ラジオで共演した際にミルクボーイ駒場が目の当たりにした宇野ひろみのプロの腕前とは『ミルクボーイの火曜日やないか!』

ABCラジオでは6月12日からの1週間、豪華ゲストとプレゼント企画でスペシャルな1週間をお届けする「ABCラジオ交流戦ウィーク」をお送りしている。

『ミルクボーイの火曜日やないか!』6月13日の放送では、『兵動大樹のほわ~っとエエ感じ。』でお馴染みの宇野ひろみ氏をゲストに迎え、トークを繰り広げた。

はじめにABCラジオとのこれまでの繋がりと現在出演している番組について語った。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

宇野:事務所に所属したのが1990年と言うともう34年目?ですよね。ABCラジオは1998年4月からお世話になってるんですけど。

内海:最初は何やったんですか?

宇野:最初は『羽川英樹のHONKY TALK』という番組で、元読売テレビアナウンサーの羽川英樹さんがフリーになられて、番組を持たれたんです。その番組のアシスタントでオーディションを(受け)させていただいたんです。それで選んでもらって。そこからABCさんとお付き合いをさせてもらって。で、私これちょっと自慢なんですけどその1998年4月から現在まで1クールたりともABCラジオを途切れていないんです。

全員:えぇ?! すごい。

宇野:普通は1クールや2クールあいて、また次宇野ひろみに…というのがあるけども、私いっこも空いてないんです。

駒場:何かが終わったらすぐ始まって。

宇野:すぐ何かをいただいて。私誰かの弱みを握ってるんかくらいの(笑)

内海:誰ですか?(笑)番組が終わったとしても宇野さんの次はまた決まった上で、という。

宇野:番組が終わる、次始まる。宇野さん、じゃ次こっちやります?こっちもありますよ、みたいな。だからABCラジオさんとはお付き合いが深くて。

内海:毎週通ってるということですか。

宇野:帯の時もあったし、週1で今は来てますけど。だってこの『ほわ~っとエエ感じ。』も14年目ですからね。

澤田:それもすごいですね。番組として。

宇野:兵動さんとも「こんなに続くと思わんかったよな」と。最初は5年目指して頑張ろうって。

内海:そういう話もされたんですか?

宇野:うん、そんな真面目な感じじゃないけど、どれだけいけるかって話をした時にあまり欲張ってもあかんので、でもあまり短すぎても嫌やから5年くらいかなぁって感じで。で、ちょっとずつ伸ばしていって。

駒場:最初って2人ですか?兵動さんと宇野さんと、今やったらあやつるぽんがいてるじゃないですか。

宇野:そこは、マジシャンの小泉エリちゃん。

駒場:小泉さんが14年前のスタートですか。

宇野:小泉エリちゃんがスタートの時に入って、エリちゃんが代わってあやつるぽんちゃんになったんです。

駒場:あやつる(ぽん)も長なっているということですね。

宇野:あやつるぽんちゃんで7年目くらい。

澤田:うわ~すごいですね。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

さらに話題は2022年11月にABCラジオで放送した特別番組『全員大阪芸大やないか!ミルクボーイの同窓会ラジオ!』で共演した時の話に。その時に目の当たりにしたラジオパーソナリティとしての宇野ひろみの凄さについて駒場が打ち明けた。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

駒場:それこそ、芸大ラジオさせてもらったときの宇野さんのカフの上げ方、スコーンっていうのめっちゃかっこよかったですけどね。俺めっちゃかっこいいと思いましたよ。

宇野:どんな!? 縦にシュッと上げるだけですよ?

駒場:このレバーの上げ下げ、なんかスコーンと、すごいスナップでパーンと上げてパーンと下ろすみたいな。

内海:電車やったらやばいよ。急ブレーキも急ブレーキ。

全員:笑

駒場:ほんでここ切っとくんや! とか。細かいこの作業をパンパンパーンと上下しはるんやというのがめっちゃ面白くて。

澤田:勉強のために拝見したいくらいです。

宇野:そんなにカンカンやってないで!?

駒場:いやでも無意識だと思うんですよ。

宇野:あれやっとかないと自分も咳が出るときとか、兵動さんも無意識に変な声を出すときがあるんですよ。

駒場:なんですかそれ!?

宇野:喋る前に「フン…」みたいないうから、それも気になるんで切ったりはしますけど。

内海:えぇ!? ほな兵動さんがこの時にフンっていうのが分かるんですか?

宇野:なんか来そうやなっていうのが。

澤田:いやでもこれを生放送で出来るっていうのはやっぱり長年ずっとされているからですね。

宇野:14年やってるからやっぱり癖になってるんですね。そろそろフン来るみたいなね。読めちゃうのかもしれない。でも自然でそこはあんまり考えてないです。

駒場:だから思ってないということですよね、無意識というか。でも初めて見たとき思いましたよ、カフ裁き。スコンスコンって。

宇野:そんなとこ褒められたの嬉しい、はじめて。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

その後も番組で話すことをどのように決めて当日を迎えているのか、さらにはPodcastの話題にまで質問が展開。

長きにわたってABCラジオの番組で喋り続ける宇野ひろみ氏へのインタビューの様子はradikoタイムフリー(6月20日28:59まで)で聴くことができる。

ミルクボーイの火曜日やないか!
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週火曜 12時00分~15時00分
番組ホームページ

ゲスト:宇野ひろみさん

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

日向坂46高本彩花 佐々木美玲の家に泊まり続けていた過去を明かす「みーぱんの家は安心感がすごくある」「長居しちゃう」

日向坂46の佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!」(毎週金曜 11:30~11:55)。この番組は、ランチ前に「ほっ」とするような“癒やし”の時間をお届けすることを目指していますが、たまに(?)脱線してしまう番組です。5月24日(金)の放送は、ゲストに日向坂46からの卒業を発表している一期生の高本彩花さんが登場! ここでは、佐々木美玲家で起こったエピソードを語り合っていました。


日向坂46の佐々木美玲と高本彩花


佐々木:私と彩は同じ一期生なんですけど、たぶん一緒にいる時間が一番長いと思うんだよね。

高本:確かに! みーぱんのお家にめっちゃ泊まっていたよね(笑)?

佐々木:泊まってた(笑)!

高本:昔は本当にみんな、ずっと入り浸ってたもんね。みーぱんのお家って、すごく居心地が良いし“泊まっていいよ”って全部受け入れてくれるというか、安心感がすごくあるんだよ。

佐々木:それ、めっちゃ言われる(笑)。

高本:だから、長居しちゃう(笑)。懐かしい~。

佐々木:それでさ、私が飼っていた犬がいて、私は「くま」って名前を付けたのに違う名前で呼んでさ(笑)。

高本:ハハハ(笑)。

佐々木:まだ飼い始めたばかりで、本人もまだ名前を覚えていない頃だったから「違う名前で呼ぶのをやめて!」って、ずっと言ってた(笑)。

高本:それは、みーぱんが不在で、としちゃん(加藤史帆さん)と私でくまの子守りみたいなことをしていた時間があって、としちゃんが(違う名前で)ずっと呼んでいたのよ(笑)。

佐々木:(笑)。でも今は、ちゃんと“くま”って覚えてくれたから良かった。それこそ、くまを一緒に見に行ったのも彩なんですよ。

高本:そうだね! 一緒に行ったわ。

佐々木:あとは韓国旅行も行ったり、それぐらい本当に一緒にいる時間が長いから……。

高本:確かに! 思い返してみればそうだね。

佐々木:思い返さないでちゃんと覚えていて(笑)。

----------------------------------------------------
5月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月1日(土) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!
パーソナリティ:日向坂46(佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花)
放送日時:毎週金曜 11:30~11:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hitoiki/

Facebook

ページトップへ