三代目桂小春團治が空に想いを馳せる「もしもスーパーマンが落ちてきたら」『hanashikaの時間。』

パーソナリティ 桂小春團治とアシスタント 小川恵理子

ラジオ大阪(OBC)が月~木曜夜に放送しているワイド番組『hanashikaの時間。』は、日替わりで落語家らがトークを繰り広げる番組です。7月14日(火)のオープニングトークの話題は、2日に関東で目撃され、話題になった「火球」。今週になり、千葉県内で発見された火球の正体と見られる石片は、分析の結果、隕石の破片と確認されました。

思いがけず目撃した火球

パーソナリティの桂小春團治は、十数年前に大阪市内で予期せず火球を目にしたと話します。日中、車に乗っている時、ふと空へ目を上げると真っすぐに尾を引きながら移動する光るものが見えたといいます。昼間だからか周囲の人々は全く気付いていない様子。小春團治はその光の正体を「飛行機が墜落したんちゃうか」と想像しましたが、墜落音も聞こえず、不思議に思いながら帰宅。当日はニュースに見当たらなかったそうですが、翌日の朝刊には、同じ時刻に日本海側で火球が日本海へ落ちていったとの目撃談があったと掲載されていて、大阪市内ではっきりと見えた火球が、実は随分と遠くのことだったことを知り、驚いたと話しました。

もしもスーパーマンが落ちてきたら…

冒頭の今月目撃された火球(隕石)の大きさは数十センチと、それほど大きなものではなかったそうです。小春團治は、数十センチのものが大きくはっきりと見えるのだから、もしもその物体が1メートルもあったとしたら…と、そのインパクトを映画『スーパーマン』を例に挙げて想像します。

「スーパーマンは1mくらいの球に乗って地球に落ちてきた。(その衝撃で)地面にはものすごい溝が彫られて、その球の中から出てきた赤ん坊がスーパーマン」。アシスタントの小川恵理子が「スーパーマン、そんな出方やったんですか」と驚くと「そう、桃太郎みたいな話なんですよ」と笑ながら「もしも、あの(スーパーマン)くらいの球が本当に(宇宙から)落ちてきたら被害がすごいだろう」と話しました。

小春團治は「予期せぬ時にいろんなものが見えることがある」と続けます。

ニュージーランドに行った時に上空で目撃した国際宇宙ステーションを例に挙げると、小川は「その中には人がいて、掃除したりごはん食べたりしてはるんでしょうね」と笑わせながら「なんて大きな話!」と空に想いを馳せます。小春團治も「そらそうでしょうね」と笑いながら「空はやっぱりロマンだよね」と頷きました。

冬は澄んだ夜空を見上げて歩くという小春團治。「大阪の空は星もそれほど見えないけど、オリオン座でも見えたら(いい)」と話します。「いろんな事に想いを馳せながら星を見てるだけでも時間が経ってしまう」と言い、「そんな夜空を仰ぎ見る余裕も必要なんじゃないでしょうか」とリスナーに呼びかけました。

火曜日の『hanashikaの時間。』は、パーソナリティの三代目桂小春團治による映画の紹介や、アシスタント小川恵理子による淡い想い出話のほか、ゲストを迎え、豊富な話題でお送りする番組です。

この番組は7月21日(火)まで、radikoのタイムフリーでお聴きいただけます。

hanashikaの時間。
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 18時00分~19時45分
出演者:(月)笑福亭鉄瓶、松本美香、(火)桂小春團治、小川恵理子、(水)笑福亭晃瓶、近藤綾香、(木)笑福亭鶴二、内海英華
番組ホームページ
公式X

※該当回の聴取期間は終了しました。

友達からのバンドの誘い、楽器歴が浅いけれど挑戦してみたい…SUPER BEAVERが10代リスナーの悩みに答える

SUPER BEAVERがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! ビーバーLOCKS!」。7月12日(金)の放送では、生徒(リスナー)と直接電話を繋ぎ、バンド活動に関する相談に答えました。


SUPER BEAVER(左から上杉研太、藤原広明、渋谷龍太、柳沢亮太)



<リスナーからのメッセージ>

4人に相談したいことがあります。私は今、中学生の頃から念願だった軽音楽部に所属し、ベースを担当しています。ある日、同じクラスの友達から「ベース担当がいないから掛け持ちでバンドをやらないか」と誘われました。

誘ってくれたことはとても嬉しかったし、やりたい気持ちもあるけれど、4月からベースを始めた私なんかが掛け持ちをしていいものなのかと思い、答えを出せずにいます。

返事はゆっくりで大丈夫だよと友達は言ってくれましたが、そのことを考えるとモヤモヤしてしまいます。4人からバンド掛け持ちへの背中を押してほしいです(15歳)

――柳沢「友達に誘われるのも才能の1つ」

渋谷:4月ってこのあいだだよ? すごいことだなと思っております! 電話しながら直接相談に乗りたいなと思います! もしもーし! ありがとうね!

リスナー:こちらこそありがとうございます!

渋谷:めちゃくちゃハキハキしているから、掛け持ちに誘われている理由がわかるよ! 中学生の頃からやりたかった軽音部に入ったんだ? 楽しい?

リスナー:はい! 先輩も優しくて、理想の軽音部って感じがしています!

上杉:最高じゃない! 何にも言うことないですね~!

渋谷:ベースはいつからやっているの?

リスナー:ちょうど2ヵ月前にやり始めました!

渋谷:入ってからベースを始めて、掛け持ちに誘われているのね?

リスナー:はい!

藤原:もしかして、天才なのか!?

上杉:元々メンバーがいないから「あなたがベースをやって!」的な感じですか?

リスナー:そんな感じです(笑)。

上杉:だいたいみんなギターとかボーカル、ドラムとかで、最初からベースを弾いている人は少ないよね。要は、人口が少ないから強制的に始めましたっていうベーシストが今も周りにいますから。あるあるですよね。

リスナー:そうですね(笑)。

渋谷:でも、よかった! バンドを組んだり、誰かと音を出すってすごく楽しいでしょ?

リスナー:本当にすごく楽しいです!

渋谷:その楽しいっていう気持ちが一番大事だと思うからね。なるべく長く継続して楽しんでほしいなって思うんだけど、お悩みとしては「かけ持ちを誘われたけど、やっていいのかな?」っていうことでしょう? 「私なんかが掛け持ちしてもいいのかな」と思っている、悩みの根幹の部分は歴が浅いからなのかな?

リスナー:はい。周りのみんなは楽器経験者の子が多くて、私だけ始めたばっかりなので、浮いちゃうんじゃないかなって不安があります。

渋谷:そういうことね! ちなみにだけど、リスナー的にはやりたい気持ちはあるのかな?

リスナー:やりたいです!

上杉:それでいいじゃない!

柳沢:やっちまえ!

藤原:やっちゃえよ!

柳沢:誘われている時点で一緒にバンドやりたいんでしょ?

渋谷:歴以外に悩んでいることがないんだったら、やっちゃえって俺ら的には思うんだけど?

リスナー:やりたいです!

渋谷:オッケー! 俺もバンドを始めたときなんて、上杉に誘われて、人前で歌ったことなんてないような状態で始めてさ。今、20年目だぜ?

リスナー:すごいです!

渋谷:延長線上にいるんだぜ?

柳沢:この電話の最初にぶーやん(渋谷)が誘われた理由がわかるって言ってたじゃん? 仲がよくて、友達に誘われるっていうことが、もうすでに1個の才能だと思うけどね。

渋谷:本当にそうだと思う!

――上杉「緊張しないコツはないです」

渋谷:せっかくの機会だから、上杉に聞いておきたいことはある? ベースだし、何かあったりする?

リスナー:ステージのことを考えると弾くときに手が震えてきちゃうんですけど、緊張しないコツってありますか?

上杉:緊張しないコツはないです! 我々4人だって各々今でも緊張しているし、緊張するっていうことに対して、最終的にどういうふうに向き合っていくかってことになるだけで。緊張しないように人が成長していくことってたぶんないんですよね。

思いっきり準備してステージに立ったら緊張して手が震えちゃったとしても、「思いっきりやるんだ」って気持ちで挑むことを積んでいくことしかないと思うんですよ。だから、 頑張って練習して本番になったら、ドーンとやっちゃえばいいと思いますよ! それで終わったときに、一皮も二皮も剥けていくと思うんだよね。

渋谷:一生緊張するんだって思ったら、別に普通のことじゃない?

上杉:そうそう! (緊張は)あるものと思ってね。

渋谷:緊張することが特別なことでも、恥ずかしいことでもまったくないから。絶対に緊張するもんだと思って取り組めば大丈夫よ!

リスナー:はい!

藤原:楽しんでやってね!

渋谷:じゃあ、結果的には掛け持ちする方向に気持ちは傾いたかな?

リスナー:はい! やります!

上杉:素晴らしいですね~!


----------------------------------------------------
7月12日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年7月20日(土)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ