コレサワ、ニューミニアルバムは「全曲失恋の歌です」

写真左からコレサワ、NICE73 ©InterFM897

アーティストとファンを、グッズや作品で繋ぐ次世代型サイトcasaricotoとリンクしたInterFM897『casaricoto radio』。1月26日のゲストは、ミニアルバム「失恋スクラップ」を1月15日にリリースした、コレサワ。聞き手はNICE73です。

ミニアルバム「失恋スクラップ」は全曲失恋の曲

NICE73:コレサワさんといえば熊のレコちゃんの印象が強いから、本物こんな感じなんだって。かわいいし、ミュージックビデオやジャケットに描かれてる彼女に似てるなって思いました。

コレサワ:本当ですか!ジャケットはウチボリ(シンペ)さんって方に描いてもらってるんですけど、私の雰囲気も参考にしながら書いてもらってます。

NICE73:YouTubeとか見てると「足が……」ってコメントが(笑)。

コレサワ:そうなんですよ。漫画みたいな足の細い女の子ってそうそういるもんじゃないから、いい感じの太さでっていうのを相談して書いてもらってて。

NICE73:それはコレサワさんが言ってたんですね。「生々しい感じでお願いします」みたいな。

コレサワ:そうですし、ウチボリさんもそういうのが好きみたいで。

NICE73:2020年の1月も終わろうとしてますけど、コレサワさんの今年の目標はいかがですか?

コレサワ:私は年始を誕生日で区切りたいタイプで、5月18日までは年度が終わってない気持ちなので、まだそんな気持ちじゃないんですよね。

NICE73:その区切り方いいですね。

コレサワ:歳が変わるのが一番区切りやすくないですか?だから年末年始は「まだ待って」みたいな(笑)。でも2020年は、めげずにいろんなことやりたいなと思ってて。

NICE73:めげたりしたことあったんですか?

コレサワ:英会話に通ってるけど後半忙しすぎていけないし、久しぶりに行ったら忘れてそうで怖くて行けてないんです。だからちょっとめげてる(笑)。

NICE73:なるほど。英会話は、なんで勉強しようと思ったんですか?

コレサワ:一昨年オーストラリアに行ったときに、アールグレイを頼みたかったんですけどアールグレイが通じなくて。頑張ってやっと頼めたんですけど、アイスティーが飲みたかったのにホットが出てきて。それがショックで。ちゃんと1人で喋れるようになったらもっと海外旅行が楽しめるんじゃないかなと思って、去年から通い始めました。

NICE73:悩みが可愛いですね。詩とかって、日常や恋に敗れたりはあったとしても、そこで何にポイントを当てるかとか、どういうところを感じて切り取るかじゃないですか。コレサワさんのリリックに男の子も女の子も共感してると思うんですけど、そういう悩みも身近なんですね(笑)。

コレサワ:ハハハ。私的にはショックな出来事だったんですけど(笑)。

NICE73:1月15日にリリースされたミニアルバム「失恋スクラップ」、収録曲全てが失恋の曲ということなんですけど、これは今回のアルバムは失恋ソングだけにしようと思って集めたんですか?

コレサワ:最初は全く決めてなくて、出てきたものを見てから決めようと思ってたんですけど、出てきたのが全部失恋ソングだったんですよ(笑)。スタッフに全部失恋の曲ってどう思います?って聞いたら、面白いじゃんって言ってくれて。私自身も今までそういうのやったことなかったので、同じテーマでアルバムを作ることに挑戦してみた感じです。

NICE73:いいですね。スタッフも身近でコレサワさんをサポートしてくださる方がいるからこそ、素敵な作品が出来上がるのかなと思います。

コレサワ:いいじゃん!って言ってくれるのは嬉しかったですね。

NICE73:失恋の曲ばっかりっていうのは、ご自身に何かそういうことがあったんですか?

コレサワ:恋愛は毎年してるタイプなんですけど、2019年は好きな人と一緒にいることと別れることを考えてた時期だったし、気持ち的にもセンチメンタルだったので、それが重なった感じです。

NICE73:ということはご自身の体験談が多いんですか?

コレサワ:体験から膨らませたりネタにすることが多いですね。

NICE73:でも10代20代の女の子、そういうの大好きよ。

コレサワ:本当ですか、嬉しいです。でも個人的にはもっと上の世代の人たちにも届けたい。

NICE73:もちろんもちろん!ほろ苦いっていうか、私みたいな世代はそういうことあったよねってほろ苦くなるんですけど、若い子たちってダイレクトじゃないですか。

恋を知らない人にも、そのモヤっとした感覚を感じてもらえたら

NICE73:先週(1/19)のゲストの方から質問をリレー形式で聞いていくコーナーなんですけど、片平里菜さんからメッセージが来ています。

片平里菜「人生の最終目的はなんですか?」

コレサワ:そんだけかい!(笑)。まずはおっきい犬を飼うこと。最終目的は、10年日記をつけてるんですけど、それを孫にあげたくて。それを渡せたら死んでもいいかなって思ってて。

NICE73:素敵。

コレサワ:20代って濃いじゃないですか。悩むし。そのときに、自分のお母さんおばあちゃんの20代ってどうだったのかなって思って。よく考えたら、自分の親の20代の恋だの愛だのって聞きたくないじゃないですか。でもおばあちゃんだったら聞けるかなと。

NICE73:アルバムの中に「恋人失格」っていう曲あるじゃないですか。そのYouTube動画のコメント欄に、「歌って不思議だよな」「振られた気分になった。彼女と付き合ったことないけど」みたいな(笑)。すごいなと思って。

コレサワ:(笑)。今回のアルバムもそうなんですけど、10代の女の子から「恋をしたことがなくて」っていうお手紙をよくもらうんですよ。そういう子たちが今回のアルバムの曲を聞いたときに、恋愛をしたときの喪失感とか別れたときのモヤッとした感じを感じ取ってくれたら嬉しいです。

casaricoto radio
放送局:interfm
放送日時:毎週日曜 21時00分~21時30分
出演者:NICE73
番組ホームページ
公式Twitter

ハッシュタグ:#cr897
メール:cr@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

有吉「オールスター後夜祭」で“記憶力クイズ”に挑戦も惨敗…出演芸人の名前が出てこず「年齢上しょうがないと思っていたけど…」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)」。4月7日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の山本浩司とアルコ&ピースの酒井健太を迎えてお送りしました。


(左から)酒井健太、有吉弘行、山本浩司



有吉が番組MCをつとめ、山本も酒井も出演した「オールスター後夜祭'24春(以下:後夜祭)」(TBS系)の話に。有吉は「ドッキリみたいな感じで、急に『回答席に座っている88人の芸人の名前を(回答席を見ないで)全員言えるか』っていうのをやらされたんだけど、ほぼ答えられなくて……(芸人の名前が)全然出てこなかったんだよね」と悔しさをあらわにします。

また、挑戦しているときは「“回答はグループ名でも個人名でもいい”って言われたから、思いついた人からバンバン言っていけばいいんだけど、“(青色1号の上村典弘(現:カミムラ)は)ウエムラだっけ? カミムラだっけ?”って変に止まっちゃって」と回顧。

結局、浮かんだ芸人に関する情報は次々と出てくるものの、肝心の名前やグループ名はほとんど出てこなかったそうで、一緒に出演していた山本と酒井も、その様子を案じていましたが、有吉も「まったく出てこなくて、自分でもちょっとビックリした。年齢上、こういうラジオをやっていても(名前などが)出てこないことが多いから、ある程度はしょうがないと思っていたけど“それにしてもな……”って。困ったね」と不安を口にしていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国25局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/27400
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」ではスペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ