K-PRO 児島気奈さん お笑い愛を突き詰め続けたら自分の劇場ができていた話

©KBS京都

UUUMのファウンダー、鎌田和樹さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『コドモゴコロ研究所』。今回は、お笑いライブの企画制作を行う、株式会社K-PROの代表、児島気奈さんをゲストにお迎えしました。

子供の頃からのお笑い好き。学生時代は全国のお笑い好きと文通してお笑い番組の録画ビデオを集めるなど、並々ならぬ情熱をお笑いに注いできた児島さん。次第に見る側からライブを作る裏方の活動が増え、2004年にK-PROを設立。その後、年間1000本以上のライブを開催するまでになり、東京お笑いシーンの登竜門的存在になっていきます。

コロナ禍でお笑いの仕事が無くなる中で、芸人さんの活躍できる場を作ろうと、お笑い専門劇場「西新宿ナルゲキ」を2021年4月にオープン。さらにK-PROには芸人も所属するようになり、東京お笑いシーンの「母」としての存在感は増すばかりです。

2023年10月には文藝春秋社より、初の著書「笑って稼ぐ仕事術 お笑いライブ制作K-PROの流儀」が発売されるなど、お笑いビジネスのプレーヤーとしても益々注目度される児島さん。番組では児島さんがK-PROを作ることになった経緯から、児島さんがこれまで出会った中で凄いと思った芸人さんのエピソードなど、お笑い好きにはたまらない逸話も飛び出します。

K-PRO、児島気奈さん出演の『コドモゴコロ研究所』2回目の放送は、11月12日23:30までradikoでお聴きいただけます。児島さんにインスパイアされたデジタル証明書「ピース」もだたいまプレゼント中ですので、番組Xも要チェック!

番組の過去放送回は全てYouTubeで配信されています。児島さん初回放送分もお聴きいただけますので過去アーカイブも是非お楽しみください!番組ウェブサイトから聴けますので、そちらからどうぞ!

コドモゴコロ研究所ウェブサイト

コドモゴコロ研究所公式X

K-PRO ホームページ

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

コドモゴコロ研究所
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週日曜 23時30分~24時00分
出演者:鎌田和樹、曽田茉莉江【ゲスト】児島気奈(K-PRO)
番組ホームページ
公式X
公式YouTube

ハッシュタグ #コドモゴコロ研究所

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

村尾信尚「トランプ氏とハリス氏で対立構図が生まれつつある」

バイデン大統領が次の大統領選から撤退したことにより、民主党の候補はハリス副大統領に決まる見込み。723「くにまる食堂(文化放送)」、関西学院大学教授の村尾信尚共和党・トランプ氏と民主党・ハリス氏になるであろう米大統領選について解説してもらった。

村尾「トランプさんは白人男性ですけれども、ハリスさんはアジア系で黒人系でもあります」 

邦丸「お父さんがジャマイカ、お母さんがインド系」 

村尾「人種的にも違うし、女性ということで明確な対立構図が生まれつつあると思います。私もキャスター時代にアメリカ大統領選挙を何回か取材したことがあるんですけれども、一つ印象に残ったのはアメリカ内部の人口構成がどんどん変わってきているということ。アメリカには白人、ヒスパニック系、黒人、アジア系と多くの方が住んでいらっしゃいますが、NHKのデータをみると2014年には白人の人口構成は100人のうち62人、ヒスパニック系の方々が17人、黒人が12人。それが2060年になると、白人が半分を切って43%と過半数割れしちゃうんですね。一方でヒスパニック系が28%までいくんです。黒人は13%くらいになる。つまり白人の皆さんは危機感を感じている。これまでマジョリティーは我々だったのに、これからどんどん少なくなっていく。その中でトップをどうするのか切実になっているんじゃないか、アメリカで色々な方にインタビューして、そういうことが端々から感じられました。トランプさんと、トランプさんとコンビを組む副大統領候補のバンスさんも白人の方。ハリスさんが副大統領候補に誰を選ぶかわかりませんが、人種間での対立とまでは言えないまでも、違いについて今回どういう判断をアメリカがするのか注目です」 

Facebook

ページトップへ