高橋優・石橋貴明らが登場!番組にメールを送るとJCB旅行券3万円分が当たる「bayfmスペシャル・ウイーク」

高橋優・石橋貴明他登場!番組にメールを送るとJCB旅行券3万円分が当たる!! ©bayfm

10月25日(日)までbayfmは、スペシャル・ウイーク開催中!

10月で開局31周年!大事なのは感謝と恩返し!リスナーの皆さまに感謝の気持ちを込めて、bayfmから「恩返し」です!

各番組で、スペシャル企画をお届けするのはもちろん!対象番組にメールを送るだけで自動エントリー!

土日の朝はレジェンド・DJ TSUYOSHIによる最高のスペシャルノンストップミックス でお届けする『OCEAN TRIBE』

©bayfm

サーファーかつ“GOLD FINGER”の異名を持つDJ TSUYOSHIによる、海を愛するすべての人たち=Sea Loversにお届けする、マリンスポーツプログラム『OCEAN TRIBE』。

DJ TSUYOSHIによる大人気生DJ MIXコーナー「GOOD WAVE JAM」。スペシャルウイークではこのコーナーの特別編を余すことなくお届け!ゴールドフィンガーで紡がれる、ここでしか聞けない、スペシャルなミックス体験をシェアします!

土曜朝、東日本大震災を機にスタートした復興支援プログラムで被災地の現状を知る。『HEARTLUCK』

©bayfm

「同じ空の下、心をひとつにつながろうニッポン」をテーマに掲げ、環境問題から地域の活性、被災地の復興まで千葉県から笑顔のアクションで、日本全国へ元気をお届け!被災地の復興情報はもちろん、災害時のお役立ち情報などもお届けしていきます。

土曜午後1時からは『COUNTDOWN RADIO』カウントダウンだけが魅力じゃない。NY最新情報や注目の洋楽特集を独自視点でお届け。

©bayfm

SHAZAM、Spotify、Tower Records, and Metacritic・・・“今”を映し出す4つの音楽情報ソースを元に多彩な最新洋楽チャートをリアルタイム・カウントダウン!今もっともアツい洋楽が凝縮された2時間をご堪能あれ!アナタにとって今一番フェイバリットな洋楽ナンバーもメールでシェアしてね!!

高橋優さんがゲストに登場。「リコーダーと謎の楽器でイントロ当てクイズ」に応募してAmazonギフト券も当たる『 KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL』。

©bayfm

最新オリコン&ビルボードジャパンのヒット曲や、すぐに使えるアーティストの「ちなみに情報」が丸わかりの邦楽カウントダウン番組。

10月24日(土)はイントロ当てクイズが実りの秋のグレードアップ!「リコーダーと謎の楽器」でベイエリアの音楽センスをパトロール!アマゾンギフト券1万円分を抽選で3名様にプレゼント!さらに!ゲストに高橋優さんが登場、が情熱カウントダウン!

「ドはまりリアル」と「超ちなみに情報リアル」とは何だ!?
 

“FM RADIOの代名詞”ケイ グラントが番組初回メニューをスペシャル再現する土曜夜8時からの『低音レディオ』。

©bayfm

「番組まるっとタイムマシーン?Back to The Begin?」と題し、番組スタートから4年半が過ぎた2020年10月、あらためて「低音レディオ」の原点である2016年4月の第1回放送メニューをこの日、スペシャル再現。現在の選曲よりもかなりキャッチーだった初々しい「低音レディオ」のテイストを披露。番組スタート当時に関する質問メールを事前告知で募集。振り返り的トークを含みつつ、「低音レディオ」が歩んできた最高の土曜日ナイト体験をシェアします。
 

アクティブな日曜日を過ごすヒントが盛りだくさん。菖蒲理乃がお届けする『SUNDAY STEPPER』。

©bayfm

旅行やアウトドア真っ只中の朝に、スイッチをオンにして動き始める朝に。さまざまなシーンで新たなステップを踏み出す日曜日の朝に、心地よい音楽とアクティブなヒントを菖蒲理乃がお届け。STEPPERなあなたを応援します!

吉田照美がリスナーと共に「とんねるず」を語る!さらに石橋貴明ご本人降臨!日曜午前中は『TERUMI de SUNDAY!』

©bayfm

日曜の朝に吉田照美と中村愛が1週間のスポーツ&エンタメ、音楽情報をあれこれ気ままに掘り下げトーク!いつも疲れと凝りをやんわりほぐし、最高の日曜日を届けするプログラム。

10月25日(日)は楽しくリスナーと語り遊ぶ2時間「テルサン 秋のリスナー感謝祭り」。9時台の音楽の時間はとんねるず特集!一世風靡したTV番組「夕やけニャンニャン」の司会を担当してた吉田照美が今だから言える舞台裏を激白。さらにこの特集を受け、今、YouTuberとしてお暴れのとんねるずの”石橋貴明さん”が番組のどこかで生登場!

10時台の「テルサン調査隊 ちょっと深掘りトレンド通信」では、秋にぴったりな話題をお届け。さらに、11時台ラブ中村さんが、世界で起きたちょっと奇想天外なニュースを楽しくお伝えする「ラブ中村のワールドアイアイ」では、ラジオネーム祭りと題して、世界に一つだけのラジオネームをつけまくります。

日曜午後、たまには思いっきり泣いてリラックス&リセットしよう!帆足由美と快適な日曜午後を。『BAYSIDE FREEWAY』

©bayfm

ドラマや映画の名シーン、動物動画、号泣必至の名曲等々、おもいっきり泣けちゃう「号泣」エピソードを大特集。涙の数だけストレス解消して明日のポジティブにつなげていきます。DJ帆足由美が今の千葉を紹介する「由美の駅」では「GO TOトラベル地域共通クーポンキャンペーン&号泣(GO KYU)キャンペーン」をスタートした銚子電鉄の竹本社長にインタビュー!ポジティブなアイディアで厳しい経営状態を乗り越えようとする竹本社長に学びます!

ワンタッチで応募可能な特設サイトはこちら

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ