岩崎宏美と野口五郎のコンサートは漫才そのもの

(左から)若宮テイ子(「ハッピー・プラス」パーソナリティ)、岩崎宏美(ゲスト)、原田年晴(ラジオ大阪アナウンサー)

ラジオ大阪(OBC)で4月29日(金)放送の『新しいあなたの朝に!ハッピー・プラス』(朝8時~)と5月6日(金)の『原田年晴 かぶりつきフライデー』(昼11時~)に歌手の岩崎宏美がゲストで登場した。

 

まずは、『ハッピー・プラス』から。この日のパーソナリティは「わんこ友達」でもある若宮テイ子。最初は岩崎宏美と野口五郎のデュエット曲「好きだなんて言えなかった」の話から岩崎のデビュー当時のエピソードへ。曲のイントロの岩崎の「う~」という入り方が「マドンナ」に包まれた感じと、ヒット曲を絡め感想を伝えた若宮。以前、野口がゲストで登場した際、「めっちゃ面白い人」と思ったんだそう。そんな野口に「頭の回転は早いし、ついていくのが必至ですよ。五郎さんは4年先輩で、私は高校2年生でデビューしたんです」さらに「同期は細川たかし、片平なぎさ、太田裕美、インド人のチャダ(笑)」「あ~チャダいた~!」と若宮も興奮。

今度は若宮の青春時代のエピソードから岩崎のデビュー曲、そして筒美京平さんの話へと進んでいく。

若宮:「ロマンス」で紅白でトップバッターで歌ったのを見て、感激したんです。「あなたお願いよ、席を立たないで~」という歌詞に。当時好きだった人がいたんですけど、彼と喫茶店に行って、ほんとに立ってほしくなかった。トイレとかも行ってほしくなかった。今は会いたいとは思わないけど(笑)宏美さんへの愛は学生の時からで、歌がうまいし、心が洗われる、浄化してくれる感じがしたんです。

岩崎:デビュー曲が「二重唱(デュエット)」という曲で「口づけ」という歌詞が恥ずかしくて歌えなかったんですよ。レコーディングの時、ごまかして歌おうとして怒られて。当時は(まだ10代で)歌詞の意味もわからず歌ってたんです。23歳で「マドンナ(たちのララバイ)」を歌ったけど、それも意味を考えずに歌ってました。

若宮:筒美さんの曲ですよね、筒美京平さんが亡くなられてしまいましたが…

岩崎:五郎さんは一番たくさん書いてもらっていて108曲、私は74曲書いてもらったんです。そして、筒美さんが亡くなったすぐ後に、五郎さんとデュエットすることになったんですけど、なんか筒美さんが「今度は五郎ちゃんと宏美ちゃんとで歌ってみたら」と言ってくれてるようで、不思議です。導かれたような感じで。

昨年は東名阪で野口とコンサートを開催。そこではお互いのヒット曲やミュージカル『レ・ミゼラブル』の楽曲も披露。しかし二人の掛け合いが、まるで漫才という評判も。岩崎の妹がこのコンサートを観に来て『カックラキン(大放送)』みたいだって言われたという。

最後は「シンデレラハネムーン」に振り付けについて。

岩崎:してますよ、老体にムチ打ってますよ(笑)

若宮:原田(アナウンサー)さんがその振り付けで踊ってスタジオの中に入って来るんです(笑)

(左から)岩崎宏美、若宮テイ子

そんな原田アナウンサー和田アナウンサーがパーソナリティーを務める『かぶりつきフライデー!』では、岩崎の大ファンである原田が終始うれしそうに、でもいつもより緊張気味に岩崎を迎えた。実はこの番組が始まった2021年、岩崎がお祝いの花をプレゼントし、電話でも出演、それ以来の登場となった。既に世間はコロナ禍。どんな活動をしていたのかとの質問に、

岩崎:コロナで動けない部分はありましたね。ちょうど(デビュー)45周年の年で。本当はデビュー記念日の4月25日は大阪でコンサートの予定だったんですができず、その年の12月に延期になりました。それでもせっかくの記念日に何か起こしたいということでYouTubeチャンネルを立ち上げたんです。でも、家に誰も入れることができないので、自分のスマホを夫に渡してビデオ撮影してたので、ちょっと(カメラを)ふっちゃうと冷蔵庫とかが映っちゃう(笑)

原田:いいじゃないですか、生活感があって。

岩崎:いやいや生活感が出ないところがカーテンの前しかないので…

原田:私らから見たら、どんなとこでやってるんだろう、住んでるんだろうって。

和田:原田さんみたいなファンからすれば、冷蔵庫が見たいくらいでしょ?

原田:できたら、中が見たい…

和田:中とか外とか、冷蔵庫に何を貼ってるか見たいですよね。

と私生活に興味津々の二人。そんな原田は高校時代から岩崎のラジオを聴き、かなりゾッコンだったという。そんな話に対して「(原田とは)同世代だから、普通なかなかその時のことを覚えてもらえてないから、そういうことを言ってもらえるとすごくうれしいです」と返した。

そして話題は野口とのコンサート。「1部はNGK(なんばグランド花月)で漫才見てるみたいで大笑い、五郎さんの返しが早いし、二人のやり取りが絶妙で勉強になった」と原田。しかし、岩崎の野口に対する第一印象は今とは全く違っていた。

岩崎:最初、気難しい人と思ったんです。一番初めにデビューした頃、歌番組の音合わせの順番を待ってた時に、足を組んで座ってたら、五郎さんが横を通って、その時に「女の子が足を組むもんじゃないよ」と言われたんです。で「えっ?そんな気難しい人なんだ」と。なので、まさかここで声をかけてもらって、CD出したり、コンサートしたり、こんなコンビになるなんて(笑)

その後、何度かイベントや舞台で共演していく内に、「そんなに気難しい人じゃないんだ」と気付き、野口の方が先輩だけど、年も重ね、今は対等にしゃべれるようになったと付け加た。「せっかくここまでやってきたんだから、一緒に何かできるといいね」というのがきっかけで、二人での活動を始めることに。今や抵抗感が全くなく、「ゴロリン」とあだ名で呼んだり、何でも知っていて、1つ聞くとたくさん返ってくることから「使えるオタク」とまで呼ぶ仲に。そんな二人だからこそ、漫才のようなやり取りが生まれ、コンサートなのに笑いの絶えない時間になり、そこも魅力の一つとなっている。

5月13日に初のコラボレーションアルバムをリリースする二人。タイトルは「Eternal Voices」ここでも「使えるオタク」野口の案で、今までにない形でのリリースとなる。まずは、CDで2曲とテイクアウトライブという形で2曲。その後、CDに付いているQRコードを読み取ると毎月数曲届き、合計8曲、MV1曲を配信するという、曲を小出しに、じっくり作った物を後で届けるというシステム。「発明したのは野口五郎です(笑)」と岩崎。また翌日5月14日には京都で二人のコンサートが、夏にはビルボードライブ大阪で岩崎の公演も予定されている。「ぜひ行ってほしい」と勧める原田、最後は思わぬ展開に。

原田:実は先日、ビルボードに五木ひろしさんを見に行ったんですよ。すっごい良かった。演歌なし、全部カバー曲で「糸」とか歌って。ただ唯一失敗したのがね、その1週間前に新歌舞伎座でコロッケさん見たんですよ。

岩崎:一緒になっちゃった??(笑)

原田:(苦笑)

和田:言えるんですか?ご本人(五木)の目の前で?

原田:だから岩崎さんに言ったんですよ。

岩崎:コロッケって言ったら、私にだってかかってくるじゃないですか、やめて下さいよ!

原田:しばらく「シンデレラハネムーン」歌えなかったんですから…

岩崎:ホントですよ。そしたら野口五郎さんのマネもやってたんですよ。やだ、ぜんぶコロッケつながりじゃん、やめて下さいよ。

一同:大爆笑

原田:ということで、皆さん、足を運んでください。

(左から)岩崎宏美、原田アナウンサー、和田アナウンサー
原田年晴 かぶりつきフライデー!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週金曜 11時00分~14時00分
出演者:原田年晴、和田麻実子、岩崎宏美
番組ホームページ
公式Facebook

※該当回の聴取期間は終了しました。

芝大輔、単独ライブ「穴掘り天国2」の構成について語る!『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔』

文化放送超!A&G +にて毎週土曜日27:30から放送中の『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔』。パーソナリティは、脚本家・放送作家の松原秀さんと、お笑い芸人「モグライダー」の芝大輔さん。

9月24日の放送では、モグライダー単独ライブ「穴掘り天国2〜芸能人大集合スペシャル〜」について語られました。

芝 我々単独ライブって数えるくらいしかやってないのね。
松原 うん。
 で、単独ライブにも2種類あるのよの。
松原 それも特殊だよね。2種類単独ライブのパターンがあるって。
 そう(笑)。昔、秀ちゃんに見に来てもらったやつは、準備とか着替えとかがあって本当に大変なのよ。
松原 どちらかというと、しっかり作りこまれてるというか。
 うん、そう!なんかね、いろいろ筋とか考えたりするのよ。
松原 うんうん。
 でも、この前やったやつは、俺たち何年か前にDVDを出してるんだけど(それと構成が同じで)、ネタをどれ入れるか迷うから、粗く候補出しといて、その場でリクエストしてもらったネタを披露しますっていうのをやったのね。
松原 うんうん。
 それが普段ライブとかでやってるやり方だから、それを入れちゃうのが一番いいんじゃない?っていうのを一回だけやったのよ。
松原 だって(今回のライブの)タイトルに「2」って書いてあるもんね。
 そう!1回目のDVDのタイトルが「穴掘り天国」なの。
松原 なるほどね!

また、芝さんたちは、1日に2公演行ったのが初めてだったそうで、昼と夜で内容を変えたのだとか。

 今回、ネタを16個くらい後ろに出しておいて、その中から(選んでもらったネタを)時間の許す限りやったのね。それだと自分たちも飽きないからって。
松原 うんうん。
 で、昼夜やれば、昼しかやらないネタ・夜しかやらないネタが出てくるから、必然的に内容が変わるしちょうどいいかなって思って。
松原 うん~!
 (選択肢の中に)新ネタを入れたんだけど、それは昼しかリクエストなかったの。
松原 そうなんだ。
 そう!でも、手応え的には夜の方が……。単純に最後だから「よっしゃあ!」ってやった感はある(笑)
松原 へえ~!
 昼は昼で全然よかったけどね。

松原さんは、芝さんに単独ライブの前夜について尋ねます。

松原 前日、地元帰ってない?
 そう!前日がこれ(『裏表』)よ。
松原 そうだ!前日がこれの収録して!
 そのまま最終の新幹線で地元帰ったね。
松原 浜松町で番組録って、そのまま愛媛に行ったもんね。
 そう。で、翌朝一番の飛行機乗って戻ってきて、単独ライブやったの。
松原 (笑)。すごいね!
 我ながらね(笑)。でも、そのやり方だったから行けたっていう話だけどね。

『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔 』第21回(9月24日放送分)はYouTube文化放送A&G 「裏表 松原秀とモグライダー芝大輔」チャンネルでアーカイブ配信中。

 

Facebook

ページトップへ