戦争に対して、アートは何を示してきたか? 軌跡を辿る「ルートヴィヒ美術館」の展覧会が開催中

第一次世界大戦、第二次世界大戦、そして冷戦と、激動の時代を送った20世紀・ドイツ。当時の人々は凄惨な状況に対する恐怖や怒りに対してどのように向き合ってきたのか。また当時のアーティストたちは芸術として何を表現し、不安を抱える人々に寄り添ってきたのか。その歩みがうかがえる展覧会「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」を、9月26日(月)まで国立新美術館で開催中だ。

ドイツ・ケルンのルートヴィヒ美術館は、20世紀初頭から現代までの美術作品が収蔵される世界有数の美術館。そのコレクションの数々は、市民のコレクターによる寄贈を軸に形成されてきた。本展覧会では、ピカソやウォーホルの絵画をはじめ、彫刻、写真など計152点の作品を、寄贈にかかわった市民コレクターたちに焦点を当てて紐解いていく。

ここではオープニングに先駆けて行われた、内覧会のレポートをお届けする。

入ってまず私たちを出迎えるのは、ルートヴィヒ美術館の設立、そしてコレクションの発展において重要な役割を果たしたコレクターのヨーゼフ・ハウプリヒ、ペーター・ルートヴィヒの大きな肖像画だ。

ケルンで弁護士として活躍したヨーゼフ・ハウプリヒは、第二次世界大戦前の優れたドイツ近代美術作品を収集したコレクター。ハウプリヒはナチ・ドイツ時代に「退廃芸術」としてナチに没収された作品を購入し、第二次世界大戦中にケルンを襲った262回にもおよぶ空爆からも守り抜いた。戦後まもない1946年、そのコレクションをケルン市に寄贈し、戦争で文化施設を多く失くした当時のドイツに大きな希望を与えた。彼が収集した表現主義や新即物主義などのコレクションからは、20世紀初頭の近代社会の不穏な雰囲気、そしてそこに生きる人々の苦悩が感じられる。

0704_ludwig_imouto.jpg

パウラ・モーダーゾーン=ベッカー《目の見えない妹》 1903年頃 油彩/厚紙 32.2 × 33.5 cm  Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 76/2756. (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_c001546)

220704_ludwig_toruso.jpg

ヴィルヘルム・レームブルック《振り返る少女のトルソ》 1913/14年 着色された人造石 高さ:95.0 cm Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 76/SK 0061. (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, Michael Albers, rba_d031338)

ペーター・ルートヴィヒと妻のイレーネは、ピカソやポップ・アートなどの貴重な作品群を寄贈したコレクターで、館名に名を冠しているようにこの美術館の核となる人物。冷戦期を生きたルートヴィヒ夫妻は、西側と異なる思想を持つ社会主義国の作品も積極的に収集した。本展では20世紀に東欧からロシアにかけて流行した前衛美術運動〈ロシア・アヴァンギャルド〉の作品や冷戦時代の東西ドイツの美術作品などが展示され、美術を通して東西の架け橋を担ったルートヴィヒ夫妻の信念に触れることができる。

22074_ludwig_3.jpg

カジミール・マレーヴィチ《スプレムス 38番》 1916年 油彩/カンヴァス 102.5 × 67.0 cm Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 01294. (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d033965_01)

220705_ludwig_2.jpg

アレクサンドル・ロトチェンコ《ライカを持つ少女》 1934年(プリント:1934年以降) ゼラチン・シルバー・プリント 40.0 × 29.0 cm Museum Ludwig, Köln / Cologne, Sammlung Fotographie ML/F 1978/1072. (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_c009362)

また本展はルートヴィヒ美術館が誇る、世界屈指のピカソの作品群も観ることができる。なかでも、反戦をテーマにした「アーティチョークを持つ女」は、これまでルートヴィヒ美術館がめったに貸し出してこなかった作品だ。奇しくも現在、ロシアによるウクライナ侵攻が続いている。スペイン内戦、第二次世界大戦に対して、大きな不安を感じながらもじっと耐えしのぐしかない複雑な表情が描かれた本作は、現在起こっている悲惨な出来事に対する思いとリンクする。

またアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタインなど、ルートヴィヒ夫妻が収集したヨーロッパ随一のポップ・アートコレクションも多数来日。大量消費を前提とした大衆文化を批評すると同時に美術とは何かを問いかけた作品たちからは、1960年代の社会やその時代を生きた人々の暮らしが垣間見えた。

そのほかにも、グルーバー夫妻の寄贈から発展した豊かな写真コレクションを楽しめるのも本展の醍醐味の一つ。時代を超えて受け継がれてきた、市民のアートに対する強い情熱が満ちあふれた展覧会となっている。

22074_ludwig_4.jpg

ヴォルス《タペストリー》 1949年 油彩/カンヴァス 54.0 × 73.0 cm Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 01167. (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, Peter Kunz, rba_d032855_01)

プレス内覧会には、ルートヴィヒ美術館のイルマーズ・ズィヴィオー館長、そしてオフィシャルサポーターのトラウデン直美も登場。ズィヴィオー館長は本展をルートヴィヒ美術展の真髄に迫るものだとし、「市民がどうやって美術館を作り上げてきたか、そして今でも市民が美術館の発展にどれほど貢献しているかというメッセージ性にも注目してほしい」と述べた。父がドイツ・ケルン出身という縁を持つトラウデンは、美術館というものに対し「自分の感覚を大切にできる場」と表現し、オフィシャルサポーター就任の喜びを語った。本展では、トラウデンがナレーションを務めた音声ガイドも楽しめる。

220704_ludwig_trauden.jpg

(写真右から)ルートヴィヒ美術館・イルマーズ・ズィヴィオー館長、トラウデン直美、国立新美術館・長屋光枝学芸課長

ルートヴィヒ美術館の歴史や所蔵作品の数々からは、怒涛の20世紀を生きたドイツの人々の芸術に対する大きな愛と尊敬が感じられた。アートの持つ力を信じて、揺れ動く社会と日常を駆け抜けた市民たちの軌跡に、今だからこそぜひ触れてほしい。

(文=J-WAVE NEWS編集部 強瀬 早穂莉)

開催概要

東京会場
会期:2022年6月29日(水)〜2022年9月26日(月)
会場:国立新美術館
住所:東京都港区六本木7丁目22−2
展示室:国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00〜18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式HP:https://ludwig.exhn.jp
主催:国立新美術館、ルートヴィヒ美術館、日本経済新聞社、TBS、BS-TBS
協賛:損保ジャパン、ダイキン工業、三井不動産
後援:ドイツ連邦共和国大使館、J-WAVE、TBSラジオ

また本展は、京都巡回も決定している。

巡回展 京都会場
会期:2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)
会場:京都国立近代美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
時間:10:00~18:00
※毎週金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合があります。来場前に最新情報をご確認ください。
休館日:月曜日(ただし、2023年1月9日は開館)および年末・年始、1月10日(予定)
TEL:075-761-4111
主催:京都国立近代美術館、ルートヴィヒ美術館、日本経済新聞社、テレビ大阪、BS-TBS、京都新聞
協賛:岩谷産業、損保ジャパン、ダイキン工業、竹中工務店、三井不動産
後援:ドイツ連邦共和国総領事館
タグ

ヒアリングが苦手な営業マンに捧ぐ”QCDKTR”『長尾一洋 ラジオde経営塾』8月15日(月)放送

約9,000社の企業に携わってきた経営コンサルティングのエキスパート長尾一洋社長が,今週も悩めるビジネスマンのご相談に回答!
今回は若手営業マンの方から、ヒアリングに苦手意識があるとのお悩みが寄せられた。長尾社長はどう答えたのか…その一部をご紹介する。

 

■『商談時に無言の時間が…』3年目営業マンの切実なお悩み
ご相談者はラジオネーム『P太郎』さん。

3年目の営業マンです。直接の商談でもオンライン商談でも、提案する前段階のヒアリングが苦手だと感じています。
上司が言うには、私はお客様との会話のキャッチボールができていないらしいです。言われてみれば、お客様との商談時に会話が続かず、お互いが無言になってしまう時がよくあります。コンサルタントはヒアリング力だと聞いたこともあります。長尾さんの経験から、何か良い方法やアドバイスをお願いします。

 

■会話の『間』を恐れることはない!

最初に長尾社長がアドバイスしたのは、ご相談者さんが気にしている無言の時間について。

長尾社長:間が空くことはあまり恐れる必要は無いというか、あまり気にしない方がいい気がします。
間があって「ん?」ってなるのは、お客様側も当然同じ。そういう間があったら、お客さんが話し出すのを待つのも悪くはないというのがまず1点ですね。

■商談のストーリーを事前準備しよう

次に話題となったのは、ヒアリングや商談の事前準備の大切さ。歴戦のコンサルタントであり会社経営者でもある長尾社長ならではの視線からのアドバイスがあった。

 

長尾社長:一応コンサルタント的なことを言っておくと…。
事前準備というか、「仮説を立てる」とよく言うんですけども、お客さんが抱えている問題をあらかじめ想定しておく。「このお客さんにはこういうお悩みがあって、それに対してこんな手を打とうとしているけれど、うまく行ってないんじゃないかな?」みたいなのが仮説ですよね。

で、おうかがいして話を聞く時に、その仮説が合っているかどうか検証していくと。確認していくような質問をすることになりますね。

なので、この仮説、商談の事前準備ができて、商談のストーリーができていると、会話に困ることは少なくなるんじゃないかと思います。

ストーリーから外れた時には仮説が外れているので、次にどうするかも想定しておく。

「この話をしたらお客さんはこう答えそうだから、その時はこの資料を出す。気に入らなければ次はあの話をする…」というように、頭の中で事前にシミュレーションする感じですね。そういうことを訓練的にやっていくと、応用力というか、出たとこ勝負じゃなくて話もしやすくなるんだろうと思います。

 

■長尾社長の会社で行われる「ファースト前ミーティング」とは?

上記のような商談を事前にシミュレートする訓練は、実際に長尾社長の会社の営業担当の方々も行っていると言う。

長尾社長:特に初回訪問で経験の少ない若手がお客さんと会う時には、訪問前に上司とか先輩と商談のストーリーを擦り合わせます。「ファースト前ミーティング」って言っているんだけど。やっぱり若手の人は引き出しが少ないので、お客さんが言ったことに反応できないんでね。
あとはコンサルタントなんで、お客さんのビジネスモデルなどをちゃんと把握して行って欲しいんだけど、それをせずいきなり行っちゃうと話がとんちんかんになるので、それを事前にチェックしたりとか、そういうことしていますね。

 

■そもそも「営業に向かない」人はいるのか。

ここで松尾アナから「営業」にまつわる根源的な質問が飛び出した。

松尾アナ:そもそもなんですが、営業って向いている人、向いていない人がいるんじゃないかなと思っていたんですけど、その辺りはいかがですか?

 

長尾社長:まあ向き不向きで言えば、当然明るく元気でハキハキしたヤツが好まれるわけですよね(笑)。
だけど”営業の仕事”を考えていくと、ボソボソしゃべって何言ってるかよくわからないけど誠心誠意対応することで誠実さを評価されて成績を上げる…みたいな人もいるものなんで、人それぞれのやり方があっていいんじゃないかなと思いますね。

やっていて楽しくなるのが大事。営業を「お客さんに媚びへつらって売り込む…」みたいに考えちゃうとツラいですよ。だけど自分が良いと思うものをお勧めする、教えてあげると思えば、口コミで友達に「これイイよ~」と言うのと同じことなんでね。それでお客さんに「あんたに言われたの買ってみて良かったよ」って言われりゃ嬉しいものなので。

そういうふうに考えて行けるかどうかが大事なので、扱っている商材やお勤めの会社の価値をどう上げていくかがまず大切な気がしますけどね。

 

■ヒアリングを充実させる「QCDKTR」

とにかくヒアリングに苦手意識があるというご相談者のため、最後に長尾社長が紹介したのが『QCDKTR』。長い呪文のような響きに長尾社長も早口になる「キューシーディーケーティーアール」、その正体とは?

長尾社長:頭に入れておいていただきたいのがQCDKTR。

Q クオリティ

C コスト

D デリバリー(納期など)

K キーマン(意思決定は誰がするか)

T タイミング(時期。いつ買うか、いつ決定するか)

R リレーション(人間関係とか、そのお客さんと他のお客さんとの関係性など)

何かというと、お客さんが商品を買うか買わないかを決定する時の、購買の判断軸みたいなものを確認する。そのための項目が6つあって、これを意識して聞きなさいということです。

まずQ。「品質は高い方がいいに決まってるじゃないか」となるんだけど、品質という面において、どういうところを見て品質が高いと判断するのか。その判断軸は何かを聞く。

C。コストも「安い方がいいに決まってるじゃないか」となるんだけど、さっきのQとの関係で物が良ければ高くてもいいという人もいる。とにかく安くないと嫌という人もいる。定価から値引かないと気に入らないという人もいますね。これも考え方を聞く。

D。デリバリー、納期なんですが、これも短納期をとにかく要求するとか、多少コストがかかっても早く入れてほしいという場合もあるし、多少遅れてもなるべく安く買いたいという人もいますよね。あとは商材によってはデリバリーの体制とか。そこをどう判断するのか聞く。

K。キーマン、意思決定する時の決定権者ですね。社長さんか、◯◯部長さんかもしれないし、場合によっては現場の担当者の判断が非常に有効な場合もありますよね。この商品を買うか買わないかを決める決定権者は誰なのか、または決定機関が役員会なのか月初の会議で決めることなのかなど、そういうことを聞く。

T。タイミング、購入時期の問題。「いつ買おうと思っているか」という話ならわかりやすいんだけど、今のリース契約がいつ切れるかとか、法人だと決算がいつだとか、創立記念日がいつなんだとか。個人だと誕生日や入学や卒業などの節目とか。
そういうタイミングをどうはかるかという情報ですね。商品を買うにあたって、タイミングがどう影響するのかということを聞く。

R。リレーション、人間関係。まずは人間関係を重視する人なのかどうか。何回も顔出していると買ってくれそうな人もいれば、最後は結局モノを見て決めるぜという人もいる。
あとは法人の場合は親会社子会社、資本関係はどうなっているかとか。個人の場合には学閥とか親戚、知り合いとか、そういったことをなるべくヒアリングで聞く。

このQCDKTRによって、お客さんがどういう判断をするのかをヒアリングをして記録に残します。

 

■QCDKTRで脱「御用聞き営業」!

QCDKTRは一気に聞くのではなく、商談のプロセスの中で聞き出し埋めて行くものとのこと。それによってお客さまの判断軸を把握し、商談をリードすることができると長尾社長は言う。

 

長尾社長:全部一気には聞けません。これを立て続けに聞くと「お前、尋問する気かよ」ってなっちゃうから、商談の中で埋めて行くというかね。
逆に言うと、このQCDKTRの判断軸がわかっていないと、そもそも商談をリードすることができないということですね。結局お客さんに「どうします?もうちょっと安くしたら大丈夫ですか?」みたいなことをひたすら聞き続ける御用聞き営業しかできないんです。
だけど商談のプロセスの中でQCDKTRをちゃんと把握して行くと、「◯◯様ですから、きっとこういうご判断をされると思いますけどね」と、こちらがリードしながら商談を進めて行ける。
タイミングもわかっているので「◯月からお始めになられるんでしたら、▲月中にはご決定いただいたらいいですね」とか「お嬢様が3月ご卒業ということなんで、年内にはここまで決めておきたいですね」というようなことをちゃんと把握して、クロージングの時にピシッと迫れることになりますよね。

こういうことを意識すると、ヒアリングが苦手な人もだんだん充実していく。うまく言おうとする必要はないので、確実に聞いていくということです。

 

松尾アナ:これだけ項目があると、無言になっている暇がなくなるくらいですね(笑)

 

長尾社長:そうそう(笑)。

【営業力や経営戦略に悩む方におすすめの1冊!】
『コンタクトレス・アプローチ テレワーク時代の営業の強化書』長尾一洋 著/KADOKAWA

 

■長尾社長へのご相談を募集中!
『長尾一洋 ラジオde経営塾』では、パーソナリティ長尾一洋へのご相談やメッセージを募集しています。お仕事のお悩みや、経営戦略のご相談などに長尾一洋が番組内でじっくりご回答いたします。
【投稿フォームはこちら】
https://form.run/@joqr-keiei

【番組情報はTwitterアカウントからも発信しています】
@keiei916

皆様のフォローをお待ちしております!

 

※番組内のビジネス相談部分はPodcastでも配信中!今までの相談をまとめて聴きたい方にもおすすめです。

Facebook

ページトップへ