関西人目線の北海道とは!? 12時間45分のスペシャル企画

OBCラジオ大阪は3月18日(月)、「春のおでかけスペシャル 今日の行先は北海道!」と題して朝7時から19時45分まで5つのワイド番組で北海道の魅力をお届けします。「北海道は憧れるけど、遠いし、広すぎてどこに行ったらええか、わからへ~ん!」。そんな関西人にも、北海道を身近に感じてもらえるスペシャル企画です。耳で旅する北海道! 関西以外のみなさんも、ぜひ、関西人目線の北海道をお楽しみください。

■朝から晩まで5つのワイド番組で

最大震度7を記録し、大きな被害が出た北海道胆振(いぶり)東部地震の発生から半年。北海道を関西から応援しようという狙いも、この企画にはあります。

スタートは7時からの「慶元まさ美のハッピー・モーニング」。野菜ソムリエでもある慶元まさ美が北海道の農産物について生産農家に電話でお話を伺います。スタジオでは、まろやかで上品な甘さが人気のてんさい糖を使ったお料理レシピを披露します。

11時からの「青木和雄の昼までえぇやん!」では、ワイン通の青木和雄が池田ワイン城(北海道池田町)に電話をつないで十勝ワインの魅力を担当者からお聞きします。この番組の放送中、レポーターの裏野さやかが関西国際空港を出発し、北海道へ飛びます。おひる12時からの 「ほんまもん!原田年晴です」では、釧路に到着した裏野が北海道ならではの絶品ランチを探し、現地から食レポを入れる予定です。

■スタジオと釧路の屋台村つなぎ乾杯?

15時からの「髙岡美樹のべっぴんラジオ」では、マリモで知られる阿寒湖に到着予定の裏野、ユネスコ無形文化遺産に登録されたアイヌ民族の舞踊と音楽をレポートしたいと張り切っています。18時からの「熟メン!野村啓司です」では、釧路の屋台村「赤ちょうちん横丁」から中継をつないでスタジオの野村啓司と乾杯する予定です。

以上、12時間45分のスペシャル企画。裏野は予定通り、無事すべての番組に北海道らしい素敵なレポートを入れることができるか? ぜひ、応援してください。

さらに、番組の間に流れる時報(時間のお知らせ)も、この日は「北海道の歴史」バージョンで味のある時報をお届けします。150年の北海道の歴史を振り返り、毎時ちょうどに、ひと場面ずつご紹介します。こちらも、お聴きのがしなく!

春のおでかけスペシャル 今日の行先は北海道!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2019年3月18日 月曜日 7時00分~19時45分
出演者:裏野さやか、慶元まさ美、青木和雄、髙岡美樹、原田年晴、野村啓司

※該当回の聴取期間は終了しました。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ