第58回上方漫才大賞はプラス・マイナスが受賞!奨励賞は吉田たち、新人賞はカベポスター

上方漫才大賞を受賞したプラス・マイナス(中央)、奨励賞を受賞した吉田たち(左)、新人賞を受賞したカベポスター(右)

今年で58回目を迎えた『上方漫才大賞』が、5月27日(土)に大阪市のCOOL JAPAN PARK OSAKA
WWホールで行われ、プラス・マイナスが大賞を受賞しました。また、当日披露した漫才の審査で決まる奨励賞には吉田たち、新人賞にはカベポスターが選ばれました。

受賞後の会見で、これまで大きな賞レースに絡んだことがないと話していたプラス・マイナスの岩橋良昌さんは「めっちゃ希望が持てたというか、自分たちは自分たちなりにやっとけば、誰かが見てくれているんだろうなっていうのを今回の受賞ですごく感じました」と受賞の喜びを語り、兼光タカシさんは「漫才師が一番欲しい賞で、本当に名誉ある最高峰の賞なんでね。これ以上ないですね」と話しました。

「奨励賞」は吉田たちが受賞

奨励賞にノミネートされたのは、なすなかにし、ビスケットブラザーズ、見取り図、吉田たち、ロングコートダディ(50音順)の5組です。

奨励賞に選ばれた吉田たちのこうへいさんは今後の目標について「次は『THE SECOND』取って、(上方漫才)大賞取って、っていうのが一番理想的なコースかなと思いますね。僕らもお客さん呼べる人になりたいですね。…今全くなってない(笑)。6月の単独ライブのチケットも30枚ぐらいしか売れてないので」と語りました。

「奨励賞」ノミネート5組の漫才(出演順)

「新人賞」はカベポスターが受賞

新人賞にノミネートされたのは、カベポスター、さや香、ダブルヒガシ、天才ピアニスト、ドーナツ・ピーナツ、ハイツ友の会、令和ロマン(50音順)の7組です。

新人賞を受賞したカベポスターの永見大吾さんは「今回が3回目の新人賞ノミネートで、悔しい思いもしてきました。他の芸人が全員面白かったので、トリでネタを終えて受賞が発表された瞬間は、“あの面白いネタよりもウケたんだ”っていう喜びがありました」と語りました。

「新人賞」ノミネート7組の漫才(出演順)

第58回上方漫才大賞
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週土曜 15時00分~17時30分
出演者:大平サブロー、関純子(カンテレアナウンサー)、藤川貴央(ラジオ大阪アナウンサー)、プラス・マイナス、カベポスター、さや香、ダブルヒガシ、天才ピアニスト、ドーナツ・ピーナツ、ハイツ友の会、令和ロマン、なすなかにし、ビスケットブラザーズ、見取り図、吉田たち、ロングコートダディ、テンダラー(ゲスト)
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

5Gを駆使して高速・低遅延の映像伝送を実現した「PDT-FP1」の実力とは『石川温のスマホNo.1メディア』

『石川温のスマホNo.1メディア』は、スマートフォンに関する、最新情報や役に立つ情報を、スマホ/ケータイジャーナリストの第一人者である石川温さんをパーソナリティとしてお届けしている、ラジオNIKKEIの人気番組。

2月29日(木) のゲストはソニー株式会社・映像B2B事業室・野田紘史さん、加藤大知さん。

昨今、マスコミや通信業界では、現場からの映像・画像などのデータを現地からほぼリアルタイムで送るのが当たり前となりましたが、一方で通信状態が悪かったり不安定な現場も少なくありません。そんなところでも素早くデータを送信できる、5Gに対応したポータブルデータトランスミッター「PDT-FP1」を3月22日発売するソニーの担当者に、特徴や発表後の意外な反応など、石川さんが詳しく聞いています。

Facebook

ページトップへ