ジャネット・ジャクソンが再ブレイク!?音楽プロデューサーが理由明かす

音楽プロデューサー・松尾潔氏

ジャネット・ジャクソン、言わずと知れた“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンの妹である。ジャクソンきょうだいの末っ子として生まれた彼女は、常に「マイケルの妹」として見られ、その呪縛に苦しみ続けた。その彼女が今、アメリカで再ブレイク中だという。音楽プロデューサーの松尾潔氏がRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で解説した。

自ら制作したドキュメンタリーがきっかけで再ブレイク

今日(5月16日)はジャネット・ジャクソンの56歳の誕生日。私なんかは「もう56歳なの!?」って思ってしまいます。世界的に彼女を有名にしたアルバム「コントロール」は、20歳ぐらいのときなので、世に出てきたときからリアルタイムで知っている者にとっては、ずっと若いイメージです。マイケル・ジャクソンの妹ということで本国では“アメリカの妹”というイメージが強く残っています。マイケルは2009年に50歳で亡くなりましたが、ジャネットはその年齢を超えました。

実は今、アメリカでジャネット・ジャクソンの人気が大復活しています。去年、今年と相次いで彼女の足跡を振り返るテレビ番組が放送されました。日本でも来月から「ヒストリーチャンネル」で放送されることになった『ジャネット・ジャクソン 私の全て』という、ジャネット自ら制作した、約1時間×4回のドキュメンタリーです。一足先に見たんですが、ここで語られている彼女の人生とショービズのキャリアを知ると、やっぱり興味を持たざるを得ません。実際アメリカでは、この番組がオンエアされた後、昔のアルバムがiTunesでいきなり1位になるという復活現象が盛り上がっています。

実は伏線があるんですが、ジャネットって、日本でそんなに伝わってないかもしれないけど、2017年1月、50歳のときに、初めての子供を出産したんですよ。彼女はジャクソン家9人兄弟の末っ子、物心ついたときからセレブです。その彼女がもう人生上がり、殿堂入りしているともいえる50歳になって母親という、また新たなチャプターを歩み始めたっていうのが、彼女はまだまだこの先、予期しないことがあるんだなっていうことを思わせます。

“マイケルの妹”という呪縛に苦しんできた人生

改めて僕が言いたいのは、彼女はずっと“マイケルの妹”っていう呪縛に苦しんできた人生だということ。もちろんその恩恵もたくさんあったからスターになったっていう自覚もあるんですけど「ジャクソンという名前からもう解き放たれたい」っていう気持ちがずっと彼女の原動力になってきたんですよね。僕も90年代の終わりに彼女の家に行ったり、東京で会ったりしてますけど、普段はすごく人見知りで物静かです。

マイケルもそうだったんだけど、負けず嫌いであるが静かな人で。ただ、セレブ一家の娘として明るく振舞うことがずっと求められてきていて、性格的にかなり無理していたっていうことを、この歳になって語り始めています。そういう人生を我々が見て、どこか「やっぱりジャネットも人の子だったんだな」っていうところで興味を持ちますし、改めて過去の曲なんかも味わい深く感じますね。

今がジャネット・ジャクソンの“聴きどき”

彼女の人気が失速したと言われいるできごとがあります。2004年、アメフトのスーパーボールのハーフタイムショーのときに、当時人気上昇中のジャスティン・ティンバーレイクと共演していて、2人の絡みのところで、コスチュームの中の胸の部分がポロッと取れるアクシデントがありました。それが意図的なもので、ジャネットはニューアルバムのリリースを控えて、その話題作りのためにやったっていうふうに言われてしまいました。

アメリカって性的な表現に対してのタブーが多いじゃないですか。それで彼女、魔女裁判のような形で露出がぐっと減っちゃうんですね。一方のジャスティン・ティンバーレイクはどんどん人気が出ていくっていう皮肉な話だったんですけど、今となっては彼女もそれを振り返る時期に来ています。

彼女の作品は、日本で人気が出た「Rhythm Nation」がヒットした当時から、貧困や人種差別といった社会的なメッセージが強い歌があるんです。ジェンダーのことも昔から歌ってきたし、そういうものにキャリア・年齢が見合ってきたっていう感じもあります。実は今がジャネット・ジャクソンの“聴きどき”だと言えるでしょう。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ