稲垣吾郎のカラダのヒミツ『編集長 稲垣吾郎』

編集長 稲垣吾郎

1月16日放送の文化放送「編集長稲垣吾郎」で稲垣吾郎が自らの身体に関するエピソードを披露し、リスナーをやきもきとさせた。

業界団体の調べでは売上比で液体ボディーソープの4分の1にまで追いやられた固形石鹸だが、このところ、女性の間で固形石鹸を見直す動きが出てきているという。
稲垣は石鹸にまつわるメッセージを紹介しながら「固形石鹸がまた流行ってるんですよね」と情報感度の高さを感じさせる女子力の高いトークを繰り広げ、自らも固形石鹸を使っていることを明かした。

「泡立てていく過程が気持ちいい。自分好みの泡を作れる」というのが稲垣の気に入っているポイントだそうだ。また、固形石鹸には髪の毛が付きがちだが、『お尻でこすると取れる』という豆知識が知られている。稲垣も「お母さんに教わった」と明かし、「特に僕のお尻はツルツルしてるんで、石鹸の毛も簡単に取れる」と茶目っ気たっぷりに笑っていた。

このトークにtwitter上では、番組のハッシュタグ「 #編集長稲垣吾郎」をつけたファンたちが「かわいすぎる!」「吾郎ちゃんのお尻、想像しちゃう…」と胸キュンしていた。

稲垣が自分の好きなものやこだわりをざっくばらんに話している番組だが、何気ないトークにファンがやきもきする日々は続きそうだ。

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ