FM FUJI『Bumpy』発の鹿ソーセージ、ついに完成!

渡辺麻耶が木曜日のDJを担当するFM FUJIの番組『Bumpy』(毎週月曜~木曜、13:00~18:50)のコーナー「やまなしジビトーク」(木曜、16:35~)12月8日のオンエアでは、ジビエ料理のメニューが人気の、河口湖のフレンチレストラン「TOYOSHIMA」の豊島雅也シェフにお話を伺いました。

麻耶:今日で五回目のジビトークになるんですが、今回も河口湖にあるジビエフレンチのお店TOYOSHIMAのシェフ豊島雅也さんにスタジオにお越しいただきました。豊島さん、よろしくお願いします。

豊島:よろしくお願いします。 

麻耶:まず、前回もお聞きしたんですが、改めて、今回、鹿肉のソーセージを考えるにあたってのイメージやコンセプトから教えていただけますか? 

豊島:今回考えるにあたって、すごく大事にしたところは、とにかく食べやすく、誰が食べても美味しいって言っていただけるような鹿肉のソーセージを考えました。 

麻耶:前回、お子さんにも食べていただきたいということを熱く語ってくださいましたもんね。 そして前回のこのコーナーから商品化に向けて、いろんなソーセージを試作いただいたそうなんですが、試作段階でどんなものを試行錯誤されたんですか

豊島:なるべくおもしろいことをしよう、と思って、酒粕だったりとか入れてみようかなと思ったりとかしたんですけど、やっぱ最初はまず皆さんに気に入っていただこうかなと思いまして全部入れるのをやめて、ノーマルのソーセージを開発させていただいたんです。 

麻耶:実はスタジオにお持ちいただいたんですよね? 

豊島:はい。できたてホヤホヤですね。  

麻耶:ああ、もうボリュームと艶と・・・美味しそうです。ちょっとご紹介いただいてもいいですか? 

豊島:今日はですね、二種類のジビエのソーセージを持ってきたんです。 一つは、ちょっとお肉を感じるような、あらびきソーセージ、プレーンの燻製を少し纏ったソーセージ。あとは、ドイツのソーセージでふわっとしているものがあるんですけれども、それをイメージしてやさしい味わいの本当に軽やかなソーセージ。鹿なんですけど、別々の味わい・食感のお肉を用意しました。 

麻耶:色も見た目も全然違いますよね。プレーンの方は少し濃い茶色のような色で、リッチの方は白のような、ベージュのような優しいお色ですよね。 

豊島:はい。 優しい色です。 作り手が見えてきますよね。 

麻耶:そうですね(笑)優しさしか見えないですもん。 あとは作り手さんと言えば、旨味も詰まってるんでしょうか?

豊島:ああ、もうバッチリだと思います。 

麻耶:これいただいていいんですか? 

豊島:もちろんです。もちろんです。

麻耶:じゃあ、まずはプレーンですかね、いただきます。 おぉっ。 もう噛んだ瞬間にこの肉汁・旨味がパッとはじけますね。美味しい。これ鹿肉ですよね!?全然臭みもないし。 

豊島:そうなんです。ありがとうございます。 

麻耶:うん、あと、おっしゃってたように、肉の質感がしっかりしてて噛みごたえがありますね。 

豊島:うん、そうなんですよ。しっかりしているっていうところも感じていただきたいなと。今回、八ヶ岳ジビエさんのものを使わせていただいてるんですけれども、やはり処理がものすごく良いので、このように本当に「本当にジビエ!?」っていうようなソーセージが出来上がってくる。 

麻耶:いや、びっくりします。これ本当にジビエ?っていう。ちょっと苦手だなっていうかただったりとか、お子さんとかも食べてほしい、感動する。 

豊島:そう、感動してほしい。 

麻耶:リッチも行っていいですか? 

豊島:もちろんです。 二つ言ってください二つ。 

麻耶:こちら、ドイツのふわっとした食感なんですね。 ・・・うん。 豊島さん天才です。 同じ鹿肉でこんなに食感が違うんですね。 口の中でふわってとろけるぐらい柔らかい。 

豊島:私もこのソーセージに会ったとき、最初は今までイメージしてソーセージと違うんで、苦手かなってちょっと思っちゃったんですけど、虜になる方は、このリッチの方が癖になるというか。 

麻耶:なんか優しくて本当にふわっとした柔らかさなんですけど、でも旨味・香りは口の中に、もういっぱいに広がりますね。 今だったら何でも許せそう、ってくらい優しい食感が。 このプレーンとリッチ二種類食べ比べて欲しいですね、皆さんには。

豊島:本当そうなんですよ、私が今ちょっと食べ比べたいぐらいですけどね。 

麻耶:ごめんなさい私、全部いただきます。 味付けはどうなんですか?

豊島:これ今回はすごくシンプルにしましたね。基本的には塩とちょっとの香辛料っていうところで、今回第一弾という形でスタートしたいなと。これからちょっと面白い取り組みとして、色々な季節に合わせて開発したいな、なんて思っているんで、最初は本当にシンプルなものを皆さんに感じていただきたいと思います。

鹿ソーセージが完成

このように、FM FUJIでは「みんなの2030 つくるみらい・つなぐみらい」の取り組みの一環として、山梨でジビエにかかわるみなさんとともに、魅力的なジビエの商品開発をおこなってきました。その結果、河口湖のフレンチレストラン「TOYOSHIMA」の監修・八ヶ岳のジビエ肉処理加工施設「八ヶ岳ジビエ」の協力のもと、鹿ソーセージが完成。FM FUJI・SHOPでオンライン購入することができるようになりました。

鹿ソーセージ販売ページ

Bumpy
放送局:FM FUJI
放送日時:毎週月曜~木曜 13時00分~18時50分
出演者:鈴木ダイ(月)、上野智子(火)、石井てる美(水)、渡辺麻耶(木)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ダイピー」(月)、「#ばんぴーのとも」(火)、「#てるぴー」(水)、「#ばんまや」(木)

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性に悩んでいます…相談者に江原啓之が愛の喝

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

5月12日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
今回ご相談させていただきたいことは、風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性です。
長女については、昨年に所得税の請求があり、問い詰めたところ風俗店で働いていたことが発覚しました。次女については、婦人科から2万円の投薬を受けた領収証があったことから、そのように感じています。私の直感ですが、ここ数ヵ月前から働いていたと確信しています。本人は否定していますが、嘘をついているのが分かります。

正直なところ、不自由なく暮らせているのに、風俗店で稼ぐ選択をした娘たちが理解できません。物欲、推し活のために自分の体を売り物にし、気持ち悪いと思います。受け入れ難いのですが、このことから学ばなければならないとも思っています。娘たちとどのような関係性でいるのが良いのか、どうか教えていただけないでしょうか。

<江原からの回答>
江原:私は風俗店で働くという職業を否定するつもりは全くありません。

昔、15年ほど個人カウンセリングをやっていたのですが、セックスワーカーの方たちもたくさん来て、いろいろな相談を受けました。ほとんどの方は生活のためにやっていましたよ。昔は、そうした選択をする方たちには、やっぱりいろいろなご事情がありました。「こういう仕事をしていると、世間ではいろいろとやかく言われるけれども、この私が家族・兄弟を養っていくのに、他に何ができるんですか?」とおっしゃるような方もいましたよ。

そういう事情のある方たちがいることは分かるのですが、相談者さんの娘さんたちは、そうではないですよね。過去のことは消せないでしょう。入れ墨と同じで、一度したものを消すというのは本当に大変で、年数がかかるものです。どこにどういう目があるか分からないですよね。必要に駆られて、自分の暮らしのためにやっているんだと胸を張って言えるのなら、風俗店で働いていたことについてとやかく言うような人々のことは、せせら笑って過ごせるでしょう。でも、ただ単にお金のためだけにやったのなら、後ろめたい気持ちが残ってしまう。

だから「どんな職業か」は問題なのではなく、「胸を張って生きられるようにしなさい」と言うのが、親の役目だと思うんです。本当に物欲や推し活のためだけにそういう働き方を選んでいたのだとしたら、子どもたちに対してそうハッキリ言うべきです。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「“愛”と“後先”を教えるのが親の役目です」


----------------------------------------------------
5月12日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 5月20日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ