「太宰治はロックスター」音楽プロデューサー松尾潔が桜桃忌を前に語る

音楽プロデューサー・松尾潔氏

小説家・太宰治の影響を受けたミュージシャンは多い。文学、音楽を越境して、今も日本のカルチャーに影響を与える太宰治のDNA。命日とされる6月13日にRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した音楽プロデューサー・松尾潔さんは、太宰を「文学者というよりロックスターに近い」と評した。彼をオマージュした曲を通して、太宰治という作家に迫った。

間もなく訪れる「桜桃忌」は太宰治が発見された日

太宰治は今から74年前、1948年の6月13日に亡くなったとされています。入水自殺したのは有名な話ですが、(遺体が)発見されたのは6月19日。この日は太宰の39歳の誕生日でもありました。その日は太宰治の絶筆である「桜桃」という小説にちなんで「桜桃忌」と言われています。

太宰治、大変なベストセラー作家であると同時に、「無頼派」と呼ばれるように放埒な生き方でも知られています。青森県・津軽の出身で、わかりやすく言うと、お坊ちゃんですよ。父親は貴族院議員。地方の秀才が東京に出て、東京帝国大学に入るんですが、ただれた女性関係がありまして、そういったところから無頼派とか破滅だとか言われるんですね。

坂口安吾とか檀一雄といった作家たちと太宰治が違ったのは、超ベストセラー作家であること。教科書によく出る「走れメロス」。あんな素敵な小説を書いた人が、こんな人生を過ごしたのかって思います。あとは「斜陽」、そして亡くなった年に出した「人間失格」ですね。夏目漱石の「こころ」と並んで、文庫で最も読まれた小説です。

太宰治と音楽家たちのメンタリティの共通点

太宰治に影響を受けたミュージシャンは限りなくいます。例えばエレファントカシマシの宮本浩次さんは自ら公言しています。人によっては椎名林檎さんに、太宰の影響を見出す人も多いでしょう。ですが、いまから紹介するのは、この「人間失格」をストレートに歌い上げたアーティストです。

答えは桑田佳祐さん。ある意味桑田さんの実験作ですが「声に出して歌いたい日本文学」という企画があります。メドレーになっていて、中原中也や高村光太郎の名作も歌い上げています。ミュージシャンに影響を与えたというより、そのまま歌になってしまったものですね。

話を戻して、太宰治のどこがミュージシャンにシンパシーを与えているかというと、やっぱり駄目なところ、だらしないところ、人生や女性に対してだらしないところ。とかく今の時代は二項対立で、善か悪か、左か右かみたいなことで語られがちですが、それに対してやっぱりはっきりと言いきれない心情を文学の形で表現した太宰というのは、同じくグレーゾーンを音楽で表現しようとしているようなミュージシャンとメンタリティが近かったんじゃないかなと思うんです。だから文学者というよりも、ロックスターにかなり近かったんじゃないかと。

日本を代表する作詞家にも受け継がれた太宰治のDNA

冒頭に桜桃忌の話をしましたが、「桜桃忌」という曲を歌ったのが、福岡出身の永井龍雲さん。そして、僕が決定版かなと思っている曲は「僕たちの失敗」で知られる森田童子さんの「まぶしい夏」という曲。もともと森田さんは太宰のイメージをよく背負った方なんですが、この歌には「太宰の好きな君は睡眠薬飲んだ」という歌詞があります。

この森田童子さん、昨年の暮れに出たなかにし礼さんの遺作集によりますと、なかにし礼さんの姪だったということなんですね。そういう噂は生前からありましたけども、この本ではっきりしました。なかにしさんもまた放埒な人生を送ってきた方ですし、太宰と同じようにフランス文学を志しました。日本を代表する作詞家にも、太宰DNAが受け継がれている。まさに文学、音楽を越境して、今も日本のカルチャーに深い影響を与えています。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

フワちゃん、『THE W』1回戦落ち後に事務局に電話を掛けた過去「あたしプライド高いんだって」

11月21日(月)深夜、フワちゃんがパーソナリティを務めるラジオ番組「フワちゃんのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週月曜27時~)が放送。フワちゃんが『女芸人No.1決定戦 THE W』に出場していた頃の話を、元同居人のピン芸人・YouTuberの岡田康太が明かした。

フワちゃん

今回はゲストに、フワちゃんの親友であるお笑いトリオ・トンツカタンの森本晋太郎と岡田を迎え、フワちゃんが岡田の家に居候していた2017年頃の話を展開。ピン芸人として活動していたフワちゃんが『THE W』に出場したときのことについて、岡田が語った。

そのときのフワちゃんは、意気込んで出場したものの1回戦で敗退。その後、ある理由で事務局へ電話を掛けたという。

岡田:フワちゃんが居候してるとき、まだネタをやってたんですよ。

フワちゃん:そうだね、ピンネタやってたんだよ。

森本:『THE W』とか出てたとき?

フワちゃん:1回戦落ちの『THE W』だ(笑)

岡田:あったあった(笑) なんか、1回戦落ちの『THE W』のとき、事務局に電話してなかったっけ?

フワちゃん:あれ、何でだっけ? 何かあったよね?

岡田:『THE W』で、(スタッフからカメラを向けられ)「今から予選ですけど意気込みどうぞ」みたいな感じで言われて。元気な感じで、「絶対優勝しまーす!」みたいな明るい感じで言って、落ちたから、そのVTRが恥ずかしすぎて、電話掛けて、「あのVTR、ちょっと消してもらっていいですか?」って(笑)

フワちゃん:(笑)

森本:誰も観てねーよ(笑)

岡田:「あのVTR、恥ずかしくて……」って。

森本:いいじゃん、それで落ちた方が面白いでしょ、芸人的には。

フワちゃん:よく覚えてるね……(笑)

森本:何、隠滅しようとしてんの?

フワちゃん:いや、だから、あたしプライド高いんだって。

森本:(笑)

岡田:めっちゃプライド高かったな(笑)

岡田康太を抱える?トンツカタン・森本晋太郎とフワちゃん

1回戦で敗退したことによって事前に撮ったVTRが恥ずかしくなり、隠滅しようとしたというフワちゃん。プライドの高さは今も昔も変わっていないとのことで、「笑われるのはいや、笑わせたい」と自身のこだわりを語っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ