加藤浩次「平安時代と変わんないよ、悩みなんて」山口一郎「日本人はSNSに向いてない」

人の心理は平安時代も今も同じ ©STVラジオ

ともに北海道・小樽市出身の加藤浩次とサカナクションの山口一郎が、素のままにお友達トークを繰り広げるSTVラジオ『加藤さんと山口くん』。加藤の友人が経営する東京のジンギスカン店で語り合う2人。今回は、ネットやSNSで大きく変わったコミュにケーションの方法、特に若い人たちの行動の変化が話題に。それぞれに持論を語り合います。

山口:日本人ってメールとかSNSに向いて無いんじゃないかなと思って。伝えるときも、受け取るときも、曖昧な「間」だったり、感情を日本語的に表現するとなると「詩」になっちゃうんですよ。

加藤:短歌とか俳句っていう考え方だよね?

山口:そうそう。余白がある状態で伝えないと、本来伝えたいものが伝わらない。音楽の歌詞の伝え方として、いかに抽象的であり具体的であるかっていう、あいまいな、その間のものを創ることが音楽要素に重要なんじゃ無いかなと思うんです。

加藤:俺がいま(読んでる)「東京リベンジャーズ」って、それが全部、入ってるんだよ、ヤンキー漫画に。信じたり、義理だったり。そこが面白いなぁって思っちゃう。

山口:確かに。

加藤:すんげえアナログ求めてるじゃんって思っちゃう。結局、変わんねえんだなあって。(中略)。ちょっと話変えるんだけど、アベマTVの番組で、インフルエンサーでバズってる子たちの悩みを加藤浩次が解決する~みたいなのがあって、質問とか現場に行ってその場で見ると…、平安時代から変わらない悩みを言ってるよ!って。

山口:源氏物語と?

加藤:一緒!。恋愛の悩みなんて。変わんないんだよ、人間なんて所詮。ツールが変わるだけで。っていう感覚が今はすごく強い。で、刺さるものなんて決まってるんだよって。正直であったり、自分の身を削って出したものであったり、かっこ悪いこともさらけ出したりとか、そんなもんしか無いでしょ、って。山口くんは、それをやってると思うけどね。サカナクションの音楽も聴かせてもらってるよ、(山口やメンバーと)知り合いになって、家でサブスクで聴いたりするわけさ。

山口:マジっすか。嬉しい、嬉しい。いいでしょう?僕の曲。

加藤:いい、いいよ。良いって言ってるよ、いつも。

山口・加藤:(なごやかな笑い)

最初は山口が「日本語には本来、文字が無かった」という歴史の話から始まり、次第にコミュにケーションの方法や人間の深層心理の話など、深みにはまっていったジンギスカン・トーク。最後は、オリンピックを話題にしながら若い人の愛国心的な考えにも話が進みます。

作詞もする山口の言葉へのこだわり、老若男女さまざまな人たちを仕事をする芸人・タレントの加藤。2人の心理学トークはけっこう、深いです!。

STVラジオ『加藤さんと山口くん』(毎週日曜 ひる12:00~12:30)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

加藤さんと山口くん
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 12時00分~12時30分
出演者:加藤浩次(極楽とんぼ)、山口一郎(サカナクション)
番組ホームページ
公式Instagram

「極楽とんぼ」の加藤浩次 と ロックバンド「サカナクション」の山口一郎。ともに北海道・小樽市出身の2人が「とってもラジオっぽくない」ネタで本心のトークを展開する日曜・ひるの"ゆる~い"ラジオ番組。全く違うジャンルで活躍する2人が、ラジオだから出来る芸能界や音楽業界のウラ話や、北海道愛、そして小樽愛に満ちあふれたローカルネタも満載。テレビや他の番組では決して聴けない、素顔の加藤と山口に出会えます。

※該当回の聴取期間は終了しました。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ