参加無料 親子20組40名参加者募集!GPSお絵描きプロギング&プロギングBINGOイベント

10月23日(月)から10月29日(日)は「ひょうごSDGs WEEK」です。それに先立ちKiss FM KOBEでは、10月22日(日)に西宮市在住のGPSランナー・志水直樹さんと一般社団法人プロギングジャパン代表理事・常田英一朗さんを講師に迎えた「GPSお絵描きプロギング&プロギングBINGO」をKiss FM KOBE・メリケンパーク・元町駅周辺で開催します。親子20組40名様を対象に、ゴミ拾いとジョギングのフィットネス「プロギング」を楽しく体験頂きます。司会は「さかなのおにいさん かわちゃん」ことKiss FM KOBEサウンドクルー川田一輝。プロギング体験前にはKiss FM KOBE内イベントスペースで、街にポイ捨てされたゴミが街や河川・海洋・海の生物にどんな影響を及ぼすのかを楽しく学びます。このイベントの参加者・親子20組40名様(各10組20名様)を募集します(参加無料)。応募多数の場合は抽選とさせて頂きます。ご参加頂く方には10月12日(木)に登録頂いたメールにご案内の上、10月16日(月)頃に封書でご案内状をお送りします。

■応募はこちらから 応募締切10月11日(水)

【この事業は兵庫県SDGs WEEK推進事業補助金を活用して実施します】

■プロギングとは
ジョギングとごみ拾いをかけ合わせた新しいフィットネスで、環境問題を解決に導くSDGsスポーツです。

<GPSお絵描きプロギング>親子10組20名様 講師・志水直樹さん
スマートフォンのGPSログアプリケーションを使い、講師の先導によりプロギングすることでGPSログでお絵描きをして楽しみながら環境について考えます。

<プロギングBINGO>親子10組20名様 講師・常田英一朗さん
街にどんなゴミが落ちているか考え、9マスのビンゴカードに記入。それをもとにプロギングを体験して、実際にどんなゴミが落ちていたか、どんなゴミが多かったか楽しみながら学びます。

■参考リンク
ひょうごSDGs WEEK
GPSランナー 志水直樹 オフィシャルサイト
一般社団法人プロギングジャパン
さかなのおにいさん かわちゃん オフィシャルサイト

GPSお絵描きプロギング&プロギングBINGO
日時:2023年10月22日(日)12:30~15:30(予定)
集合:Kiss FM KOBE(神戸市中央区波止場町5-6)
講師:GPSランナー・志水直樹さん
   プロギングジャパン代表理事・常田英一朗さん
司会:川田一輝(Kiss FM KOBEサウンドクルー)
対象:GPSお絵描きプロギング 小学校3年生以上のお子様と保護者で約3kmを歩ける方
   プロギングBINGO  小学校1年生以上のお子様と保護者で約1.5kmを歩ける方 
募集:親子20組40名様(GPSお絵描きプロギング10組20名様・プロギングBINGO 10組20名様)参加無料
応募締切:10月11日(水)

<当日スケジュール>(予定)
12:00 Kiss FM KOBE集合
12:30 Kiss FM KOBE社内イベントスペースにて開会式・講演会
13:00 グループに分かれ「GPSお絵描きプロギング」「プロギングBINGO」を体験
15:00 体験振り返り・閉会式
15:30 終了

関根麻里、次女の授乳は「ドリンクバーのように……(笑)」

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(3月3日放送)に、タレントの関根麻里が出演。子育てについて語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):関根麻里さんは2014年にご結婚され、翌年・2015年に女の子を出産。2019年には第2子となる女の子を出産されました。

尾木直樹:最初の出産直後、「自分はおっぱいマシーンか!」と思ったそうですね。

関根:本当に、ずっと授乳しているのですよ。何となく母親学級で説明は受けていましたが、2~3時間おきにあげているので。

淵澤:そのうち、あげながら寝られるようになりますよね。

関根:次女の際はそうでした。ドリンクバーのようにセルフで勝手に飲んで、いなくなっていました(笑)。

尾木:出産後は「パパ・ママ0歳だ」と感じたそうですね。

関根:お世話になった助産師さんからいただいた言葉です。子どもを育てるという意味の「育児」と、自分を育てるという意味の「育自」がある。パパもママも0歳で最初は何もできないから、「赤ちゃんと一緒にいろいろなことを覚えていけばいい」と聞いて、失敗してもいいんだと思い、気持ちが楽になりました。長女が4歳のときに次女が産まれましたが、2人の育児は初めてなので、またパパ・ママ0歳になりました。

尾木:長女に次女ができたことを話したとき、意外な言葉が返ってきたそうですね。

関根:長女は周りの友達がお兄ちゃん・お姉ちゃんになった際「みんなとても喜んでいた」と話していたので、さぞかし喜んでくれるかなと思ったら、「うちには赤ちゃんはいらない」とすごくドライな言葉が返ってきたんです。だから次女が産まれるまで、長女には「一緒に遊べるよ」とか「名前を一緒に考えようね」など、なるべくポジティブな話を聞かせていました。

尾木:赤ちゃんが産まれると、赤ちゃん返りしてしまうお兄ちゃん・お姉ちゃんが多いのですよね。

関根:周囲の人たちからのアドバイスで、「赤ちゃんが産まれてもお姉ちゃんを優先するように」と言われました。うちの父(関根勤さん)が「俺は長女担当だから」と言ってくれたり。また、赤ちゃんを抱っこする前は、お姉ちゃんを先に構っていました。そしてお姉ちゃんが見ていないところで赤ちゃんを可愛がる。

尾木:すごい! 素敵なアドバイスですね。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ