1月28日に故・藤田淑子さん追悼特別編を放送、番組初代ナビゲーターを務めたラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』

故・藤田淑子さん

文化放送は、1月28日(月)のラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』を、昨年12月28日に浸潤性乳がんのため死去した故・藤田淑子さんの追悼特別編として放送します。

藤田さんは、2006年から2014年7月まで、同番組の初代「劇場支配人」として毎週ナビゲーターを務めていました。温かみと華のあるお声でリスナーを魅了し、訃報を受けリスナーからも哀悼のメールが相次いで寄せられています。当番組で藤田さんは、番組の柱であるラジオドラマにもたびたびご出演されており、今回は追悼の意を込めて過去にご出演されたラジオドラマを再放送します。

放送する作品は、2011年から2012年にかけて複数回にわたりシリーズで放送した「あじさいの唄」(森栗丸原作、小学館「ビッグコミックススペシャル」刊)より、最終回「夏の終わり」です。
「あじさいの唄」は、漫画家・森栗丸さん原作の漫画で、母を亡くした少年・栗太郎と、男手一つで栗太郎を育てる父、そして犬の栗之助が、貧乏生活の中でも家族や周囲の人々の温かさに包まれた江戸時代の一家族の日常を描いた作品です。藤田さんはこの中で、主人公の少年・栗太郎を演じています。

番組ではまた、今回の訃報を受けた二代目劇場支配人を務める古川登志夫さんからのコメントも放送されます。古川さんと藤田さんは長年に及ぶ親交があり、古川さんのツイッターには本番組のパーソナリティ交代時の写真も掲載されています。 
https://twitter.com/TOSHIO_FURUKAWA/status/1078628513781936128


森栗丸原作「あじさいの唄」より最終回「夏の終わり」
栗太郎:藤田淑子
父上 :岸野幸正
母上 :山崎和佳奈
ごん太:摩味
菊丸 :鉄炮塚葉子

高田純次&浦沢直樹がアカデミー賞受賞作品を語る 『スリー・ビルボード』

パーソナリティの高田純次と浦沢直樹

■いよいよアカデミー賞発表
アカデミー賞の発表が週末に迫った。作品賞には『ボヘミアン・ラプソディ』や『女王陛下のお気に入り』、『ローマ』などがノミネート。メインの司会者が不在となるなど、賞の行方以外にも注目が集まっている。


■高田純次と浦沢直樹が語る『スリー・ビルボード』
そして、去年の作品賞にノミネートしたのが『スリー・ビルボード』。アメリカの片田舎で娘を殺された主婦が警察に不満を持ち、抗議のために巨大な広告看板を設置すると、次々と不穏な事件が起き始める...というサスペンス。惜しくも作品賞は逃したが、娘を殺された母親を演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を獲得した。彼女にとっては、『ファーゴ』に続き、2回目の主演女優賞となった。

文化放送が誇る異色タッグラジオ「純次と直樹」のパーソナリティ、高田純次と浦沢直樹は『スリー・ビルボード』に感銘を受けたという。2月17日放送の「純次と直樹」で感想を語り合った。

浦沢 不思議な作品ですよ。着地点がそこ!となった瞬間にこんなの見たことないって思った。
高田 笑いでも泣きでもないよね。

また、2人が注目したのが警察署の署長を演じたウディ・ハレルソン。

高田 いかにも悪役っぽい顔してる。
浦沢 手塚作品に出てきそうな顔ですよね。

浦沢 高田さんって悪役は?
高田 俺はやったことないのよ。
浦沢 詐欺師とか、めっちゃ悪い高田さん見たいですよね。
高田 やりたいよねぇ。そういうの(オファー)来ないんだよねぇ。


悪い高田純次、見てみたいものだ。

Facebook

ページトップへ