ラッパー/トラックメイカーRyohu、最新作『Circus』を語り尽くす

One Hour Radio

2022年5月29日のスペシャルプログラム『One Hour Radio』から5ヶ月、interfmは10月30日日曜日、その第2弾をオンエア。DJはもちろん、KANDYTOWNの中心メンバーでラッパー/トラックメイカーのRyohu。音楽ライター・三宅正一、ミュージシャン・TENDREとともに、最新アルバム『Circus』の中核に迫りながら、進化を続ける”Ryohuの音楽”について語り合った。

最新アルバム『Circus』リリース

三宅:改めてアルバム発売おめでとうございます。どうですか?周りの反応とか、リスナーの反応も含めて...

Ryohu:やっぱり、今回はフィーチャリングゲストがたくさんいるので、そこの反応が一番大きいのかな?今回のアルバムに関しては。

三宅:そうだよね。まあ1stアルバムはソロラッパーとしてのアイデンティティーここまでの軌跡をどう示すかというような内容で。今作はいろんな人と交わるっていう意味でも、界隈が違う人たちを呼んで、それでもRyohuの作品のなかに同化するっていう意味ではこれまでやってきたことの一つのアイデンティティもあるっていう感じのアルバム。だから改めてフレッシュな気持ちで聴ける2ndアルバムだっていう感じがしましたね。

Ryohu:ありがとうございます。今回いろいろな人が入ってくれたおかげで、いろんな聴き方ができるアルバムになったかなと。だからこの曲が好き、この曲が好きってバラけてて面白いんですよね。

三宅:間違いない、分かれそうだよね。

Ryohu:前作との反応の大きな違いはそこかも。

三宅:そして、CD +7inchがいよいよリリースとなるということで。やっぱりパッケージになるとね、これまで配信で聴いていた人もパッケージで聴きたいっていう人もいるだろうし、また7インチがあるのもさすがだなと思いました。

Ryohu:今レコードのリバイバルじゃないですか。だからそういう人たちにも届いたらいいなとか思ってます。

三宅:そうだね。いろんなシーンで聴いてもらう感じになると思うし。でも、5ヶ月連続配信リリースを経て出来たからね。前回この番組にお邪魔したときは、第2弾シングルの「Real」までご紹介したというとこで、その後のことを振り返ってみると、まあ怒涛の制作スケジュールだったと思うけど...

Ryohu:まず5ヶ月連続配信リリースって言っちゃったもんだからっていうところもありましたけど、でも曲は大体見えてたんで。3つ目の佐藤千亜妃さんが初めましてで、三宅さんに連絡したんですよね。普通はレーベルやマネジメント通していくのが筋だと思うんですけど、僕はそういうのが苦手で、「佐藤さんにふらっと聞けないかなあ」なんて思っていた時に、三宅さんにメールしたんですよね。

三宅:そうそう。それで奇遇なんだけど、その翌日に佐藤さんにインタビューする現場があって話したら、その場で「嬉しい!」って。ああもうこれはちゃんと着地するなと思ったら、実際に着地してました。

Ryohu:ありがとうございます。ここに影の立役者がいました。

三宅:いや、とんでもない。でも佐藤さんみたいに初めましての人も含めて、改めて多彩なラインナップになりましたね。

Ryohu:自分1人では作れない曲を作った感はあるかも。いい意味で肩の力は抜けてたし、調和も考えたし、ちょうど他のアーティストと交わる中間地点にいけたらいいなと思ってたので、それが今回のアルバムでは勉強になる部分もあって、やってよかったなと思いました。

三宅:間違いなくRyohuだから成立したラインナップだと思う。あとビートメイカーも冨田(恵一)さんはじめ、普段そこまで接点のない人たちがこのアルバムに集結してるのもRyohuの求心力のすごさだなと思いました。

Ryohu:そうですね。クレジットを見ると集まってる人たちってすごいですもんね。

三宅:いやマジで(笑)。だから『Circus』っていうタイトルが効いてくると思ってる。改めて『Circus』っていうタイトルの意味にした理由って?

Ryohu:1stアルバムがマスタリングまでいった時に、次はいろんな人を迎えてアルバムを作りたいなと思ってたのが一つ。それでその後にコロナの直前にパリコレでパリに行った時に、アンダーカバーのショーがサーカス上で行われていて、その時にいろんなものが出てくるサーカスと僕が考えていたアルバムがリンクするものがあるなと思って、そこからアルバムタイトルは『Circus』にしようと思いました。

三宅:まさに言い得て妙なタイトルだと思います。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ