「世界が別れ」エリザベス女王の国葬を報じる新聞見出しに“違和感”

英女王国葬を伝える9月20日の朝刊一面

9月20日の新聞朝刊各紙1面には、イギリス・エリザベス女王の国葬に関する記事が並んだ。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した神戸金史・RKB解説委員は、各紙の見出しと書き出しの一文を比較。「世界が別れ」「世界が追悼」という見出しに「古さを感じた」と評した。その一方で、「淡々とし意味付けもしっかりしている」と軍配を上げた全国紙の見出しもあった。

読売・産経は「世界が別れ」

朝刊を見ると、台風14号とイギリス女王の国葬で埋め尽くされている感じです。「見出しが面白い」と思ったので、ご紹介しようと思います。

「英国女王 世界が別れ」と書いているのは読売新聞。

バイデン米大統領やフランスのマクロン大統領ら約200か国・地域から500人規模の外国の元首、王族らが参列し、英史上最長の約70年7か月にわたり君主を務めた女王との別れを惜しんだ。

という書き出しです。続いて、産経新聞「英女王 世界が別れ」。読売新聞と全く同じ見出しです。記事の場合は、はじめの1段落が一番大事で、そこだけで完結するように書くようにします。それを「前文」や「リード」と言います。産経新聞は

英史上最長の約70年にわたり在位し、英国民だけでなく世界の人々から敬愛された女王と最後の別れを惜しんだ

と、何だか盛り上げるような文章がありました。

「国葬」なので、その国の民がどう送るかという話なのに、「世界が別れ」を告げたほど偉大な人だったんだと、持ち上げていくトーン。「世界が別れ」と読売新聞と産経新聞が足並みを揃えたのには、その新聞らしい論調が出ていると感じました。

台風をトップにしなかった西日本新聞

「ほかはどうなっているかな?」と見たら、西日本新聞は「英女王国葬 世界が追悼」とあります。これは共同通信電ですが、

献身的に尽くした『英国民の母』に世界が最後の別れを告げた。

なんか、「みんな古いなー」という感じの文章。「久しぶりに見たな、こういう新聞」と思いました。

西日本新聞が1面トップに持ってきているのは不思議でした。西日本新聞は九州ブロック紙なので、台風14号をトップにするべきだったのではないでしょうか。新聞紙面を作る時、編集の責任者が毎日誰かいます。議論をしながら、最終的には誰かが決めるんですが、西日本新聞は「女王の国葬を1面に」という考えを持っている人たちがけさの朝刊を作ったのでしょう。

全国紙が1面トップから外した理由

毎日新聞は「英国の母 最後の別れ 女王国葬に2000人参列」。「世界が別れ」という言葉は使わず、「英国の母」としているのが毎日新聞の特徴です。

国葬の様子は世界各国で生中継され、視聴者数は41億人に達する。

と報じており、世界を意識した書き方になっているなあ、と思いました。

朝日新聞は淡々と事実を書いていくトーンで、「エリザベス女王 国葬 天皇陛下ら参列 英全土で2分黙禱」という見出しです。

朝日、毎日、そして日経は、1面トップではありません。1面トップは台風14号。全国紙は、西部本社版(九州・山口向けに出している紙面)だから、台風を1面トップにする選択肢は当然あるんですね。ところが、産経新聞と読売新聞はドーンと「世界が別れ」。はっきりしているなという感じです。

淡々かつ意味づけのある日経新聞にしっくり

日経新聞は、

天皇、皇后両陛下や各国の元首らが参列し、国内外で愛された君主に敬意を示した。第2次世界大戦後の歴史とともに歩んだ女王の時代が終わり、新国王チャールズ3世の治世が本格的に始まる。

という前文で、見出しは「英女王国葬2000人参列 両陛下ら最後の別れ」

僕が見ていて一番すっきりとし、腑に落ちたのは、日経新聞です。事実を言いながらも、第2次世界大戦後の歴史とともに歩んだ女王の時代が終わった、という意味づけをきちんとしているところ。僕としては一番いいなと思いました。

あまり気分よくなかった中学校での黙とう体験

ところで、僕が初めてした黙とうは、1980年6月のことでした。大平正芳首相(当時)が在職中に亡くなって、葬儀がありました。僕は中学2年生で、たまたま図書室にいたら、校内放送で先生が「今から黙とうを始めます」と言ったんです。

女性の先輩と2人で立ち上がって、黙とうしたんです。ところが「1分間」とか言われなかった。3分ぐらいしていたら、先輩が「もう止めていいよね?」って言ったんです。そのことが忘れられなくて。先輩が言ってくれなかったら、一体いつまでしていたんだろう? と思います。

あの時は「内閣・自民党合同葬」だったそうですが、今度の安倍元総理の国葬ではどうなるのでしょう。こういった「学校への強制」などはしないという話にはなっていますが。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

神戸金史(かんべかねぶみ) 1967年生まれ。毎日新聞に入社直後、雲仙噴火災害に遭遇。福岡、東京の社会部で勤務した後、2005年にRKBに転職。東京報道部時代に「やまゆり園」障害者殺傷事件を取材してラジオドキュメンタリー『SCRATCH 差別と平成』やテレビ『イントレランスの時代』を制作した。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、武田伊央、神戸金史
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ