ラグビー元日本代表・伊藤剛臣~いまさら聞けない“ラグビーのルール”

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、ラグビー元日本代表の伊藤剛臣が出演。ラグビーの素晴らしさについて語った。

【ラグビーW杯2019日本大会】練習に臨む、リーチ・マイケル、田中史朗ら=2019年9月18日 秩父宮ラグビー場 写真提供:産経新聞社

黒木)今週のゲストはラグビー元日本代表の伊藤剛臣さんです。46歳まで現役選手でいらした、日本ラグビー界のレジェンドと言われる存在です。ラグビーワールドカップ日本大会が開催中ですが、日本チームへの期待などはどうですか?

伊藤)ラグビーワールドカップは、いまや世界3大スポーツイベントの1つなのです。知っていましたか? 1つ目がサッカーワールドカップ、夏のオリンピック、そして3番目がラグビーワールドカップなのです。200ヵ国以上でテレビ放送されて、それを40億人以上が観ますから。

黒木)40億人?

伊藤)はい。日本ではラグビーはまだメジャーではないのですが、世界的にはそういうことになっているのですよ。世界3大スポーツの祭りが来るという感じですね。

黒木)ラグビーはサッカーと兄弟のようなものだと言うのは、どういうことですか?

伊藤)同じイギリスから生まれたのですが、ラグビーとサッカーが混ざったようなものがイギリス各地で行われて、手を使うか、使わないかでサッカーとラグビーに分かれたのです。我々は兄弟です。

黒木)そうなのですね。でもボールの形も違うし、ルールもとても複雑だと思うのですが、ラグビーワールドカップの楽しみ方、素人の私でも楽しめるような楽しみ方を教えてください。

伊藤)ラグビーのルールが難しいという方は、たくさんいらっしゃいます。私も46歳まで現役プレイヤーでしたが、ラグビーのルール全部は知りません(笑)。私が知っていることは、まず、ボールを前に投げてはいけない。ボールを前に落としてはいけない。タックルされたらボールを離さなくてはいけない、ということくらいです。

黒木)ボールを離さなくてはいけない?

伊藤)ボールを持ってタックルされたら、倒れるではないですか。そうなったら、ボールを離さなくてはいけない。そこでボールの争奪戦が始まるのです。ラグビーは基本的に陣取りゲームなので、常にボールの争奪戦が行われています。アタックはボールを持って走る。パスする、キックする。集団で押し込む。仲間で助け合い、協力し合ってボールをつないで、キックして。トライを取りきる姿は、ヨーロッパでは集団芸術のようだと言われています。その逆のディフェンスは、チームのために頭からタックルを突き刺します。その姿は必ず心を打つものがあると思います。世界最高峰のラグビーの攻防を楽しんでいただきたいです。レフリーが笛を吹いたりしますが、そのときには「何かあったのだろうな」くらいの気軽な気持ちで観てください。

黒木)美しいその光景を堪能するということでしょうか?

伊藤)そうですね。「ONE FOR ALL , ALL FOR ONE」、1人はみんなのために、みんなは1人のために。そういう精神で闘っていますから、ぜひ観ていただきたい。ちなみにラグビーワールドカップのビール消費量は、サッカーワールドカップの6倍です。ヨーロッパの人も南半球の人も試合前、試合中、試合後と、ガンガンにビールを飲みます。

伊藤剛臣(いとう・たけおみ)/ ラグビー元日本代表

■1971年、東京都出身。
■法政大学第二高校時代、担任の勧めでラグビーを始め、高校代表に選出。法政大学3年時には大学選手権で25年ぶりに優勝をもたらした。
■卒業後、社会人ラグビーの名門・神戸製鋼に入社。1994年度の全国社会人大会、日本選手権7連覇に貢献。
■1995年、阪神淡路大震災が発生。神戸をラグビーで勇気付けたいという思いを胸に、1999年・2000年度の全国社会人大会・日本選手権にて連覇を果たす。さらに、トップリーグ開幕初年度の2003年にはチームを優勝に導いた。その後もチームの中心選手として活躍し、数々の栄冠を手にした。
■神戸製鋼の契約終了を機に、40歳で1度は引退を決意。しかし、2011年の東日本大震災をうけ、消えないラグビーへの情熱と、震災で被害を受けた釜石に神戸での思いを重ね、トライアウトを受ける。
■2012年、18年間所属した神戸製鋼から「釜石シーウェイブス」に移籍。
■ラグビー日本代表ではW杯に2大会出場。1998年のアジア大会では主将を務めるなど日本ラグビー界を長きにわたり牽引。代表キャップ62は歴代8位の記録(2018.5月当時)。
■2018年1月まで現役最年長記録選手として活躍していたが現役を引退。
■引退後は、ラグビーW杯2019日本大会のアンバサダー、また釜石シーウェイブスのアンバサダーを兼任し、ラグビーの魅力を伝えている。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(9月16日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ