もしも職場で地震が発生したら…どうする?ラジオ大阪「防災特別企画」第3弾

©ラジオ大阪 防災特別企画 明日のために、今できること。

防災ラジオステーションを宣言したラジオ大阪(OBC)は、大阪府北部地震発生から3年目の6月18日(金)、今期3回目の防災特別企画「明日のために、今できること。」を放送します。今回のテーマは「職場で地震に遭った場合の防災・減災」です。

 

もしも職場で、地震に遭ったら…。その場に留まるべきか、それとも帰宅するべきか? 家族との連絡手段は? 役立つものは? 職場に常備しておきたいものは?

普段、必要最小限の生活用品しか備えていないであろう職場での被災。そして何より、家族と離ればなれの状況で被災するということは、不安やストレスがより大きくなると想像できます。職場での被害を小さくすることはもちろん、無事に少しでも早く家族と再会し、わが家へ帰宅するために知っておくべきこと、備えておくべきことを中心に、1日を通して考えます。

 

電車で通勤するラジオ大阪・和田麻実子アナウンサーは、育児真っ最中のママさんアナウンサー。「勤務中に地震が発生して交通網が麻痺したら、子どもたちをどうやって迎えに行けばいいのか?」などと考えては不安になる和田アナが、専門家から「防災さんぽ」(街を歩き、防災目線で観察しリスクを把握すること)のアドバイスを受け、放送中、実際に自分の足で歩きます。

いったい、どのくらいの時間がかかるのか? 途中、危険な場所はないか? 通れなくなる道はないのか? のどが乾いたら? トイレに行きたくなったら? など、「防災さんぽ」を各地点から中継レポートします。皆さんも番組を参考に、防災目線で街を歩いてみませんか?

このほかにも、職場での被災を想定し、「防災・減災」「帰宅困難」「保存食」などをキーワードに、3番組を通して各分野の専門家の話を聞きます。

和田麻実子(ラジオ大阪アナウンサー)

 

<6月18日の主な放送内容>

 

『”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス』(7:30~11:00)

出演:若宮テイ子

和田アナ防災さんぽ(1)スタジオから出発・中継レポート
大阪府帰宅困難者対策、ハザードマップの活用、新たな避難情報(警戒レベル)について
  (出演:大阪府危機管理室防災企画課地域支援グループ 松本光史主査、岩本麻奈副主査

 

『原田年晴 かぶりつきフライデー!』(11:00~14:00)

出演:原田年晴(ラジオ大阪アナウンサー)、和田麻実子(ラジオ大阪アナウンサー)、森川由香

和田アナ防災さんぽ(2)中継レポート・ゴール・スタジオでの報告
貝塚市における2018年の大阪府北部地震、および、台風21号による被害教訓、現在の防災対策について
 (出演:貝塚市 藤原龍男市長

 

『Hit&Hit!』(14:00~16:30)

出演:野村啓司毛利聡子

帰宅困難問題とは。帰宅困難時に何が起きる?取るべき行動は?
 (出演:人と防災未来センター 寅屋敷哲也主任研究員

 

【決定!コンビニ・サバイバル食

3番組のパーソナリティが「職場で勤務中に大地震が起こり、帰宅困難になった」ことを想定し、「コンビニで手に入る500円以内のサバイバル食」を用意。「サバイバル」の観点から、災害情報と防災教育の専門家が解説します。
 (出演:関西大学社会安全学部 近藤誠司准教授

 

ラジオ大阪 防災ラジオステーションHP

”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週金曜 7時30分~16時30分
出演者:若宮テイ子、原田年晴、和田麻実子、森川由香、野村啓司、毛利聡子
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

水樹奈々、来年のライブタイトルについてついに情報解禁!〜9月25日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

「今夜はまず奈々さんから発表があるということで」という福圓の一言から始まった9月25日放送回。

水樹「来年1月にさいたまスーパーアリーナでライブを開催するとお知らせしてまいりましたが、そのライブのタイトルがついに決定しました〜!」
福圓「おぉ!はやーい!」
水樹「そうなんです。早速ここで発表いたします。タイトルは、『NANA MIZUKI LIVE HEROES 2023』!」
福圓「おぉ!またこれ意外な!」
水樹「そう!ド直球、だけど今までやってこなかったものをやりますよ!」
福圓「そうですね」
水樹「そして、今回あらかじめ2daysで異なるセットリストを演出で行うよって話をしていたんですが、1日目私のお誕生日当日の1月21日(土)を『-LIGHTNING MODE-』、そして2日目1月22日(日)を『-BLADE MODE-』と題して、2日間ガラリと変えてやってみようじゃないか、と!
「HEROES」という旗印の元に集まってきたそれぞれの舞台という形で開催します。
これは、みなさんもう「LIGHTNING」と「BLADE」と聞くと、あれ?もしかして?と思われてると思うんですけど、まさに!そうです!明言はできないんですけど!」
福圓「あ、明言はできないんですね」
水樹「できないんですけど、まさにそうです!これまで、赤のペンライトが似合いそうなとか、火の演出が使われそうなものとか、歌詞にそういった赤を感じさせるようなものがあるものは「RED」で、「BLUE」がぴったりなものはBLUE。RED・BLUEで分けたものもあれば、「QUEEN’S NIGHT」「KING’S NIGHT」のように、女性らしい曲、凛々しい曲で分けたこともあったし、あとは、「FRONTIER」と「GENESIS」って言って初期の曲とその後の前期後期で分けたこともありましたが」
福圓「そうでしたね」
水樹「今回は、「LIGHTNING」「BLADE」。これまで、私は声優として数々のヒーロー、ヒロインたちを演じてきて、ヒーローって言うと男性的なイメージがありますけど、女性の主人公だったり、凛々しく戦う者のことをヒーローとも言いますし」
福圓「今多いですね」
水樹「そうそう!だから全部ひっくるめてその情熱的に戦ってきた、彼ら、彼女たちの人生と共に側にあった曲たちをこの2日間大放出したいな、と思っています」
福圓「おぉ!熱い!」
水樹「激アツです。」

と2023年にさいたまスーパーアリーナで開催される2daysのライブタイトルと詳細を熱く語った。
実はこのライブについての会議は「NANA MIZUKI LIVE HOME 2022」開催中から行われていたらしく、題に沿ってのセットリストもすんなりと書き出せたと話した。

「水樹奈々 スマイルギャング」9月25日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。

https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20220925233000

Facebook

ページトップへ