『さんま御殿』出演は賛否両論? 末吉9太郎、放送中にエゴサでチェック

5月16日(土)、5人組ボーイズユニット・CUBERS(キューバーズ)の末吉9太郎がラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(ニッポン放送・毎週土曜13時〜)に出演し、バラエティー番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)での裏話を明かした。

「それなー」「沸いたー」のフレーズで“アイドルオタクあるある動画”をSNSに投稿し、総再生回数が3億回を突破するほどの人気を集めている末吉。この日はリモート出演となったが、「僕は友達がいないので、外に出る用事がないんですよ」と、意外な一面とともに、自宅での生活を満喫している様子を見せた。

また、5月8日にメジャーデビュー1周年を迎えたCUBERSが、6月24日(水)にメジャー1stアルバム「MAJOR OF CUBERS」をリリースすることを報告。これまでの1年間を振り返りながら、特に印象に残っているという『さんま御殿』に出演したエピソードを語った。

末吉:僕、番組中に何回も「それなー」って言ったんです。覚えてほしくて。

天野:それは、ハマったの?

末吉:さんまさんもすごく面白がってくれたんですけど、「それなー」を何回言っても、さんまさんは「なにのー」って言うんです。なんで覚えてくれないの〜ってなって。

天野:それは返しだから(笑)。「それなー」に対して、「それなー」で返したら、そのまま過ぎちゃうから、師匠のアレンジですよ!

末吉:あ、そうなんですね!? そうだったんだ、さんまさん!

天野:ただ、それが「なにのー」で正解かどうか知らないけど(笑)。

末吉:収録が終わって捌けるときにも、またさんまさんが「なんやっけ? なんやっけ?」って聞いてきて、「“それなー”ですよ!」って言ったんですけど。

天野:それはわざと? 本当に忘れちゃった感じで?

末吉:多分。カメラが回っていなかったので。でもとっても優しかったです!

天野:優しいよ〜! こんな優しい人いないんだから。じゃあオンエアして、9ちゃんのことを覚えてくれた人いたの? 反応とかすごかった?

末吉:そうですね。反響がすごくて、エゴサが大変でした。追いつきませんでした。

天野:オンエア中から見るわけ?

末吉:はい、しながら見ます。ただ、本当にたくさん書いてくださったので、僕もてんやわんやって感じでした。

天野:いいこと書いてたの? 「ハマってるな」とか。

末吉:そうですね、賛否両論って感じですね。

天野:あははは(笑)。でもそうでなくっちゃね、9ちゃんはね。

また、実は番組収録の2週間前から、猛烈な緊張とプレッシャーで体調を崩すほどだったという末吉。

日頃からエゴサーチはしているそうで、自身の悪口をツイートしているアカウントには、あえて「いいね」ボタンを押していると告白。これには天野も「こわいよ(笑)」と苦笑していた。

radikoのタイムフリーを聴く

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ