bayfm×ぐるっと千葉連動記事「島ちゃんのぐるり千葉さんぽ」~NO.9.八街編~

ぐるっと千葉連動記事「島ちゃんのぐるり千葉さんぽ」~NO.8.芝山町編~ ©bayfm

地域ブランドの「八街産落花生」が全国的に有名な八街市!

©bayfm

このコーナーでは、ベイエフエムDJの“島ちゃん”こと島村幸男さんが、県内の見所スポットを紹介しています!

訪れたのは、地域ブランドの「八街産落花生」が全国的に有名な八街市です。

「落花生は誰もが知るところなので、今回はよりディープな八街を案内しちゃいますよ」と島ちゃん。

 まずは県内に増えてきたというワインぶどう園を見学。

続いてプロ御用達の農園付き音楽スタジオを訪れ、ランチは昨年オープンながら、瞬く間に人気となったラーメン店へ!最後は自家茶園で栽培するお茶屋で、八街の希少在来種のお茶をまったりと…。“

落花生だけじゃない”、本当の八街の魅力に迫る散歩になりました。

山本ぶどう園(Vent Vin Vineyardヴァンヴァンヴィンヤード)

©bayfm

最初に訪れたのは、県内でも有数のワインぶどう生産農園である「山本ぶどう園」へ。

160アール(2000㎡)の土地にマスカットベリーA、シャルドネ、甲州などの品種を育てています。

「ぶどう園へは取材で何度か来たことがあるけど、ここは千葉県産ワインでは指折りの農園だよね」と島ちゃん。

案内してくれたのは、農園代表の山本さん。

「10年前に最初の苗木を植えて、年ごとに徐々に拡大してここまで広くなりました。祖父からの土地をブドウ畑にするにあたり、最初は軽い気持ちで取り組みましたが、これが思ったより大変でした」

手間もさることながら、苗木から収穫までは3~4年かかるそうで、収入面でも大変だったそう。

それでも今は飲食店を中心に広く販売展開しており、一般でも一部は酒屋で購入できるとのこと。

「僕は赤ワインが大好きなんで、今日見たマスカットベリーAも赤ワイン用。これは飲みたくなるね~」>/span>とまだ熟しきれてないぶどうを見ながら、島ちゃんもワクワクです。

さらにワイナリーも近く竣工するとのことで、建設中の建物を見学。

山本さんによると、製造加工するだけでなく、ここでの販売も始めるのだとか。

「絶対買いに来たい! 新しいワイナリー、完成が楽しみです」

深澤製茶園

©bayfm

お腹もいっぱいになり、最後に訪れたのは1949年創業の老舗「深澤製茶園」です。

自家茶園で栽培した茶葉を、店舗裏の工場で加工し販売しています。

店内にはほうじ茶や粉茶をはじめ、地元定番の「八街茶」(1,080円)、「特上くき茶」(756円)などのほか、希少在来種の特上「やちまたかおり」(756円)などが並んでいます。

「いつもお茶は自分で淹れて、うちの毎朝のルーティンになっています」と島ちゃん。

店頭ではご主人の深澤さんが、どのお茶にすべきか迷ったときにレクチャーしてくれます。

「お茶だけ楽しみたいとき、和菓子に添えたいとき、中華料理のような食事に合わせたいとき、または健康を考えたときなど、シーンによっておすすめのお茶があるので、お気軽にお尋ねください」

島ちゃんは店内にある茶器にも関心がある様子。

「僕も陶芸をするので、急須を自分で焼いたこともあります。でもプロが作るものはやっぱり触った感触から違うし、お茶を注ぐ角度も計算されているんだよね。お茶の世界は奥深い!」

夏の暑い散歩も本日はこれにて終了。

深澤さんが試飲に出してくれた冷茶を頂きながら、いいクールダウンができました!

農園付き音楽スタジオ Why Nuts?(ワイナッツ)

©bayfm

続いては、農園付き音楽スタジオという、まさに島ちゃん向けのスポットへ!

こちらは「食と音」をコンセプトにした音楽スタジオで、自然に囲まれた中で音楽を生み出しながら作物を育てるという、まさに“LIVE体験”のできる場所です。

田園風景のなかに忽然と現れる瀟洒な建物で、中に入ると広々としたホールにグランドピアノがズラリと並び、各国の貴重な楽器もあります。

「バンド時代にはいろんなリゾートスタジオに行ったけど、ここの設備には度肝を抜かれたね~」と島ちゃん。

「ここならドラムの音もきれいに録れそう!」と、4つの録音ブースをくまなく回っていました。

自然あふれる静かな環境なので、都会のスタジオではどうしても入ってしまうノイズも、ここなら問題ないのだとか。また通常はプロ向けのスタジオですが、月1回「オープンデイ」として、デモレコーディングや演奏会などのイベントを、一般開放して行っているそうです。

「こんな自然豊かな環境の中で、創作の素晴らしさを皆で共有できるなんて理想的だね」

またスタジオの外には様々な農作物が栽培されており、これらは周辺の方々と共有しながら、それぞれ好きな野菜などを育てているのだとか。

「地域の方とコミュニケーションの場をつくりながら、食と音のクリエイティブな活動で生み出されるものは、きっと他にないものになるだろうね」と、島ちゃんも感慨深げでした!

元祖 肉玉そば 越智

©bayfm

農園をめぐってそろそろランチタイム。続いては2020年7月にオープンした「元祖 肉玉そば 越智」へ!

メインメニューは、店名にもなっている「肉玉そば」(並盛・930円)です。

“日本一ご飯がすすむラーメン”がコンセプトである通り、そのアレンジは様々。

ご飯にラーメンの肉玉を載せてミニ丼にしたり、スープにご飯を投入したラーメンおじやなど、工夫次第で美味しさ倍増で、そのアレンジ方法が店内にも案内されています。

「カロリー高いけど、残ったスープにご飯の投入ってやっちゃうんだよね~」と島ちゃん。

そうそう、これが一番ダシが効いてて美味しいんですよね!

「スープは鳥・豚・牛の三獣による当店ならではのもので、特に牛からは甘みが出て味わい深くなります。また麺は北海道産小麦の「春よ恋」のほかに、タピオカ粉を入れることでモチモチ感を出しています」

と話すのは、店長の越智さん。

島ちゃんも一口食べて、「スープは濃い目なんだけど、しつこさがない。麺に味がしみ込んで美味しい!」と驚いています。

さらに店舗入口にある自動販売機で、肉玉そばのテイクアウトセットを買いこともできます。

越智さんによると、この販売方法は千葉でここ以外ではまず見ないシステムだそう。

コロナでお店に入りにくい方や、開店時間に来られない時でも、24時間販売なのでいつでも人気ラーメンを食べることができて、便利ですね!

取材を終えて・・・

©bayfm

八街といえばやっぱり落花生ですよね。

あとは「八埃(やちぼこり)」のような、独特の気候とか…。

僕も今回訪れるまでそんな印象だったんだけど、訪れてみると自然豊かな八街ならではの、この土地柄を生かした業種がたくさんあり、驚きの連続でした。

建設中のぶどう園のワイナリーも完成したら絶対行きたいし、肉玉そばの味もクセになるな~。

歩くほどに街中で発見があり、また来たくなるのが八街なんですね。

©bayfm

取材・文/喜多 雅明 撮影/織本 知之

ぐるっと千葉とは…「千葉県が大好きです!」千葉県生粋のイベント情報誌。千葉・房総の旬な情報が満載です。

「地元・千葉県のことをもっと知りたい! 体験したい!」。そんな声に答える一冊、それが「ぐるっと千葉」です。千葉県唯一のイベント情報誌として、エリア別とジャンル別でさまざまなお出かけ情報を掲載しています。さらに千葉を知り尽くしたライター陣による連載や、お花見・花火・温泉などの季節定番をはじめ、旬の情報を掘り尽く

過去の連載はこちらから!

The BAY☆LINE
放送局:bayfm78
放送日時:毎週月曜・水曜 17時20分~17時40分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

「すべてをデジタル化しようとする人は嫌い」Instagramを日本に広めた長瀬次英が考える“デジタル戦略”とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。1月15日(土)の放送は、株式会社Wellness Me CEOの長瀬次英(ながせ・つぐひで)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)長瀬次英さん、笹川友里


長瀬さんは、通信事業会社、外資広告代理店などを経てFacebook Japanに参画。2014年にInstagramの初代日本事業代表責任者に就任し、日本におけるInstagramの収益モデルを確立。その後、ロレアル日本法人で初代CDO(最高デジタル責任者)に就任し、「CDO of the Year 2017」を受賞。

その後、エンターテインメント会社LDH JAPANの執行役員兼CDOなどを務め、2019年には自身の会社を中心にパラレルキャリア&ワーキングを遂行し、2021年にウエルネス事業の会社、株式会社Wellness MEを共同代表で設立。同時に、TOKYO FMのチーフデジタルプロデューサーも務めています。

◆Instagramを日本に広めるために…

日本でInstagramをローンチした際に、責任者として手腕を発揮した長瀬さん。「まずは多くの人に使ってもらうためにも、入念に戦略を立てた」と振り返ります。Instagramはテキストよりも写真や動画など視覚的・直感的にアピールするコンテンツが中心とあって、「写真(を撮るの)がうまい人を先に取り込んだほうがいいので、写真家やモデル、ブランドなど、きれいな写真を持っている人たちを巻き込んで、Instagramのプラットフォームに上げてもらいました」と、初期段階の取り組みを説明。

さらには、普段は見ることのできない著名人のプライベートを切り取った写真を投稿してもらうことで、より多くの人の関心を引くだけではなく、いわゆる“映える”写真がおのずと蓄積していくことによって、「それがプラットフォームの質を維持するための素敵な抑止力となった。ただ、それだけでは広がりが薄いので、誰が撮ってもそれなりの写真に見えるようにフィルター機能を付けたりと、順序立ててやっていった」と回顧。そんな戦略もあって、1年間でおよそ1,100万人のユーザーを獲得しました。

◆デジタル戦略で重要なのは「アナログな部分」

華々しい経歴を経て、2021年にはチーフデジタルプロデューサーとしてTOKYO FMに参画。デジタル戦略を推進していくうえで、「本当に重要なのは“アナログ”な部分」と言います。「変えてはいけない部分をいかに守って、それをいかに伸ばすかがデジタルの役目。すべてをデジタル化しようとする人がものすごく多いんですけど、僕はそれがすごく嫌い。だからTOKYO FMも、ラジオのいいところだけを残して、その良さをもっと広くするのが僕のやり方」と解説します。

長瀬さんいわく、デジタル化していくにあたり「最初にやったのは“教育”。そのなかでも、マナーや受け答え。デジタルの世界だからこそ、どうやったらもっと温かく接することができるのか。そうすることで何が起きるかというと、個人情報が取りやすくなるんです。(アンケートなどを取るにも)実は会話が重要な接点なので、美容部員をやめてiPadで全部対応しましょう、というのはありえないし、面白くない」と持論を展開します。

あくまでもデジタルは、アナログな部分や人間味、温度感を活かすためであって「所詮、人と人とのやり取りや駆け引きでビジネスが成り立っているので、そこをどう活かすかが注目ポイントだと思う」と自身の見解を示しました。

◆仕事で大事にしているのは“人間力”

昨年には、元テレビ東京アナウンサーの森本智子(もりもと・ともこ)さんと共同でWellness MEを設立した長瀬さん。これについては、“健康ビジネス”がこれから盛り上がるのを見越してのことだと明かします。「コロナ禍において、みんな自分に向き合う時間や生き方を考える時間が増えた。そのなかで、時間の使い方、自分のエネルギーの使い方などがすごく追及されていくだろう」と予見します。

また、「自分の生き方は幸せであるべきだし、時間もお金も人も自分のために使うべき。だから、“どのようにして豊かにしていくか”の提言とアイデア、それを実現させるものを提供していくと、人々はもっと自分のために幸せに生きていけるんじゃないか、というのをテーマとしてつくった会社」と思いを語ります。

「“これからは楽しく美しく健やかに、健康と幸せを自分のために使っていく時代だ”というのをテーマとして掲げているので、肌がきれいになるクリームやコスメ、リラックスするようなサービス、もっと自分の体と見つめ合うプログラムや教育などの方面にも手を伸ばしていけたら」と展望を語ります。

また、仕事をするうえで重要だと思っていることは、“誰からも好かれるような人間力”と長瀬さん。数多くの業務を抱えていることもあって、ときにはダブルブッキングをしてしまうことがあるそうですが、「『しょうがないな、長瀬さん』と許してくれて、好きでいてくれるような人間力がすごく大事だと感じる。 “語学が堪能”“高学歴”といったスキルやバックボーンよりも、キャラが良ければ話が進みやすい」と語っていました。

次回1月22日(土)の放送は、後払い決済サービスPaidy 副社長 執行役員・橋本知周(はしもと・ともひろ)さんをゲストに迎え、お届けします。Paidyのサービスについてや“世界から見た日本の決済サービスの展望”など、貴重な話が聴けるかも!? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月23日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/podcasts/futurepix/

Facebook

ページトップへ