ

※該当回の聴取期間は終了しました。

いよいよ今夜コスタリカ戦! 了戒美子 現地カタールより直前レポート

 

 ドイツ戦勝利で日本中が盛り上がってきたFIFAワールドカップカタール大会。日本の第2戦コスタリカ戦は日本時間今夜午後7時から。日本が勝って、スペインドイツ戦の結果次第で決勝トーナメント進出が決まります。

 文化放送では大会期間中、現地カタールで取材するドイツ在住のサッカージャーナリスト了戒美子さんが随時レポート。

 今回は日本に敗戦したドイツ、対戦相手のコスタリカ、そして日本の試合前日記者会見の様子です。

 

 

第2戦コスタリカ戦がまもなくです。初戦でスペインに0-7で敗れているコスタリカですが、W杯北中米カリブ予選を4位ではありますがストレートで勝ち抜け3大会連続でW杯に出場する国ですから決して侮って良い相手ではありません。ただ、1次リーグ最終戦にスペイン戦が控えていることを考えるとやはり勝っておきたいことに間違いはありません。

 

ところで、試合前日というのは「前日記者会見」というものが行われます。各国監督と選手1名以上の登壇がFIFA義務付けられており、30分という枠が設けられています。監督と選手は同時に登壇してもよいし、順番に15分ずつなどでも良いことになっています。初戦で日本に負けたドイツはこの前日会見に選手を登壇させず、フリック監督一人のみで会見を行うといういわば奇行にでました。ドイツの練習場は会見場から100キロほど離れており、選手のコンディションを考えてのことだそう。とはいえ、今大会で試合前日会見をここの会見場で行うということはかなり早い段階から決まっており、どこの国もしっかり義務を果たしていることを考えるとドイツの行動は批判されても仕方ありません。FIFAから何らかの、おそらくは金銭的な、制裁が降ることは間違い無いですがドイツの主要スポーツ雑誌であるキッカー誌(名前はキッカーですがサッカー専門誌ではないのです)では「あまりにも無礼だ」と、対外的な影響の面から批判しています。ドイツ人といえば、生真面目で時間やルールにきちんとした人たちという印象がありますが、こんなこともするのだと現地在住の私ですら思いました。それだけスペイン戦に必死なのでしょうけど、ちょっと行きすぎかなと思います。

 

 

当然ではありますが日本も会見を行いました。初戦前日は森保一監督と吉田麻也主将、この日のコスタリカ戦前日会見は監督と遠藤航選手が登壇しました。会見は良い雰囲気で穏やかそのもの、穏やか過ぎてやや眠気を誘われてしまいました(申し訳ございません)。

 

森保監督は会見で「明日のベスト(メンバーで)と考えている。1試合目の疲労も考えて組みたい」と話しました。言葉だけ見ると少しわかりにくいですが、要するにメンバーの入れ替えを行う可能性が高い、という意味です。サッカーでは通常、勝った試合の後は極力メンバーを変更しないものです。森保監督も昨年の東京五輪を見てもわかる通り信頼している選手はほとんど変更しません。ですが今回は、酒井宏樹選手が「現実的には難しい」と話しており、冨安健洋選手も「出るかもしれないし出ないかもしれない」とすっきりしません。すっきりしない場合は「出ない、出られない」と解釈して構わないでしょう。出られるのであれば「頑張りたい」などと話すものです。

この守備の実力者二人が不在と考えて先発を予想すると、GK権田、DF右から山根視来、板倉滉、吉田、長友佑都、中盤に遠藤、守田英正、鎌田大地、前線に右から伊東純也、上田綺世、久保健英となるのではないでしょうか。システムは4-2-3-1か4-3-3、どちらでも対応できるメンバーです。試合中に展開次第で3バックに変える可能性はありますが、立ち上がりは4バックでしょう。最終ラインでは長友を右SBにまわし、左に伊藤洋輝という考え方もあります。ただ伊藤は所属チームでは3バックの左でプレーしておりサイドバックとしては6月にテストもしましたが、少し難しそう。中盤には攻撃的なロングパスを得意とする柴崎岳も可能性がありますが、守田を試しておきたいでしょう。前線は好調!堂安律選手をという考え方もできますが、途中からでもいけるでしょう。また、前線中央にはドイツ戦の前田大然の出来不出来の問題ではなく、プレスをかけるタイプよりはボールを収めるタイプのほうがよさそうです。コスタリカは、スペイン戦では4-4-2で最終ラインと中盤は守備的に引いてきました。ですが時間とともに攻めざるを得なくなるはずですから、タイミングを見逃さず攻撃しなくてはなりません。守備的な相手を苦手とする日本ですが、どうにかこじ開け、逆にカウンターを警戒して勝ち点3を手に入れたいところです。

 

前日記者会見ですが、もちろんコスタリカも行いました。こちらは、ケンケンガクガクと言いますが、記者たちからルイス・フェルナンド・スアレス監督とジョエル・キャンベル選手は袋叩き状態。なぜスペインにあんな負け方をしたのか、次の試合は勝てるのかと。興奮気味のキャンベル選手は「勝てるかどうかは先の話なのでしたくない。ベストを尽くす。日本だってそうだろう」と強い口調で返していました。なかなか激しくて面白い記者会見でした。

 

日本としては、一番良いのはスペイン戦の前に決着をつけることで、その次にドイツがスペインを下したとしても勝ち点6同士で突破争いの第3戦を戦うこと。コスタリカ戦は気の抜けない戦いになりそうです。

 

 

 

Text&Photo

了戒美子 Yoshiko Ryokai

映像制作会社勤務からサッカー取材を開始。五輪は2008年北京五輪、W杯は2010南ア大会から現地で取材。2011年からドイツに拠点を移し、ブンデスリーグ、ヨーロッパで活躍する日本人選手を精力的に取材し、雑誌、新聞、WEB、ラジオなど媒体を問わず活躍中。

Facebook

ページトップへ