1月28日に故・藤田淑子さん追悼特別編を放送、番組初代ナビゲーターを務めたラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』

故・藤田淑子さん

文化放送は、1月28日(月)のラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』を、昨年12月28日に浸潤性乳がんのため死去した故・藤田淑子さんの追悼特別編として放送します。

藤田さんは、2006年から2014年7月まで、同番組の初代「劇場支配人」として毎週ナビゲーターを務めていました。温かみと華のあるお声でリスナーを魅了し、訃報を受けリスナーからも哀悼のメールが相次いで寄せられています。当番組で藤田さんは、番組の柱であるラジオドラマにもたびたびご出演されており、今回は追悼の意を込めて過去にご出演されたラジオドラマを再放送します。

放送する作品は、2011年から2012年にかけて複数回にわたりシリーズで放送した「あじさいの唄」(森栗丸原作、小学館「ビッグコミックススペシャル」刊)より、最終回「夏の終わり」です。
「あじさいの唄」は、漫画家・森栗丸さん原作の漫画で、母を亡くした少年・栗太郎と、男手一つで栗太郎を育てる父、そして犬の栗之助が、貧乏生活の中でも家族や周囲の人々の温かさに包まれた江戸時代の一家族の日常を描いた作品です。藤田さんはこの中で、主人公の少年・栗太郎を演じています。

番組ではまた、今回の訃報を受けた二代目劇場支配人を務める古川登志夫さんからのコメントも放送されます。古川さんと藤田さんは長年に及ぶ親交があり、古川さんのツイッターには本番組のパーソナリティ交代時の写真も掲載されています。 
https://twitter.com/TOSHIO_FURUKAWA/status/1078628513781936128


森栗丸原作「あじさいの唄」より最終回「夏の終わり」
栗太郎:藤田淑子
父上 :岸野幸正
母上 :山崎和佳奈
ごん太:摩味
菊丸 :鉄炮塚葉子

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ