黒木瞳と峯村リエ~それぞれのセリフの覚え方

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、女優の峯村リエが出演。役柄の演じ方、またセリフの覚え方について語った。


黒木)今週のゲストは女優の峯村リエさんです。役によってセリフの言い方や、キャラクターを変えたりしますか?

峯村)変わりますね。そして、それが私生活にも出て来てしまうみたいです。

黒木)引きずるタイプですか。

峯村)そうなのです。

黒木)それは入魂! しているのかも(笑)。

峯村)ちょっと恥ずかしい。

黒木)疲れません?

峯村)すごく疲れます。

黒木)役柄と自分自身のバランスはどうやって取っているのですか?

峯村)猫と遊ぶときとか(笑)。お酒をいただいたりするときに、自分を取り戻しますね。

黒木)私はまったくそのときだけなのですよ。そのときに、いちばんいいボルテージで芝居に臨みたいと思います。テストのときに上手く行っても、本番で上手く行かなかったら毎日反省するわけですよ。

峯村)テストのときの方がよかったと思うことはありますよね。

黒木)でもそれは自分が思うのであって、監督が「今回の方がよかったよ」とおっしゃるときはあるのですが、自分のなかの充実感や達成感というものが、テストの方が無心で演じられたと思うと……。だから、なるべく引きずらないで忘れて、また行ったら集中する。その繰り返しになります。

峯村)いくらテストのときに「テストの方がよかったな」と思っても、終わったらもうそれはすっかり忘れるのですか?

黒木)忘れる努力をします。ただ、反省すると、家でまたセリフを言っています。撮ったのに、またセリフを言っている自分がいて、「ダメダメ」と。でも、気づいたら言っています。

峯村)そうですよね。何か安心しました。

黒木)セリフ覚えはどうですか? 早い方ですか?

峯村)決して早くないですね。いまも四苦八苦しています。ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが書く脚本は、長年やっているので言い回しも慣れています。かなり後の方に本ができ上がるのを、早く覚えなければいけないというところがあって、それで訓練はされているけれど、他の方の台本だと言い回しが違うではないですか。そうすると四苦八苦しますね。

黒木)どこで覚えられますか? 役者によって散歩中がいいとか、お風呂がいいとかいろいろありますけれど。

峯村)私は、家のなかで歩き回って覚えます。

黒木)歩く。

峯村)歩かないと覚えられないのですよ。外でやったらすごく恥ずかしいので。

黒木)歩くと言っても、筋肉を使っているので。何かをやりながら、立て板に水のようにセリフが落ちて来ると自信につながりますからね。映像の場合もそうですか?

峯村)映像の場合もそうです。あとはお風呂に浸かりながら何回も言って、何があっても言えるようになると、本番でも現場がすごく楽しくなりますね。

黒木)私は若いときに先輩の俳優から、「現場へ行ってみないと、相手の方が右に座っているのか左に座っているのかわからないではないですか。前かもしれない。左ばかりで練習していると、右に座られたときにセリフが出て来なかったりすることがある。だから、すべてのシミュレーションをやっておく。立ってセリフを言うか、座って言うかは現場に行かないとわからないから、すべてのシミュレーションを全部やって行くと楽ですよ」と言われたことがあって、そうしています。

峯村)いまもやっていらっしゃいますか?

黒木)やっています。

峯村)私もやらせていただきます。「黒木瞳さんに教わったのですけれど」ということで。


峯村リエ/女優

■1964年3月24日生まれ。東京都出身。劇団『ナイロン100℃』に在籍。
■子供の頃から芝居好きの母親の影響を受け、さまざまな芝居を観劇。高校卒業後、俳優養成所『五月舎』の演出部に入所。
■ナイロン100℃結成時からのメンバーとして活躍し、数々の舞台に出演。テレビドラマ・映画への出演も数多く、大河ドラマ『真田丸』では茶々の乳母、大蔵卿局を演じて大きな話題に。堤幸彦監督作品にも数多く出演されている。
■2019年8月からは舞台『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』に出演。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ