稲垣吾郎主演映画『半世界』阪本順治監督が語る主演の魅力

■『半世界』阪本順治監督が稲垣のラジオに登場

先週、稲垣吾郎が主演を務める映画『半世界』が全国で公開された。稲垣のほか長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦らが出演、39歳の男三人の友情を軸にした物語だ。公開直後となる2月20日放送の文化放送「編集長稲垣吾郎」には阪本順治監督が登場し、撮影時の裏話などに花が咲いた。

映画の撮影現場は監督によって撮影手法や雰囲気が全く異なる。阪本監督は撮影した直後にモニターをチェックせず、俳優にもそれを見せないという。今ではモニターチェックを当然だとする俳優もいるが、阪本監督は「見られないことがスリル」だとスタイルを貫いている。一方で、30代の頃に比べると、「丸くなった」のだそうだ。

阪本:昔は、粘ればいいってワケじゃないんだけど、46回NG出したりね。
稲垣:46回も!? 絶対イヤだ…なんでですか?
阪本:リハーサルで見た演技が最高だと、それをもう一度!って思うでしょ?
稲垣:もう出ないですよ、46回やっても(笑)

稲垣:僕は大丈夫でしたか?本当は46回NG出したかったところとか…
阪本:無いよ(笑)

巨人、東京ドームの連敗は・・・

ニッポン放送「ショウアップナイター 巨人×DeNA 10回戦」の試合内容を紹介する。


この試合、巨人は4回裏に一挙6点を挙げます。
しかし、その後DeNAが追い上げます。
9回表、DeNAの攻撃・・・巨人ピッチャーは中川。
ツーアウト1、3塁・・・
7対4、巨人が勝ち、東京ドームの連敗を5で止めました。
その巨人、明日から首位広島と3連戦に臨みます!!

 

ショウアップナイター
FM93AM1242ニッポン放送 火曜-金曜・日曜17:40- 土曜17:50-

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ