椎名林檎は、ステージから降りると…? 佐藤千亜妃が「ギャップ萌え」を明かす

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。11月13日(水)のオンエアでは、同日にファーストソロアルバム『PLANET』をリリースしたミュージシャン・佐藤千亜妃が登場。椎名林檎への熱い気持ちを語った。

この番組をラジコで聴く



■椎名林檎への愛、語り始めると止まらない!

椎名の大ファンの佐藤は、ライブでも楽曲をカバーしている。

増井:最初に椎名さんの音楽に出会ったのは?
佐藤:『本能』がリリースをされたときです。確か小学6年生の頃。ナース服姿でガラスを割るミュージックビデオが衝撃的で。あと歌詞がセクシーで。小学生ながらにみんなが口ずさんでいて「意味はわかってるのかな?」と思っていました。
サッシャ:わかってなかったんだろうね。
佐藤:たぶん、意味はあまりわかってないけど、なんか格好いいっていう理由でみんなが口ずさんでいて。それが出会いとして衝撃的な印象があります。
サッシャ:椎名さんの魅力はなんですか?
佐藤:本当にこれ、語ったら止まらなくなっちゃうんですけど。
増井:(笑)。
サッシャ:いいですよ、延長しましょうか(笑)。
佐藤:(笑)。楽曲の精度がすごく高いなっていう。あと、それに対してのボーカリゼーション(発声法)というのが幅広くて、聴いているといろいろな世界に連れていってくれところがやっぱりすごいなと思います。もちろんビジュアルも大好きなんですけど、やっぱりソングライティングの才能というのが毎度、新しい曲が出るたびに「天才だな!」と。好きじゃない曲がないぐらい、毎回「いい曲だな」「格好いい、どうやって書いてるんだろう?」という発見があるし、素晴らしいアーティストだと思っています。
増井:物語が曲のなかにある。
佐藤:そうですね、設定を作っているんじゃないかなというぐらい、(物語が)あるなと思います。


■「歌姫」がステージを降りると…? 椎名のもうひとつの顔

佐藤は同じアーティストだからこそ知ることができた、椎名のもうひとつの顔についても明かした。

佐藤:ライブに来てくれて、お会いしたこともあるんです。自分も(椎名のライブを)観に行ったりしています。ステージだと作りこんだ「歌姫」みたいな感じなんですけど、一度ステージを降りて話してくれるときは、優しいお姉さんみたいな感じで、そこのギャップもまた素敵だなという風に思いました。
サッシャ:普段を知っている佐藤さんだからこその「萌えポイント」ですね。
佐藤:萌えますね。こんなに可憐でかわいらしい方なんだな、っていう印象がありました。


■佐藤が選ぶ椎名のベストソング

椎名の楽曲は好きなものしかないと語る佐藤に、サッシャがあえてベストソングをリクエスト。迷いに迷い抜いた佐藤の回答は?

佐藤:3つぐらいあるんですけど。
サッシャ:じゃあ3ついきましょう。
佐藤:『すべりだい』と『モルヒネ』と『依存症』。これは本当に選ぶのが難しくて、絞りきれなかったんですけど。でも『すべりだい』は特に、カラオケでも歌うくらい好きな曲です。
サッシャ:好きなところは?
佐藤:メロディラインですかね。あとは声の切ない感じの使い方がキュンとくるというか、大好きな曲ですね。

佐藤のファーストソロアルバム『PLANET』が現在、発売中。その他の情報は公式サイトをチェック!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

タグ

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ