内山理名「ヨガを始めて生きやすくなりました」

写真左からShaula、内山理名 ©InterFM897

表参道Aoの情報をお届けしながら、毎週ゲストをお迎えしてお送りするInterFM897のプログラム『表参道Ao 10th Anniversary Presents Oshare Life』(毎週土曜日放送 DJ: Shaula)。今回は、女優の内山理名さんに話を伺いました。

ヨガの一番の魅力は「生きやすくなること」

Shaula:この前テレビに出ているのを見かけて、なんて美しい人なんだと。本当に肌もツヤツヤで、これはヨガ効果なんですかね?

内山理名(以下、内山):うれしいです!あんまり肌荒れとかはないのでヨガかもしれないです。

Shaula:最近は女優だけじゃなくヨガインストラクターとしても活躍なさっているそうで、ヨガとの出会いはどこだったんですか?

内山:ヨガとの出会いはふんわりしていて、22、3くらいの時に、ヨガDVDとヨガマットを誕生日プレゼントでもらいまして、家でちょこちょこやっていたんです。その頃はヨガスタジオとかもあまりなくて、運動というよりは瞑想というようなイメージが強かったですよね。女優の仕事に中で発声やメンタルを整えるのに役立っていたので細々と続けてました。そこからヨガが楽しいなと思うようになって、10年後くらいに「RYT 200」(Registered Yoga Teacher)っていう資格を取ったんです。

 Shaula:「RYT 200」って何ですか?

内山:「全米アライアンス」(米:非営利のヨガ普及団体)の資格で、200時間のヨガの授業があって、その中で哲学と解剖学、アーユルベーダ(インド伝統の医学)、アーサナ(ヨガのポーズ)ってたくさん授業があって。それが楽しくてヨガをやりたいなって思いました。

Shaula:資格を取る前は軽い気持ちだったんですか?

内山:最初は一個すでにヨガの資格は持っていたんですけど、その時はインストラクターにならなかったので、もう一回学び直してみようかなって感じだったんです。それで学んでいるうちに腑に落ちることが多くなってきて。そしてそれをもっと伝えたいなっと思うようになってきて、インスタラクターになろうって決めました。インストラクターになるためにとったわけじゃないんです。

 Shaula:楽しんでレッスンに行っているうちに、教えようって思ったんですね。

内山:きっかけは、レッスンでマネージャーさんに迎えにきてもらって、いつもその時の帰りの車の中でレッスンの内容をすごく喋ってたんですよね。そのくらい伝いたいことがたくさんあって。それでクラスをやることに決めました。

Shaula:今では「RYT 500」までいってるんですよね。500時間授業を受けてるってことですもんね。

内山:実際には300時間なんですけど、これとワークショップに行ってたりもするので。それでも結構な時間はやってます

Shaula:ざっくりいうと、ヨガの魅力ってどの辺なんですか?

内山:ちゃんと話そうとすると60分くらい行ってしまうかもしれません(笑)ざっくりいうと、生きやすくなったというか、心が豊かになったというか。ヨガってポーズをするのが目的ではなくて、自分自身が感じるってことを大切にしていくので、不調だったりとか、ハッピーだったりとか、自分が今どう思っているんだろうということをポーズをとりながら感じていく。ポーズがとりたいというのが目的ではないので体型も綺麗になるけれどハッピーに気付けたり。スッキリするってそういうことかなって思います。

Shaula:ということは、ポーズはできたらいいけどそこまでたどり着く道が大事ということですね。

内山:誰かに相談するとかではないやり方で心をリフレッシュできるのかなと思って。もちろん体を動かすので健康にも良いし。

Shaula:じゃあ内山さんのクラスに行けば良いんですね?(笑)

内山:でも相性はあると思うので、いろんな先生のところへ行くのは良いかもしれないです。きっかけ作りになれたら良いと思うので。

ゴチャゴチャになってるマインドを安定させるための瞑想

Shaula:瞑想とお風呂の時間は絶対に作ってるって聞いたんですけど。

内山:そうですね。忙しくても犬の散歩とか食事はルーティンなんですけど、あえて保っているのは瞑想とお風呂ですね。欠かせないです。

Shaula:実は私も瞑想を始めてて、でも私の場合は瞑想をしなきゃなって思うときはヤバいときなんですよ(笑)

内山:例えば?

Shaula:破裂しそうな自分がいるとき、自分のマインドがコントロールできなくなっているときにやろうと思って。やるとスッキリするじゃないですか。でも瞑想を続けないことによってまた同じ状態になってっていう繰り返しなんですよね。やったことない人は瞑想って目をつぶって座っているだけだと思うけど、難しいのよこれが(笑) 一人だけでやるといろんなことを考えちゃって。

内山:わかります、それは。あえて目を瞑らない瞑想もやったりするんですけど、目を瞑るといろんなことが浮かんできますよね。寝るときにいろんなことを思い浮かべるように。なるべくそうじゃない思考にするためにガイドしようと試行錯誤しているんですけど、私は結構香りを使います。香りはダイレクトに脳に行くじゃないですか。なので使ってリラックスとか、集中してちょっと非日常になるという心得を持つとスイッチが入りやすくなったり。

Shaula:瞑想だったりヨガって精神的に自分を安定させるツールだと思うんですよ。なので安定させることによって出てくる普段の力が違うなっていうのは感じます。SNS見て、仕事もやってっていうごちゃごちゃになってるマインドを一瞬止めるだけで、気分が良くないなって時も「それで良いんだ」って思えるというか。

内山:まさにその通りです。私がヨガで伝えたいことってただそれだけなんですよね。ポーズをとって呼吸法とかを整えていけばよりそっちのマインドにいけるっていうだけで。今は著名人とかでもみんなSNSやっていて忙しいですよね。情報がすごく入ってくるから、自分は今何が好きなんだろうとか、例えばSNSとかで料理の写真を見すぎて、お腹が空いてないのにお腹が空いてるって思ったりだとか、それを脳がジャッジすることがなかなか無くなってきていると思います。

Shaula:わかります、すごく。

内山:だから一回5分の瞑想で自分に気づくってことが大事ですよね。

表参道Ao 10th Anniversary Presents Oshare Life
放送局:interfm
放送日時:毎週土曜 14時00分~14時30分
出演者:Shaula
番組ホームページ

メール:oshare@interfm.jp
ハッシュタグ:#オシャレ897

※該当回の聴取期間は終了しました。

ティモンディがパーソナリティを担当 BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』 放送決定

深夜ラジオの代名詞、ニッポン放送『オールナイトニッポン』(毎週月~金曜深夜1~3時)内で、深夜2時台に放送中の月替わり企業コラボコーナー「コラボレート・ニッポン」。7月1日(月)~26日(金)の4週間は、ティモンディがパーソナリティを担当する。

ティモンディ

ティモンディとBOATRACE振興会のコラボレーション 7月1日(月)~7月26日(金) 月~金曜「オールナイトニッポン」内 深夜2時30分頃~3分間

「ボートレーサーになるための応募をもっともっと増やしたい!」というBOATRACE振興会からの依頼を受け、7月のコラボコーナーでは『やればできる!華麗な転身Q&A』を実施。ボートレーサーは、平均年収1900万円、優勝賞金最高1.1億円、しかも15歳以上・未経験から男女関係なく目指すことができるプロアスリートである。本企画は、7月1日より始まるボートレーサー募集にちなんで、パーソナリティのティモンディも高校球児からお笑い芸人になるという“転身”を遂げたことから、『やればできる!華麗な転身Q&A』と題し、様々な経歴を持つリスナーから「この趣味・特技を活かしてボートレーサーに華麗な転身できますか?」という質問を募集する。

そんな「コラボレート・ニッポン」で紹介されたメール応募者全員に、「BOATRACEオリジナルグッズ」をプレゼント。今、将来の目標を決めかねている人、転職先を探している人、進学先に悩んでいる人、様々な環境にいる人たちに是非、聴いてほしいコーナーになっている。

本企画では番組と連動した特別オリジナル動画配信とX(旧Twitter)キャンペーンも実施。応募者の中から抽選でプレゼントが当たる!

なお、 ボートレーサー養成所では7月1日(月)~9月6日(金)、2025年4月入所の訓練生を募集する。詳しくは、『新ボートレーサー募集』で検索!!

BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』

【BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』概要】
放送日程 :2024年7月1日(月)~2024年7月26日(金)
放送時間 :月曜~金曜 深夜2時30分頃~3分間 ※事前収録
コラボパートナー:ティモンディ(高岸宏行・前田裕太)
放送局:ニッポン放送をキーステーションとする全国36局ネット
番組メールアドレス:boat@allnightnippon.com
特設サイト:https://www.allnightnippon.com/boat/
ボートレーサー 募集サイト:https://info-boatrace.jp/

Facebook

ページトップへ