熊本地震から8年 ラーメンで人と人をつなぐ「九州ラーメン党」とは

益城町にある「九州ラーメン党」 ©RKBラジオ

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。4月は熊本県熊本市にある「熊本シティエフエム」とのコラボでお送りする。13日の放送では、熊本地震から8年ということで、震源になった益城町を取材した。益城町古閑にある「九州ラーメン党」、雲仙普賢岳の大噴火をきっかけに始まった、「ラーメン」で人と人をつなぐ活動に迫った。(報告:『ローカる!』ディレクター荒木風花)

熊本市のコミュニティFM「熊本シティエフエム」とは

熊本シティエフエムのロゴ

熊本シティエフエムは1996年に開局したコミュニティFM局。熊本県熊本市全域を放送区域として、FM791の愛称で熊本市民に愛されている。開局当時から「地域密着」「住民参加型」「防災」という理念で放送し、2016年に起きた熊本県を震源とする地震の際は、いち早く情報を伝えた。大人気番組「子どもラジオ局」は百貨店「鶴屋」にあるサテライトスタジオから小学生が毎週出演し、発声練習から学校自慢、ニュース読みまで挑戦する。

今回は熊本シティエフエムの管理施設「熊本市市民活動支援センター・あいぽーと」で働く、八代市出身の黒木亮太さんと熊本市内のホットな情報を4回にわたって紹介する。

九州ラーメン党とは?

九州ラーメン党理事長の濱田龍郎さんを囲んで(中央) ©RKBラジオ

熊本市を走る市電の終点「健軍町」から車で5分も行くと、熊本地震の震源となった益城町にたどり着く。年々、復興が進み道路は震災前よりも広くなっている印象だ。益城町古閑にある「九州ラーメン党」で「NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党」理事長の濱田龍郎さんに話を聞いた。

荒木:ラーメン屋さんをはじめたきっかけは何だったのでしょうか?

濱田さん:もともとはサラリーマンで全国いろんな場所で働いていました。自分の人生このままで…という中で家族とともに放浪し、たどり着いたのが熊本県益城町でした。たまたまラーメン屋さんの近くだったので、ラーメン屋さんになったというのがそもそもの始まりです。

お店の前には目立つ「ラーメン」の文字が ©RKBラジオ

ラーメン屋さんになった濱田さんは「このままでいいのかな…」という思いを抱えていたある日、障がい者施設に出前に行くことになる。そこで、ある出会いが…

濱田さん:障がい者施設に出前に行ったとき、「おかもち」を持ってくれたことに感動し、「人は誰でも人のためにできることがある」と実感しました。その経験から、なかなか外で食事をすることが難しい障がいを持った方が住んでいる施設や老人ホームにラーメンを届けることを始めました。

そんな活動をしていたら、2003年に長崎県で雲仙普賢岳の噴火がありました。いろんな報道で、普賢岳の近くに障がい者施設があることを知り、その場所に行ってラーメンをふるまうことにしました。それが初めての災害救援活動です。

その後、平成11年にNPO法人として、災害が起こった場所に行きラーメンをふるまう「NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党」が誕生した。

濱田さん:災害が起こった場所に足を運び、現地の声を聞きながらラーメンをふるまうという「現場主義」にこだわっています。「ここまで火砕流が来たのよ」という生の声を聞き、自分の中に落としていく、そういったことで災害を自分事として捉えています。その後の阪神淡路大震災、東日本大震災でも現場でラーメンをふるまいました。

熊本地震が発生、その時ラーメン党は…

熊本地震を機にできた店舗。ホールは障がいを持った方が担当する ©RKBラジオ

そんな時、2016年4月「熊本地震」が発生。益城町に家がある濱田さんの自宅も半壊状態となった。

濱田さん:熊本地震が起こった時、全国のボランティア仲間およそ1000人から「益城町を応援しよう」「濱田を応援しよう」と駆けつけてくれて、復興を手伝ってくれました。自分が被災したことで、ラーメン党の中で、障がい者と共に働くラーメン店を作りました。ホールスタッフは障がいを持った方で、障がいを持った方が利用しやすい平日に空けています。彼らのために一生懸命やっていれば、世の中がそれを守ろうとしてくれる、そう実感しています。彼らとともにある、これが私の生き方です。

熊本ならでは「高菜」ラーメンも ©RKBラジオ

今年1月1日に発生した能登半島地震でも、ラーメンをふるまうタイミングを考える。

濱田さん:東日本大震災の時も、発生から2ヵ月後に現地に入りラーメンをふるまいました。能登半島地震の被災地にはいつでも仲間と行く準備が出来ています。交通アクセスの整備や先に行くボランティア仲間の情報を待って、何処の支援も受けずにラーメン党自身が行ける環境が整ったら、すぐに行くつもりです。

「人は人のために生きてこそ人」。濱田さんの人生訓は取材する私たちの心に響いた。

来週の「ローカる!」は上通にある熊本らしさがあふれたカフェ「オモケンパーク」を取り上げる。

ローカる!
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週土曜 17時20分~17時35分
出演者:荒木風花
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

三月のパンタシア「愛について語ることが出来た」ニューシングル『スノーノワール』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
5月18日のゲストは三月のパンタシアのボーカル・みあさん!
ニューシングル『スノーノワール』について伺いました。

『スノーノワール』はTVアニメ「魔法科高校の劣等生」“スティープルチェース編”エンディングテーマ。作詞・作曲・編曲は4人組ロックバンド・NEEのくぅさんが担当しています。「タイアップが決まってどういう曲を制作して、一緒に作品を盛り上げられるかなと考えました。アニメスタッフのみなさんからは、ヒロインの司波深雪の心情を歌って欲しいというものと、優等生として存在している深雪の感情が抑えきれずに爆発するので、はみ出してしまったダークな感情を楽曲にしてもらいたいというオーダーがありました。そういうダークさや不穏さみたいなものを音にしようと考えた時に、自分の中で流れたのがNEEの楽曲だったので、お声がけさせてもらいました」

歌詞は、みあさんとNEEのくぅさんと共作で書かれています。「デモを作る前にオンラインで打ち合わせしました。原作をお互いに読み込む中で“私はこういう印象”とか“こういう部分を楽曲にしたい!歌詞の中にはこのフレーズを入れたい”みたいなことを伝えて、それをもとに最初にくぅさんがデモを4曲ぐらい作ってくださって。全部違って、どれも好きだったんですけど、アニメのエンディングとして流れるならこの曲がいいかなということで今の形になったんです。デモの時点で仮の歌詞が入っていて、三月のパンタシアとして伝えたい思いや、深雪の心情に寄り添った感情をメールベースでやり取りしながら書き加えていきました」

レコーディングではどんなことを意識しながら歌われたのでしょうか?「クールさ、不穏さ、ダークさみたいなものを聴いてもらいたい楽曲なので、歌い方もそういう部分を意識しました。アニメは1番だけ流れるんですけど2番以降はラップっぽい歌詞もあったり、かなりエッジの聞いた曲になっていて、なるべく言葉の鋭さみたいな部分が際立つようにレコーディングしました。サビは結構キーが高くて自分の声質的にキーが上がると抜けが良すぎて可愛い響きになってしまうところがあって。何度もテイク重ねながら、ようやくかっこよく歌えたかもと思いました」

MVも、みあさんのこだわりが詰まっています「MVに関してはイラストレーターさんに発注する段階で“こういうイラストにして欲しい。ポーズはこういうのがいい”というお話させてもらうことがあります。今回に関しては“こういうイラストがいい”とハッキリお伝えさせてもらいました。ダークで大人びた、怪しげな表情も見られて、凄くかっこいいミュージックビデオになったと思っています」

5月15日に配信スタートした新曲『僕らの幸福論』は、現在公開中の映画「ハピネス」の主題歌です。「高校生のカップルの物語で、主人公の彼女が余命1週間と宣告されてしまって、その1週間をどう過ごすかが描かれている作品です。死へ向かっていく恐れ、やるせなさも描かれつつ、生きること、生まれてきた意味、希望が浮かび上がってくる作品だと思ったので、切なさよりも希望を楽曲にしたい、幸福感を感じられる作品にしようと思って制作しました。自分にとっての幸福や愛ってなんだろうみたいなことを問いかける楽曲にもなってるのかなと思ってます」

みあさんの好きな3月と、空想という言葉のラテン語から名付けた三月のパンタシア。ニューシングル『スノーノワール』、そして『僕らの幸福論』は三月のパンタシアにとってどんな作品になったのでしょうか?
「『スノーノワール』は愛情が強すぎて歪んでしまった少女の感情、『僕らの幸福論』は初めて愛を知ったピュアな感情が描かれていて、愛について語ることが出来たシングルになったと思っています」

Facebook

ページトップへ