笑福亭鶴志さんは豪快で厳しくて弟子想い『hanashikaの時間。』

木曜は、笑福亭鶴二さんと内海英華さんの爆笑トークをお楽しみください

『hanashikaの時間。』木曜日の「TSURUJIの時間。」は、6代目笑福亭松鶴師匠の最後の弟子、笑福亭鶴二さんが、弟子時代のことなどをお話しするコーナーです。

5月14日(木)のこのコーナーでは、5月8日に亡くなった、兄弟子の笑福亭鶴志(かくし)さんを偲んでのお話となりました。

 

「今夜は、先日亡くなりました、ほんとに厳しくもあり、精神論みたいなことをずっと(自分に)教えてくれました、笑福亭鶴志兄さんが他界されまして、その話を...。」

少し声を震わせながら話を始めた鶴二さん。鶴志さんが亡くなった翌日には、内海英華さんにお電話をされていたそうです。

兄弟子 笑福亭鶴志さんの思い出

最後にお仕事を一緒にされたのは、「ゆとりーと寄席」(東大阪で毎月行われている寄席)。

「僕が(鶴志兄さんに)羽織りを着せてたら、兄さんが『6時を回りました。こんばんは。笑福亭鶴二です』(「hanashikaの時間。」のオープニングの鶴二さんの台詞)と言うて、『こんなんでええか~』と僕にサービスしてくれるんですよ。僕が『お兄さん、聴いてくださってるんですか』て言うたら『聴いてるで~』て言うて。『ありがとうございます』て言うたら『お前な、「ゲストの時間。」な、お前がゲストにしゃべらさなあかんがな。お前ばっかりしゃべって、どないすんねん!』て。本当、最後までアドバイスというか、気にかけてくださっていました」としみじみ話しました。

鶴二さんが30歳を超えた頃、鶴志さんにお願いして始めることになった「二人会」。「二人会はええけど、おまえどれくらいオレとやるつもりやねん」と聞く鶴志さんに、その「どれくらい」という声にびびってしまい「え、え、え、え、...一年!」と言ってしまった鶴二さん。鶴志さんは「一年!一年おまえとふたりでやんのんか」と驚きつつも「それやったら今から計画をたてなあかん」と、ネタを24本書くように言われたそうです。

鶴二さんが持ちネタを書いて見せると、鶴志さんはごっつう怒らはって、「なんで持ちネタばっかり書くんや。二人会やるんやったらオレに挑んでくる、新ネタを出すいう気はないんか!」と言われ、鶴二さんは月に一本ネタおろしをすることになったそうです。

鶴二さんは、鶴志さんに稽古をつけてもらおうと、鶴志さんの自宅に行きますが、45分ほど稽古をすると「もうええわ、あともうどっかでやれ」と言われ、その後は、お酒の席となったそう。

「2回見てもらったネタなんかありませんよ」と言う鶴二さんに「それだけ横でよう聴いてるいうことやけどな」と頷く英華さん。「(お酒を飲むのも)それが稽古やから、向こう(鶴志さん)の」と鶴志兄さんの人柄に思いを馳せました。

そして、その45分稽古の翌日、鶴二さんがそのネタを浪花座で披露すると、それが面白かったという話が鶴志さんの耳に入り、上機嫌の鶴志さんは「先生がええからや」と大満足。その時の鶴志さんの笑顔を思い浮かべるように、鶴二さんが話します。

豪快な鶴志さんから教えられたこと

豪快なことで知られる鶴志さん。

新ネタを1年間、毎月1つずつおろすことになった鶴二さんですが、鶴志さんは「お前にばっかり言わへんで、お前が新ネタで来るんやったら、オレかて何本かおろす」と新ネタを出すことにされたそうです。そして鶴志さんが3回目に「猿後家」の新ネタをおろされた時のこと。

本番で、途中で噺を忘れてしまった鶴志さん。しばしの無言の後「お客さん、この次、なんやと思います? ...いや、どこやと思います?」とお客さんに問いかけます。「さあ、わかりません」と首をかしげるお客さんに、「まあ、いろんなとこがおまんねん」などと返しつつ、ごまかしているうちにネタを思い出し、持ち直して最後まで乗り切られたそうです。

そして舞台を降りてこられた鶴志さんは、鶴二さんに「ネタおろしいうのはあんなもんやねん。だいたいお前はビビりすぎやねん。ネタおろしで間違えたからいうて、命とられるわけやあらへんで。お前はなんでもそうやねん。礼は楽屋で尽くすもんや。舞台へあがったら、座布団へ乗ったら、な? 、日本一やと思わんか、アホんだら。」と言われたそうです。

その時の鶴志さんの舞台を振り返り「『ビビリで失敗したらどうしよう』ばかりで頭がいっぱいの自分にそう言ってくれたんですよ」と鶴志さんの教えを振り返りました。

そんな鶴二さんに「そら鶴志兄さんやないと言われへん」と大笑いする英華さん。

「次の月から『間違うてもええねん、自信持ってしゃべったらええねん』と思うようになったら、僕、良うなったんですよ!」と鶴二さん。

「ほんで兄さんが言うにはね、『見てみい、先生がええからや』...って。」と、また二人で爆笑しました。

尽きない思い出

鶴二さんが鶴志さんの運転手をしていた頃「おまえと心中する気あれへんねん!」と怒られたエピソードなど、思い出は次々に溢れてくるようです。

「がたいが大きくて豪快な鶴志兄さん、(僕と)タイプが違うと言いながら、かわいがってもらって、あちこち連れて行ってくれた。」と振り返りました。

コーナーの時間が残りわずかになる頃、鶴二さんは「こんな話をしていたらキリがないんですが...」と、この時間が終わるのを惜しむように言い「笑福亭鶴志兄さんのご冥福をお祈りします。」と声を詰まらせながらコーナーを閉じました。

鶴二さんががどれほど鶴志さんを慕っていたかを感じる時間でした。

 

鶴二さんの思いがあふれる、鶴志さんの思い出話、タイムフリーでどうぞお聴きください。

hanashikaの時間。
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 18時00分~19時45分
出演者:(月)笑福亭鉄瓶、松本美香、(火)桂小春團治、小川恵理子、(水)笑福亭晃瓶、近藤綾香、(木)笑福亭鶴二、内海英華
番組ホームページ
公式X

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ