若山かずさ 子供の頃、女子プロレスラーを目指して丼めしを3杯食べていた!?

ニッポン放送『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』

ニッポン放送のイマジンスタジオから、素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分~/司会:中山秀征・アシスタント石川みゆき)。4月21日(日)のゲストは、川中美幸さん、若山かずささん、青山新さんです。

若山かずささん

ペイズリー柄の素敵なお着物で登場した若山かずささん。懐かしの昭和歌謡から、昭和36年、五月みどりさんのヒット曲『おひまなら来てね』を歌うと、聴いていた中山秀征さんが『この歌、若山かずささんにぴったりですね! お酒を飲みに行きたくなりました(笑)』と大絶賛でした。

「以前、アルバム『日本の名曲 第2集』でカバーした曲なんですが、ステージで唄うと、ファンの皆様にとても好評をいただけるので大好きな一曲です」

デビュー40周年を迎えた若山かずささんですが、その記念曲『木更津みれん』は、地元・千葉県木更津が舞台で、ご本人にとって初めてのご当地ソングです。

「曲の中に、『やっさい!もっさい!』というお囃子が入っています。皆さんが一緒に掛け声をしてくださるので、とても盛り上がる歌なんですよ」

若山かずささん、中山秀征さん

千葉県市原市で「カラオケスタジオかずさ」を営む若山かずささん。お店に行く前に、お気に入りのカフェで朝食をとるそうです。

「お昼ご飯が食べられない時があるので、朝ごはんをしっかり食べています。そのカフェでは、朝ごはんに『鮭定食』を食べるのですが、さらに目玉焼きと赤いウインナー3本を追加します。ご飯が大好きで、納豆とキムチがあれば、おかわりを3杯するので、『食べすぎよ!』とお店の人に注意されます(笑)。実は、子供の頃、ビューティペアの大ファンで、女子プロレスラーを目指していました。あの頃は丼めしで3杯食べました。食欲旺盛なのはいまも変わりませんね(笑)」

青山新さん

新緑の季節、緑のスーツで登場した青山新さん。懐かしの昭和歌謡から『噂の女』(内山田宏とクール・ファイブ)を歌いました。

「コンサートやイベントなどでも歌わせていただいている曲ですが、ファンの皆さんからのリクエストも多いんですよ。僕自身、最近では女唄の世界をオリジナルで歌っているので、勉強のために『噂の女』をはじめ、沢山の女唄を聴きました」

デビュー5周年記念曲『女がつらい』は、前作『女のはじまり』に続く女唄シリーズ第二弾です。1番は札幌のすすき野、2番は東京の新宿、3番は大阪の曽根崎、4番は博多の中洲というように北から南へと別れた彼を探し求める哀しい女の物語です。

青山新さん、中山秀征さん

今年デビュー5周年の青山新さん。恩師の水森先生に14歳、中学2年生のときに弟子入りしてから10年目になります。

「デビューしてからも先生のお宅でレッスンを受けますが、いつも30分早く先生のお宅に伺い、ご挨拶をしたあとに洗車をします。山内惠介さん、三丘翔太さんから続く伝統なのですが、水森先生から『青山はいいね、車がピカピカだよ』とめちゃくちゃ褒められます。レッスンは厳しいんですけどね(笑)」

川中美幸さん

代表曲の中から、1988年発売のヒット曲『豊後水道』を披露した川中美幸さん。この曲は、阿久悠さんと当時の大分県の平松知事が親友で、「演歌は北の国をイメージする曲が多いが、南の暖かい場所をイメージする楽曲を創って欲しい」という依頼のもと、つくられた楽曲です。

「誰に歌わせようか、それなら可愛い川中美幸に歌わせようと決まったんですよ(笑)」

新曲『人生日和』は、久しぶりの男唄で、明るく笑顔で歌える人生の応援歌です。会場から「待ってました!」の掛け声が飛びました。

川中美幸さん、中山秀征さん

キャンドル(手ごねキャンドル)づくりが趣味の川中美幸さん。火をつけずに飾るためのキャンドルで、粘土の様に好きな形に作ることができて、絵を描く様に色もつけられて、想像力が膨らむ楽しさがあるそうです。

さらに、最近は、「可愛い缶」を集めているという川中美幸さん。

「お菓子の缶、お煎餅の缶、クッキーの缶、可愛い缶がどうしても捨てられないんです。私の母も物を大事にする人で、高崎のだるま弁当や峠の釜めし、包装紙やひもまでも大切に取っていましたね。いつしか私も缶が捨てられず、近所からはカンカン娘と呼ばれています(笑)」

<<川中美幸さん>>

・5月10日~5月19日、大阪松竹座で開催の「大阪・松竹新喜劇 喜劇発祥120年」に出演。

○川中美幸さんの詳しい情報→https://kawanaka-miyuki.jp

——

<<若山かずささん>>

・6月2日、千葉県君津市の「きみつフェスティバル2024」に出演。

・6月10日、東京・セシオン杉並で開催の震災チャリティーコンサート「人仁の会」に出演。

○若山かずささんの詳しい情報→https://ameblo.jp/wakayamakazusa/

——

<<青山新さん>>

・5月4日、東京・JCOMホール八王子で開催の「八代亜紀 追悼コンサート~オーケストラで蘇る 感動の歌~」に出演。

・6月1日、新潟・新潟県民ホール大ホールで開催の「令和にっぽん!演歌の夢まつり2024 新潟公演」に出演。

○青山新さんの詳しい情報→https://www.aoyamashin.com/

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW
放送局:ニッポン放送
放送日時:2024年4月21日 日曜日 5時30分~6時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

入野自由「ファンとの関係値で出来上がった作品」ベストアルバム『15』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
5月25日のゲストは入野自由さん!
ベストアルバム『15』について伺いました。

ナント7枚組のベストアルバム『15』。95曲+新曲1曲の全96曲を収録しています。「僕もビックリしたんですよ。この作品を持ってKiramuneを離れるんですけど“最後はベストアルバム出しましょう。全部行きます”って!」。入野さん曰く「オーバーチュア入れると97曲みたいな感じになるんですけどね」

改めて自分の楽曲と向き合ってどんなことを感じたのでしょうか?「この曲はこういう思い出があったといった形でライナーノーツを書いたんです。久しぶりに聞いてみたり、やっぱりいい曲だなと思ったり。音楽って凄いと思うのは記憶と直結してる。聞くとあの時、こういう思い出があったというのがすぐ出てくるんです。ファンのみなさんにも感じ取って頂けるかなと思います」

2009年6月24日にミニアルバム『Soleil』でデビューした入野さん。アーティスト活動を始めた頃の想いを聞いてみたところ「ポップスにめちゃくちゃ疎かった。僕はミュージカルソングをずっと聞いてきた人間。だからポップスを作るとか歌うことを考えたこともなかったんですよね。いざ歌いますとなって“どうやって作るんだろう?何を歌えばいいんだろう?”というところからアーティスト活動は始まりました」

そんなアーティスト活動の転機を伺ったところ「『glee/グリー』という海外ドラマで吹き替えを担当して洋楽に出会うんです。そこから素敵なアーティストを調べて、掘って行ったりして“こういう曲好きかもしれない”という自分の好きを発見して、そこから例えばジャケット、紙質だったり、やりたいことが明確になったという感じですね」

手探りで始まったアーティスト活動ですが、年を重ねるごとに出来ることが増えていきます。「ライブではギターやピアノの弾き語りを披露したんですけど、譜面が読めるわけじゃないから鍵盤の中でどこを弾くか目で覚えるんですよ。あるライブの最終日にどこを弾けばいいか分からなくなったことがあって。とっさにアカペラで歌ったんですけど途中で思い出したんです!宅録もはじめてオーディションテープも自宅のマイクで取れるようになりましたね。それこそ『千と千尋の神隠し』のオーディションはカセットテープ!」

アーティスト活動は“声優・入野自由”にどんな影響を与えてきたのでしょうか?「声優としての活動も舞台も作品があってキャラクターがあるから、自分がどうこうじゃない。でも歌をやるとなった時は自分が何をしたいかが全部。子役の頃から自己表現が苦手だった僕は“もっと個性があった方がいいよね”とずっと言われてきたんですけど、Kiramuneで活動をすることで、自分のやりたいこと、表現したいことを獲得出来たんです。今でも道半ばと思っているんですけど、自分が何者なのか、どんなことを考えてるのか向き合う時間でしたね」

ベストアルバム『15』に収録している新曲、“ふぁんも”で初解禁してくれた『SUGOI MUSIC』の話も伺いました。「佐伯youthKさん、Kohei Shimizuさんと共作したいと思ったんです。二人は僕の核となる曲を提供してくれたし、誕生日イベントに来てくれて3人で歌ったりしたことも。3人で作ったらどうなるんだろうと思って作り始めたんです。明確なイメージがあったわけじゃないけど、エモい曲を作りたいよねというところから始まって。ワンコーラス分の曲が出来たんだけど、僕が1ヶ月以上止めるっていう…」

難航した曲作り、進展のきっかけをくれたのはファンの存在でした。「ファンのみなさんと対面でリリースイベントで会う機会があったんです。その経験が深夜にビビビビってきて、15年を振り返るというタイトルでメッセージみたいなことを書き出したんです。二人に対しての言葉も書いて送ったら、いたく感動してくれて。アーティスト活動を通していろんな成長したので、やっぱり音楽って凄いと書いたら『SUGOI MUSIC』というタイトルを上げてきてくれたんですよ。そこから進んで行きました。完成した曲を聞いた時は感動しましたね」

6月4日からはツアーがスタートする入野自由さん。ベストアルバム『15.』は入野自由さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「最高の7枚が出来ました。ファンのみなさんとの関係値で出来上がった作品になっておりますので、みなさんに届けばと思っております。よろしくお願いします!」

Facebook

ページトップへ